質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.49%

Laravel Undefined variable:posts エラーの改善方法

解決済

回答 2

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 3,115

score 11

前提・実現したいこと

前提
Laravel6.0で画像投稿機能付きの簡単なWebアプリを制作しています。
写真投稿機能を2つ(アカウントのプロファイール画像用、タイムラインの画像用)作成しています。

実現したいこと

複数のページ(プロフィール画像投稿用ページ、タイムライン画像投稿用ページ)から投稿した写真を一つのメインページ(該当のソースコード)に表示したいです。

発生している問題・エラーメッセージ

Undefined variable: posts (View: /work/resources/views/stories/index2.blade.php)

該当のソースコード

ここに画像を表示したい。(始めの項目のメインページに該当するページ)

resources/views/stories/index2.blde.php

@extends('layouts.front2')
@section('title','mainpage')

@section('content')
<div class="profile">

    <div class="profileimg">
        @foreach ($posts as $post)
        <img src="/storage/{{ $post->path . $post->name }}" style="height: 210px; width: 210px; border-radius: 50%;">
        @endforeach
    </div>

    <div class="name">
        @guest
        <a class="nav-link2" href="{{ route('register')}}">{{ __('Create Accout!')}}</a>
        @else
        <a id="navbarDropdown" class="nav-link2" href="#" role="button">
            {{Auth::user()->name}}<span class="caret"></span></a>



        <form id="logout-form" action="{{ route('logout') }}" method="POST" style="display: none;">
            @csrf
        </form>
    </div>
    @endguest


    <div class="aboutme">
        You can write your profile here!You can write your profile here!You can write your profile here!
        You can write your profile here!You can write your profile here!You can write your profile here!
        You can write your profile here!You can write your profile here!You can write your profile here!
        You can write your profile here!You can write your profile here!You can write your profile here!
        You can write your profile here!You can write your profile here!You can write your profile here!
    </div>

</div>

<div class="new">

    <div class="newtitle">
        <h1>New</h1>
    </div>

    <div class="container1">

        @foreach ($images as $image)
        <img src="/storage/{{ $image->path . $image->name }}" class="images" style="height: 150px; width: 150px; border-radius: 50%;">
        @endforeach
        <div class="more">
            more...
        </div>
    </div>

</div>

<div class="stories">

    <div class="titlestories">
        <h1>Stories</h1>
    </div>

    <div class="container2">

        <div class="titleclose">
            <h2>#CloseFriends</h2>
        </div>

        @foreach ($images as $image)
        <img src="/storage/{{ $image->path . $image->name }}" class="images" style="height: 150px; width: 150px; border-radius: 50%;">
        @endforeach

        <div class="titlefollow">
            <h2>#Follows</h2>
        </div>

        @foreach ($images as $image)
        <img src="/storage/{{ $image->path . $image->name }}" class="posts" style="height: 150px; width: 150px; border-radius: 50%;">
        @endforeach




    </div>
</div>

{{ csrf_field() }}
@endsection


上から6行目の

@foreach($posts as $post)
~(略)
@endforeach


の部分に問題があると指摘されました。

試したこと

下から7行目の

@foreach($images as $image)
~(略)
@endforeach


部分は理想通り実装されているので、$images(タイムラインの画像)のControllerと投稿用ページのbladeエンジンを問題のある$postsのControllerとbladeエンジンを見比べました。

補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

画像を投稿するファーム

resources/views/profile/create2.blade.php

@extends('layouts.front2')
@section('title','createprofile')

@section('content')


<link rel="stylesheet" href="{{ asset('css/main21.css') }}">

<div class="title1">
    <h1>Create Account</h1>
</div>

<div class="user-details">

    <div class="form1">
        <label class="h1">FirstName</label>
        <div class="t1">
            <input type="text" class="form" name="firstname" value="{{ old('title') }}">
        </div>
    </div>

    <div class="form1">
        <label class="h1">FamilyName</label>
        <div class="t2">
            <input type="text" class="form" name="familyname" value="{{ old('title') }}">
        </div>
    </div>

    <div class="form1">
        <label class="h1">UserName</label>
        <div class="t3">
            <input type="text" class="form" name="username" value="{{ old('title') }}">
        </div>
    </div>

    <div class="form1">
        <label class="h1">E-Mail Address</label>
        <div class="t4">
            <input type="text" class="form" name="e-mail" value="{{ old('title') }}">
        </div>
    </div>

@if ($errors->any())
<ul>
    @foreach($errors->all() as $error)
    <li>{{ $error }}</li>
    @endforeach
</ul>
@endif
<form action="{{ url('/') }}" method="POST" enctype="multipart/form-data">
    <input type="file" class="here" name="posts[]">
    <input type="submit" value="post">



    <div class="create">
        <div class="btn createbtn">
            <h2>Create!</h2>
        </div>
    </div>

</div>

    @endsection

routes/web.php

<?php

/*
|--------------------------------------------------------------------------
| Web Routes
|--------------------------------------------------------------------------
|
| Here is where you can register web routes for your application. These
| routes are loaded by the RouteServiceProvider within a group which
| contains the "web" middleware group. Now create something great!
|
*/

