質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.51%

  • Ruby

    9429questions

    Rubyはプログラミング言語のひとつで、オープンソース、オブジェクト指向のプログラミング開発に対応しています。

  • Ruby on Rails 4

    2544questions

    Ruby on Rails4はRubyによって書かれたオープンソースのウェブフレームワークです。 Ruby on Railsは「設定より規約」の原則に従っており、効率的に作業を行うために再開発を行う必要をなくしてくれます。

twitterログインでエラーが出ます。

受付中

回答 0

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 389

Tomoaki_Fukuda

score 57

前提・実現したいこと

Ruby on Ralisにて、Twitterログイン機能を作成しております。 

発生している問題・エラーメッセージ

Twitterログインのボタンを押すと下記のメッセージが出るのですが、どのように対処するべきでしょうか?

Config>routes.rb

Rails.application.routes.draw do

  #devise_for :users ,controllers: { omniauth_callbacks: 'users/omniauth_callbacks' }
  #resources :photos
  root to: 'welcome#index'
  get '/auth/:provider/callback' => 'sessions#create'
  # get 'welcome/index'

  # get 'welcome/index'
  # The priority is based upon order of creation: first created -> highest priority.
  # See how all your routes lay out with "rake routes".

  # You can have the root of your site routed with "root"
  # root 'welcome#index'

  # Example of regular route:
  #   get 'products/:id' => 'catalog#view'

  # Example of named route that can be invoked with purchase_url(id: product.id)
  #   get 'products/:id/purchase' => 'catalog#purchase', as: :purchase

  # Example resource route (maps HTTP verbs to controller actions automatically):
  #   resources :products

  # Example resource route with options:
  #   resources :products do
  #     member do
  #       get 'short'
  #       post 'toggle'
  #     end
  #
  #     collection do
  #       get 'sold'
  #     end
  #   end

  # Example resource route with sub-resources:
  #   resources :products do
  #     resources :comments, :sales
  #     resource :seller
  #   end

  # Example resource route with more complex sub-resources:
  #   resources :products do
  #     resources :comments
  #     resources :sales do
  #       get 'recent', on: :collection
  #     end
  #   end

  # Example resource route with concerns:
  #   concern :toggleable do
  #     post 'toggle'
  #   end
  #   resources :posts, concerns: :toggleable
  #   resources :photos, concerns: :toggleable

  # Example resource route within a namespace:
  #   namespace :admin do
  #     # Directs /admin/products/* to Admin::ProductsController
  #     # (app/controllers/admin/products_controller.rb)
  #     resources :products
  #   end
end

app>users>sessions_controller.rb

class SessionsController < ApplicationController
  def create
   user = User.find_or_create_from_auth_hash(request.env['omniauth.auth'])
   session[:user_id] = user.id
   redirect_to root_path, notice: 'ログインしました'
  end
end

models>user.rb

class User < ActiveRecord::Base
  # Include default devise modules. Others available are:
  # :confirmable, :lockable, :timeoutable and :omniauthable
  devise :database_authenticatable, :registerable,
         :recoverable, :rememberable, :trackable, :validatable, :omniauthable

 def self.find_or_create_from_auth_hash(auth_hash)
     provider = auth_hash[:provider]
     uid = auth_hash[:uid]
     nickname = auth_hash[:info][:nickname]
     image_url = auth_hash[:info][:image]

     User.find_or_create_by(provider: provider, uid: uid) do |user|
         user.nickname = nickname
         user.image_url = image_url
      end
     end
 end






  #def self.find_or_create_from_oauth(auth)
    # User.find_or_create_by(provider: auth.provider, uid: auth.uid) do |user|
     # user.user_name   = auth.info.nickname
     # user.avatar_url = auth.info.image
     # user.email      = User.dummy_email(auth)
     # user.password   = Devise.friendly_token[0, 20]
    # end
  # end

  # private

  #def self.dummy_email(auth)
   # "#{auth.uid}-#{auth.provider}@example.com"
  #end

db>migrate>20160125104011_devise_create_users.rb

class DeviseCreateUsers < ActiveRecord::Migration
  def change
    create_table(:users) do |t|
      ## Database authenticatable
      t.string :email,              null: false, default: ""
      t.string :encrypted_password, null: false, default: ""

      ## Recoverable
      t.string   :reset_password_token
      t.datetime :reset_password_sent_at

      ## Rememberable
      t.datetime :remember_created_at

      ## Trackable
      t.integer  :sign_in_count, default: 0, null: false
      t.datetime :current_sign_in_at
      t.datetime :last_sign_in_at
      t.string   :current_sign_in_ip
      t.string   :last_sign_in_ip

      ## Confirmable
      # t.string   :confirmation_token
      # t.datetime :confirmed_at
      # t.datetime :confirmation_sent_at
      # t.string   :unconfirmed_email # Only if using reconfirmable

      ## Lockable
      # t.integer  :failed_attempts, default: 0, null: false # Only if lock strategy is :failed_attempts
      # t.string   :unlock_token # Only if unlock strategy is :email or :both
      # t.datetime :locked_at


      t.timestamps null: false
    end

    add_index :users, :email,                unique: true
    add_index :users, :reset_password_token, unique: true
    # add_index :users, :confirmation_token,   unique: true
    # add_index :users, :unlock_token,         unique: true
  end
end

エラーメッセージ

https://gyazo.com/dab4a8be573ad255867885176dc4716e

23:30 エラーメッセージ変更

色々試していたら、エラーメッセージが変わって来ましたので、ご連絡致します。

どうぞお願い致します。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

まだ回答がついていません

同じタグがついた質問を見る

  • Ruby

    9429questions

    Rubyはプログラミング言語のひとつで、オープンソース、オブジェクト指向のプログラミング開発に対応しています。

  • Ruby on Rails 4

    2544questions

    Ruby on Rails4はRubyによって書かれたオープンソースのウェブフレームワークです。 Ruby on Railsは「設定より規約」の原則に従っており、効率的に作業を行うために再開発を行う必要をなくしてくれます。