質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
87.20%
Java

Javaは、1995年にサン・マイクロシステムズが開発したプログラミング言語です。表記法はC言語に似ていますが、既存のプログラミング言語の短所を踏まえていちから設計されており、最初からオブジェクト指向性を備えてデザインされています。セキュリティ面が強力であることや、ネットワーク環境での利用に向いていることが特徴です。Javaで作られたソフトウェアは基本的にいかなるプラットフォームでも作動します。

Python 3.x

Python 3はPythonプログラミング言語の最新バージョンであり、2008年12月3日にリリースされました。

Android Studio

Android Studioは、 Google社によって開発された、 Androidのネイティブアプリケーション開発に特化した統合開発ツールです。

Python

Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。

解決済

TensorFlowとAndroid Studioで画像分類を利用したスマートフォンアプリが作りたい

baruterute
baruterute

総合スコア0

Java

Javaは、1995年にサン・マイクロシステムズが開発したプログラミング言語です。表記法はC言語に似ていますが、既存のプログラミング言語の短所を踏まえていちから設計されており、最初からオブジェクト指向性を備えてデザインされています。セキュリティ面が強力であることや、ネットワーク環境での利用に向いていることが特徴です。Javaで作られたソフトウェアは基本的にいかなるプラットフォームでも作動します。

Python 3.x

Python 3はPythonプログラミング言語の最新バージョンであり、2008年12月3日にリリースされました。

Android Studio

Android Studioは、 Google社によって開発された、 Androidのネイティブアプリケーション開発に特化した統合開発ツールです。

Python

Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。

2回答

0評価

0クリップ

785閲覧

投稿2020/02/01 14:01

編集2022/01/12 10:58

現在

リンク内容

こちらのサイトを参考にさせていただきながらTensorFlowを用いてAIに画像分類の機械学習を行い、それをAndroid StudioでAndroidアプリにしようと挑戦しています。

tensorflowのtransfer learningのtutorialを使用という部分のURL
リンク内容
上記を開き、Playgroundで開くを押してから上から順に実行していこうと思っているのですが

二つ目の

from google.colab import drive drive.mount('/content/drive')

という部分を

from google.colab import drive drive.mount('/content/drive') PATH = '/content/drive/'+'google drive上の自分のデータセットのある場所までのパス'

このように置き換えるという風にあるのですがgoogle drive上の自分のデータセットのある場所までのパスというのがMy Driveのhttps://から始まるURLでいいのかがわかりません

一応それで進めて見たのですが、その下の

base_dir = '/content/drive保存したフォルダのパス'

というのも私の場合Google Driveに学習用とテスト用の画像フォルダを保存したimagesというフォルダがあるので

base_dir = '/content/drive/images' ```だと思い入力して実行したのですが そこから二つ下の ```ここに言語を入力 image_size = 224 # All images will be resized to 160x160 batch_size = 64 # Rescale all images by 1./255 and apply image augmentation train_datagen = tf.keras.preprocessing.image.ImageDataGenerator(rescale=1./255,rotation_range=20,horizontal_flip=True) validation_datagen = tf.keras.preprocessing.image.ImageDataGenerator(rescale=1./255, validation_split=0.9) # Flow training images in batches of 20 using train_datagen generator train_generator = train_datagen.flow_from_directory( train_dir, # Source directory for the training images target_size=(image_size, image_size), batch_size=batch_size, # Since we use binary_crossentropy loss, we need binary labels #class_mode='binary' subset='training' ) # Flow validation images in batches of 20 using test_datagen generator validation_generator = validation_datagen.flow_from_directory( validation_dir, # Source directory for the validation images target_size=(image_size, image_size), batch_size=batch_size, #class_mode='binary' subset='validation' ) print(train_generator.image_shape)

という部分を実行したところ下記のエラーが出てしまいました。

--------------------------------------------------------------------------- FileNotFoundError Traceback (most recent call last) <ipython-input-8-31fe6a302292> in <module>() 14 # Since we use binary_crossentropy loss, we need binary labels 15 #class_mode='binary' ---> 16 subset='training' 17 ) 18 1 frames /usr/local/lib/python3.6/dist-packages/keras_preprocessing/image/image_data_generator.py in flow_from_directory(self, directory, target_size, color_mode, classes, class_mode, batch_size, shuffle, seed, save_to_dir, save_prefix, save_format, follow_links, subset, interpolation) 538 follow_links=follow_links, 539 subset=subset, --> 540 interpolation=interpolation 541 ) 542 /usr/local/lib/python3.6/dist-packages/keras_preprocessing/image/directory_iterator.py in __init__(self, directory, image_data_generator, target_size, color_mode, classes, class_mode, batch_size, shuffle, seed, data_format, save_to_dir, save_prefix, save_format, follow_links, subset, interpolation, dtype) 104 if not classes: 105 classes = [] --> 106 for subdir in sorted(os.listdir(directory)): 107 if os.path.isdir(os.path.join(directory, subdir)): 108 classes.append(subdir) FileNotFoundError: [Errno 2] No such file or directory: '/content/drive/my-drive/images/train'

一番上部の参考サイト様のコメントでもorchestraという方が全く同じ状況になられてました。

google driveのデータセットがある場所までのパスのやり方がそもそも間違っているのか保存したパスの指定が間違っているのか、別の場所が間違っているのかがわからず手詰まり状態です。

わかる方がおられましたらお力添えいただけると幸いです。

良い質問の評価を上げる

以下のような質問は評価を上げましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

  • プログラミングに関係のない質問
  • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
  • 問題・課題が含まれていない質問
  • 意図的に内容が抹消された質問
  • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
  • 広告と受け取られるような投稿

評価を下げると、トップページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

mistn
mistn

2020/02/01 14:45

全く同じエラーだったとしてもエラーの出るコードとエラー内容は質問に書いておいてほしいです。
baruterute
baruterute

2020/02/02 00:53

失礼いたしました、自分の中で可能な限りわかりやすく現状のエラーを記述し直しました。 お力添えいただけると幸いです。
meg_
meg_

2020/02/02 03:04

google driveにはマウントされてますよね?
baruterute
baruterute

2020/02/02 03:21

「from google.colab import drive drive.mount('/content/drive') PATH = '/content/drive/'+'google drive上の自分のデータセットのある場所までのパス'」 を実行したところマウントは取れてるというふうな結果が返ってきているのですが google drive上の自分のデータセットのある場所までのパスと言うのが上に書かせていただいたマイドライブのhttps://から始まるURLであっているのかがわからない状態です。
baruterute
baruterute

2020/02/02 05:28

文章の書き方の間違いを訂正させていただきました、申し訳ありません。

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
87.20%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

Java

Javaは、1995年にサン・マイクロシステムズが開発したプログラミング言語です。表記法はC言語に似ていますが、既存のプログラミング言語の短所を踏まえていちから設計されており、最初からオブジェクト指向性を備えてデザインされています。セキュリティ面が強力であることや、ネットワーク環境での利用に向いていることが特徴です。Javaで作られたソフトウェアは基本的にいかなるプラットフォームでも作動します。

Python 3.x

Python 3はPythonプログラミング言語の最新バージョンであり、2008年12月3日にリリースされました。

Android Studio

Android Studioは、 Google社によって開発された、 Androidのネイティブアプリケーション開発に特化した統合開発ツールです。

Python

Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。