質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.93%

Leaflet.jsを使って、ポップアップにクラス名を付けたい

受付中

回答 0

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 164

yows

score 11

質問

Leaflet.jsを使ってweb上に地図を表示することはでき、json形式を用いて、複数のポイントをマークアップすることができたのですが、ここのポップアップに対して、用意した配列からクラス名を付けるところで、詰まってしまいました。
ご存知の方がおられましたら、教えてください。

'use strict'

{
    var map = L.map('map').setView([38.4316, 141.3094], 12);

    var geojsonFeature = [];
    var test_popupContents = ['sampleA', 'sampleB', 'sampleC', 'sampleD'];
    var lat = [38.4316, 38.4306, 38.4299, 38.4327];
    var lon = [141.3094, 141.3076, 141.3070, 141.3087];

    var customClassName = ['.btn_SampleA', '.btn_SampleB', '.btn_SampleC', '.btn_SampleD'];

    var tileLayer = L.tileLayer('https://{s}.tile.openstreetmap.org/{z}/{x}/{y}.png',{
        attribution: '© <a href="http://osm.org/copyright">OpenStreetMap</a> contributors, <a href="http://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.0/">CC-BY-SA</a>',
        maxZoom: 21
        });
tileLayer.addTo(map);

for (var i = 0; i < test_popupContents.length; i++) {
    geojsonFeature.push({
        "type": "Feature",
        "properties": {
        "popupContent": test_popupContents[i],
        "className": customClassName[i]
    },
    "geometry": {
      "type": "Point",
      "coordinates": [lon[i], lat[i]] 
  },
    });

}
    L.geoJson(geojsonFeature,
        {
            onEachFeature: function(feature, layer){
                if(feature.properties && feature.properties.popupContent){
                    layer.bindPopup(feature.properties.popupContent);
                }     
            }
        }).addTo(map)

}

試したこと

L.DomUtil.addClassName(customClassName);


上記の式を参考にいろいろ試してみたのですね。クラス名が付けられずにおりました。

どこの要素についているのかも見つけられずにいました。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

まだ回答がついていません

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.93%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る