質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.77%

Slack blockを動的生成

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 827

score 5

前提・実現したいこと

GAS + slack +block kit builderを用いてbotの作成

発生している問題・エラーメッセージ

block kit builderで作成したselectboxを動的に生成したいがやり方がわからない。

var blockKit = [
        {
            "type": "section",
            "text": {
                "type": "mrkdwn",
                "text": ":mag: Search results for *Cata*"
            }
        },

        {
            "type": "divider"
        },

        {
            "type": "section",
            "text": {
                "type": "mrkdwn",
                "text": "*<fakeLink.toYourApp.com|Use Case Catalogue>*\nUse Case Catalogue for the following departments/roles..."
            },
            "accessory": {
                "type": "static_select",
                "placeholder": {
                    "type": "plain_text",
                    "emoji": true,
                    "text": "Manage"
                },
                "options": [
                    {
                        "text": {
                            "type": "plain_text",
                            "emoji": true,
                            "text": "値0",
                        },
                        "value": "value-0"
                    },
                    {
                        "text": {
                            "type": "plain_text",
                            "emoji": true,
                            "text": "値1",
                        },
                        "value": "value-1"
                    },
                    {
                        "text": {
                            "type": "plain_text",
                            "emoji": true,
                            "text": "値2"
                        },
                        "value": "value-2"
                    }

=================================================================================================動的に作成
                        "text": {
                            "type": "plain_text",
                            "emoji": true,
                            "text": "値N"
                        },
                        "value": "value-N"
                    }


                ]
            }
        },

試したこと

該当箇所を変数にて生成しようとしたが、うまく行かなかった。

date ="{"
    +"\"text\""+": {"
      +"\"type\": \"plain_text\","
        +"\"emoji\": "+ true + ","
          +"\"text\": "+ 値N 
    +"},"
      +"\"value\": \"value-0\" "+"}"
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

+1

SlackのAPI?に渡すJSON文字列のもとになるオブジェクト(今回のケースではblockKit)の中身を動的に生成したいということでしょうか。
もしそうであれば、文字列操作するのではなくオブジェクトを変更すればいいです。

たとえばoptionsを動的に生成するならこんな感じです。

var blockKit = [
    {
        type: "section",
        text: {
            type: "mrkdwn",
            text: ":mag: Search results for *Cata*"
        }
    },
    {
        type: "divider"
    },
    {
        type: "section",
        text: {
            type: "mrkdwn",
            text:
                "*<fakeLink.toYourApp.com|Use Case Catalogue>*\nUse Case Catalogue for the following departments/roles..."
        },
        accessory: {
            type: "static_select",
            placeholder: {
                type: "plain_text",
                emoji: true,
                text: "Manage"
            },
            options: [] //空の配列として定義
        }
    }
];

var section = blockKit.filter(function(obj) {
    return obj.type === "section";
})[0];
for (var i = 0; i < 5; i++) {
    var option = {
        text: {
            type: "plain_text",
            emoji: true,
            text: "値" + i
        },
        value: "value-" + i
    };
    section.accessory.push(option);
}

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2020/01/21 17:29 編集

    返信のほどありがとうござます。
    "option_groups"を使うことで、100以上選択することができました。
    もう1つお聞きしたいです。
    "type": "static_select"で選んだものを"type": "button"押下時にgas側に送信したいのですが、それぞれでリクエストを投げているようで値がうまく取得できません。
    なにか解決策はありますでしょうか?

    実現したいことの具体例
    人名,勤務形態を"type": "static_select"で選択。
    "type": "button"押下でGAS側に送信

    キャンセル

  • 2020/01/23 01:48

    Slack APIはほとんど知らないのでちょっとわからないです。(コメントしたのはググってドキュメント読んだだけです。)
    解決済みにした質問のコメントで追加質問しても新たな回答は得られないと思います。またその際はタグにJavaScriptも追加した方がいいです。(GASだけだと見てる人が少ないと思うので)

    キャンセル

  • 2020/03/13 18:50

    承知いたしました。
    ご回答ありがとうございます。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.77%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る