質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.34%

データについて、変数宣言するのと関数でラップして取得する違い

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 506

tmcafe

score 17

以下のプロジェクト内のある記述を例に質問させて頂きます。

https://github.com/eko/graphql-go-structure/blob/master/mutations/user.go

// graphql-go-structure/mutations/user.go


func GetCreateUserMutation() *graphql.Field {
    return &graphql.Field{
        Type: types.UserType,
        Args: graphql.FieldConfigArgument{
            "firstname": &graphql.ArgumentConfig{
                Type: graphql.NewNonNull(graphql.String),
            },
            "lastname": &graphql.ArgumentConfig{
                Type: graphql.NewNonNull(graphql.String),
            },
        },
        Resolve: func(params graphql.ResolveParams) (interface{}, error) {
            log.Printf("[mutation] create user\n")

            user := &types.User{
                Firstname: params.Args["firstname"].(string),
                Lastname:  params.Args["lastname"].(string),
            }

            return user, nil
        },
    }
}

上記はGo言語でGraphQL APIを構築する際の記述ですが、Field定義を関数でラップして取得しています。

こちらについて疑問に思いまして、普通に変数としてFieldとして定義するのと何か違いが出るのでしょうか?
例えば、以下の様な書き方です。

var CreateUserMutation = &graphql.Field{
    Type: types.UserType,
    Args: graphql.FieldConfigArgument{
        "firstname": &graphql.ArgumentConfig{
            Type: graphql.NewNonNull(graphql.String),
        },
        "lastname": &graphql.ArgumentConfig{
            Type: graphql.NewNonNull(graphql.String),
        },
    },
    Resolve: func(params graphql.ResolveParams) (interface{}, error) {
        log.Printf("[mutation] create user\n")

        user := &types.User{
            Firstname: params.Args["firstname"].(string),
            Lastname:  params.Args["lastname"].(string),
        }

        return user, nil
    },
}

こちらの実装の違いによる他の記述の影響は以下になります。

// graphql-go-structure/mutations/mutations.go

func GetRootFields() graphql.Fields {
    return graphql.Fields{
        "createUser": GetCreateUserMutation(),
    }
}

// ------------------------------

func GetRootFields() graphql.Fields {
    return graphql.Fields{
        "createUser": CreateUserMutation,
    }
}

//ちなみに、このファイルの記述も以下のように書いてもいいかとも思ってます。
var RootFields = graphql.Fields{
    "createUser": CreateUserMutation,
}

自分の方で考えつく理由は以下です。

  1. 変数のスコープを限定したいから(ただ今回の場合、特にそのような用途は無いと思ってます)
  2. 当該フィールドを複数のコンテクストで利用したいから(ただ今回の場合、利用箇所はAPIサーバー起動時の1回のみしか無い)
  3. メモリ関連?(package内で変数宣言してしまうと、アプリケーション起動時にその分のメモリが確保されてしまうとか?ただアプリ起動時に結局Fieldオブジェクトを取得しているから同じな気がする...)
  4. ただの書き方の好み

お詳しい方がいらっしゃいましたら、ぜひご教示頂けますと幸いです。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

0

CreateUserMutation として GetCreateUserMutation() と同じ実装をすれば、値としては同じです。

単に GetCreateUserMutation() は *graphql.Field 型の値を生成するファクトリ関数だと思います。

クライアントとして *graphql.Field の値を利用して何かするときに、GetCreateUserMutation() を用いれば、その初期化方法の詳細を知らなくても良くなります。(実装の詳細を知っているので、今回の場合はうれしさがあまりないかもしれません)

または複数の箇所で *graphql.Field の値を使う場合に GetCreateUserMutation() を用いれば同じ初期化の実装が散らからない、という点もメリットとして挙げられるかと思います。(これも今回の場合は1箇所からしか利用がなさそうなので、うれしさがないかもしれません)

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2020/03/15 15:31

    返信が遅くなりすみません!
    確かに今回のケースだとメリットがあまり感じられないだけで、頂いた内容はとても理解できました。

    ありがとうございます!

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.34%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る