質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.49%

vagrant packageしたところ、コピー元、コピー先のboxで共にipの設定が失敗してしまった

受付中

回答 0

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 482

score 136

環境

Host operating system macos Catalina(10.15.4)
Guest OS 'bento/centos-6.8' version '2.3.4'
Vagrant 2.2.9
Virtualbox
Guest Additions Version: 5.1.18
VirtualBox Version: 6.1

行った操作

https://ruby-trunk-changes.hatenablog.com/entry/20140121/vagrant_box_with_centos64
このサイトを参考に、package化を行ってみました。
まず/Users/ユーザ名/MyVagrant/mycentosでvagrant up -> vagrant ssh
sudo rmdir /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules
sudo rm /etc/udev/rules.d/70-persistent-cd.rules(おそらく余計な操作)
sudo rm /etc/sysconfig/network-scrips/ifcfg-eth1

/Users/ユーザ名/MyVagrant/mycentos で vagrant package をし、/Users/ユーザ名/MyVagrant/mycentos4 で vagrant box add  b /Users/ユーザ名/MyVagrant/MyCentOS/package.boxとし、vagrant init b としてから同フォルダでvagrantfileにてconfig.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.15"とし、vagrant upした。
また、(注1)virtual boxのguiにて/Users/ユーザ名/MyVagrant/mycentosに対応するboxを右クリック->
閉じる->電源オフ としてから、/Users/ユーザ名/MyVagrant/mycentosにて vagrant up
(vagrant fileには元々config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10"と記載していた)

期待していた動作

cyberduckにて、sftpで、192.168.33.10及び192.168.33.15に、ポート22で、ユーザ名vagrant、パスワードvagrantで接続できる。

エラーメッセージ、実際の動作

cyberduckにて、 
接続が失敗しました
Operation timed out. 接続試行は拒否されました。サーバーがダウンしているか、ネットワーク設定が正しくない可能性があります。.
/Users/ユーザ名/MyVagrant/mycentosのboxにssh接続して, ip aとすると、

1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN 
link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
inet 127.0.0.1/8 scope host lo
inet6 ::1/128 scope host 
valid_lft forever preferred_lft forever
2: eth0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP qlen 1000
link/ether 08:00:27:40:17:62 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
inet 10.0.2.15/24 brd 10.0.2.255 scope global eth0
inet6 fe80::a00:27ff:fe40:1762/64 scope link 
valid_lft forever preferred_lft forever
3: eth1: <BROADCAST,MULTICAST> mtu 1500 qdisc noop state DOWN qlen 1000
link/ether 08:00:27:e4:b0:d1 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff

/Users/ユーザ名/MyVagrant/mycentos4のbox方では、

1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN 
link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
inet 127.0.0.1/8 scope host lo
inet6 ::1/128 scope host 
valid_lft forever preferred_lft forever
2: eth0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP qlen 1000
link/ether 08:00:27:40:17:62 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
inet 10.0.2.15/24 brd 10.0.2.255 scope global eth0
inet6 fe80::a00:27ff:fe40:1762/64 scope link 
valid_lft forever preferred_lft forever
3: eth1: <BROADCAST,MULTICAST> mtu 1500 qdisc noop state DOWN qlen 1000
link/ether 08:00:27:d3:cb:a9 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff

試してみたこと

sudo rm /etc/udev/rules.d/70-persistent-cd.rules(おそらく余計な操作)とする前に、同ファイルの中身を保存していたので、sudo vim /etc/udev/rules.d/70-persistent-cd.rules で、中身を貼り付け、(注1)もう一度guiから電源オフ→vagrant upしましたが、結果は二つのboxで、どちらも変わりませんでした。

(注1)思い当たること

vagrant reload の代わりに、virtualboxのguiから電源オフ→vagrant up としたのには理由があり、今回package化したboxは、vagrant up時、vagrant halt時、vagrant reload 時にそれぞれエラーが出るものでした。
この問題が直接の原因になっているようでしたら、情報を追加、または改めて質問をさせていただきたいと思います。
https://github.com/hashicorp/vagrant/issues/6860
これに近いエラーの出力です

(追記) 具体的に、(注1)について説明させていただきます。

vagrant upとすると、

The following SSH command responded with a non-zero exit status.
Vagrant assumes that this means the command failed!
yum install -y centos-release
Stdout from the command:
Stderr from the command:

vagrant halt あるいはvagrant reloadすると、

The following SSH command responded with a non-zero exit status.
Vagrant assumes that this means the command failed!
shutdown -h now
Stdout from the command:
Stderr from the command:

と表示されます。

また、vagrant up --debugのログを以下のurlに貼っておきます。
https://d.kuku.lu/dd04d27bb9

ちなみに、vagrant ssh で接続して、which sudo とすると、
/opt/rh/devtoolset-7/root/usr/bin/sudo となっています。
どうぞよろしくお願いいたします。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

まだ回答がついていません

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.49%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る