Route::get('login');

Route::group(['middleweare' => 'auth'], function () {
    Route::get('/', 'StoriesController@index');
    Route::post('/stories/create', 'StoriesController@store');
    Route::get('/stories/create', 'StoriesController@add');
    Route::post('/stories/create', 'StoriesController@upload');
});

Route::group(['middleweare' => 'auth'], function () {
    Route::get('/profile/edit', 'ProfileController@edit');
    Route::post('/profile/create', 'ProfileController@add');
    Route::get('/profile/create', 'ProfileController@add');
    Route::post('/profile/create', 'ProfileController@store');
    Route::post('/profile/create', 'ProfileController@upload');
});

Route::get('/home', 'HomeController@index')->name('home');

Auth::routes();

app/Http/Controllers/ProfileController.php

<?php

namespace App\Http\Controllers;

use Illuminate\Http\Request;
use App\Http\Controllers\Controller;

use App\stories;
use App\History;
use App\Post;
use Carbon\Carbon;
use Storage;

class ProfileController extends Controller
{
    public function index(Request $request) 
    {
      $posts = Post::all();

      return view('stories.index2', compact('posts'));
    }

    public function upload(Request $request)
      {
        $this->validate($request, [
          'file' => [
            // 必須
            'required',
            // アップロードされたファイルであること
            'file',
            // 画像ファイルであること
            'image',
            // MIMEタイプを指定
            'mimes:jpeg,png',
          ]
        ]);

        if ($request->file('file')->isValid([])) {
          $path = $request->file->store('public');
          return view('stories.create2')->with('filename', basename($path));
        } else {
          return redirect()
            ->back()
            ->withInput();
          // withErrors();
        }
    }

    public function store(Request $request)
    {

      $d = new \DateTime();
      $d->setTimeZone(new \DateTimeZone('Asia/Tokyo'));
      $dir = $d->format('Y/m');
      $path = sprintf('public/posts/%s', $dir);

      // postデータ取得
      $data = $request->except('_token');

      foreach ($data['posts'] as $k => $v) {

        $filename = '';

        //ID降順の1行だけ取得
        $posts = Post::take(1)->orderBy('id', 'desc')->get();

        foreach ($posts as $post) {
          //ファイル名
          $filename = $post->id + 1 . '_' . $v->getClientOriginalName();
        }
        unset($post);

        //データベースが空の場合ファイル名が設定されない
        if ($filename == false) {
          $filename = 1 . '_' . $v->getClientOriginalName();
        }

        //画像の保存
        $v->storeAs($path, $filename);

        $post_data = [
          'path' => sprintf('posts/%s/', $dir),
          'name' => $filename
        ];
        $a = new Post();
        $a->fill($post_data)->save();
      }

      unset($k, $v);

      return redirect('/');
    }

    public function create(Request $request)
      {
        $this->validate($request, Profile::$rules);

        $profile = new Profile;
        $form = $request->all();


        unset($form['_token']);

        $profile->fill($form);
        $profile->save();

        return redirect('/');
      }

    public function add()
      {
        return view('profile.create2');
      }

    public function edit()
      {
        return view('profile.edit');
      }






}

まだプログラミング初学者で説明不足や言葉足らずな箇所があるかもしれませんが、力を貸していただけたら幸いです。
不足事項などございましたら即座に対応させていただきます。

よろしくお願いします。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • m.ts10806

    2020/02/26 19:04

    index()以外でpostsはviewに渡されていないようですが

    キャンセル

  • 退会済みユーザー

    退会済みユーザー

    2020/02/26 19:25

    コードがそれぞれどのファイルなのか書いてないから読み解くのが面倒です

    キャンセル

  • neomana-39

    2020/02/26 20:15

    @m.ts10806
    もう一度確認してみます

    キャンセル

  • neomana-39

    2020/02/26 20:21

    @Kosuke_Shibuya
    大変失礼いたしました。
    修正いたしました。

    キャンセル

回答 2

checkベストアンサー

+1

Routeに書いているコントローラーがStoriesControllerです。

今編集されているのが、別のコントローラーなので、StoriesControllerのindexメソッドに変数postsがないのだと思います。

ちなみにcompact関数は使えるので問題ないと思います。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2020/02/27 14:09

    指摘していただいた通り、StoriesControllerに変数postsを記述することにより解決致しました。ありがとうございました。

    キャンセル

-1

return view('stories.index2', compact('posts'));

の部分

return view('stories.index2', ['posts' => $posts]);

こうでは

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2020/02/26 19:28

    どちらも同じ意味です

    キャンセル

  • 2020/02/26 19:35

    おお勉強になります

    php.net/manual/ja/function.compact.php
    > 各引数について、compact() は現在のシンボルテーブルにおいてその名前を有する変数を探し、 変数名がキー、変数の値がそのキーに関する値となるように追加します。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.49%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る