質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
87.20%
Python 3.x

Python 3はPythonプログラミング言語の最新バージョンであり、2008年12月3日にリリースされました。

Tkinter

Tkinterは、GUIツールキットである“Tk”をPythonから利用できるようにした標準ライブラリである。

Python

Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。

解決済

GUIカレンダーでクリックされた年月日を取得したい

3109
3109

総合スコア0

Python 3.x

Python 3はPythonプログラミング言語の最新バージョンであり、2008年12月3日にリリースされました。

Tkinter

Tkinterは、GUIツールキットである“Tk”をPythonから利用できるようにした標準ライブラリである。

Python

Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。

3回答

0評価

1クリップ

330閲覧

投稿2020/01/12 02:35

編集2022/01/12 10:58

概要

下記サイトのPythonのtkinterで作成されたカレンダーを利用したいのですが、
クリックされた年月日の取得で躓いています。

python tkinter カレンダーの月めくり処理を実装する(カレンダー編③)
http://memopy.hatenadiary.jp/entry/2017/06/18/100406

memopy様、アップしていただきありがとうございます。
引用させていただきます。

実現したいこと

カレンダーの日付ボタンをクリックすると
クリックされたボタンのテキストを取得し、
トップに表示中の西暦と月を連結して
'20200112'のような年月日データを取り出したいと思っています。

(ゆくゆくはこのクリックイベントで
選択された日の詳細データを取得する処理をバインドする予定です。)

やってみたこと

クリックされたボタンのテキストを取得する関数を書き、
ボタンを作成するクラスとバインドさせることには成功したのですが、
トップに表示中の西暦と月の両テキストを取得するためには
どうしたらよいのかがわかりません。
イメージ説明
以下、私が新たに記述した関数です。

Python

#左クリックされたカレンダーの年月日を取得する関数(作成中) def callback(event): selected_date = '' if event.widget['text'] not in ['Mon','Tue','Wed','Thu','Fri','Sat','Sun']: selected_date += '2020'#ここに表示中の年を代入したい selected_date += '1'#ここに表示中の月を代入したい selected_date += str(event.widget['text']) print(selected_date)

スクリプト全文

以下、上記サイトから引用し手を加えたスクリプト全文です。

python

# -*- coding:utf-8 -*- import tkinter as tk # カレンダーを作成するフレームクラス class mycalendar(tk.Frame): def __init__(self,master=None,cnf={},**kw): "初期化メソッド" import datetime tk.Frame.__init__(self,master,cnf,**kw) # 現在の日付を取得 now = datetime.datetime.now() # 現在の年と月を属性に追加 self.year = now.year self.month = now.month # frame_top部分の作成 frame_top = tk.Frame(self) frame_top.pack(pady=5) self.previous_month = tk.Label(frame_top, text = "<", font = ("",14)) self.previous_month.bind("<1>",self.change_month) self.previous_month.pack(side = "left", padx = 10) self.current_year = tk.Label(frame_top, text = self.year, font = ("",18)) self.current_year.pack(side = "left") self.current_month = tk.Label(frame_top, text = self.month, font = ("",18)) self.current_month.pack(side = "left") self.next_month = tk.Label(frame_top, text = ">", font = ("",14)) self.next_month.bind("<1>",self.change_month) self.next_month.pack(side = "left", padx = 10) # frame_week部分の作成 frame_week = tk.Frame(self) frame_week.pack() button_mon = d_button(frame_week, text = "Mon") button_mon.grid(column=0,row=0) button_tue = d_button(frame_week, text = "Tue") button_tue.grid(column=1,row=0) button_wed = d_button(frame_week, text = "Wed") button_wed.grid(column=2,row=0) button_thu = d_button(frame_week, text = "Thu") button_thu.grid(column=3,row=0) button_fri = d_button(frame_week, text = "Fri") button_fri.grid(column=4,row=0) button_sta = d_button(frame_week, text = "Sat", fg = "blue") button_sta.grid(column=5,row=0) button_san = d_button(frame_week, text = "Sun", fg = "red")#'San'→'Sun'と修正した button_san.grid(column=6,row=0) # frame_calendar部分の作成 self.frame_calendar = tk.Frame(self) self.frame_calendar.pack() # 日付部分を作成するメソッドの呼び出し self.create_calendar(self.year,self.month) def create_calendar(self,year,month): "指定した年(year),月(month)のカレンダーウィジェットを作成する" # ボタンがある場合には削除する(初期化) try: for key,item in self.day.items(): item.destroy() except: pass # calendarモジュールのインスタンスを作成 import calendar cal = calendar.Calendar() # 指定した年月のカレンダーをリストで返す days = cal.monthdayscalendar(year,month) # 日付ボタンを格納する変数をdict型で作成 self.day = {} # for文を用いて、日付ボタンを生成 for i in range(0,42): c = i - (7 * int(i/7)) r = int(i/7) try: # 日付が0でなかったら、ボタン作成 if days[r][c] != 0: self.day[i] = d_button(self.frame_calendar,text = days[r][c]) self.day[i].grid(column=c,row=r) except: """ 月によっては、i=41まで日付がないため、日付がないiのエラー回避が必要 """ break def change_month(self,event): # 押されたラベルを判定し、月の計算 if event.widget["text"] == "<": self.month -= 1 else: self.month += 1 # 月が0、13になったときの処理 if self.month == 0: self.year -= 1 self.month = 12 elif self.month == 13: self.year +=1 self.month =1 # frame_topにある年と月のラベルを変更する self.current_year["text"] = self.year self.current_month["text"] = self.month # 日付部分を作成するメソッドの呼び出し self.create_calendar(self.year,self.month) # デフォルトのボタンクラス class d_button(tk.Button): def __init__(self,master=None,cnf={},**kw): tk.Button.__init__(self,master,cnf,**kw) self.configure(font=("",14),height=2, width=4, relief="flat") self.bind('<Button-1>', callback)#オリジナルに追加した #左クリックされたカレンダーの年月日を取得する関数(作成中) def callback(event): selected_date = '' if event.widget['text'] not in ['Mon','Tue','Wed','Thu','Fri','Sat','Sun']: selected_date += '2020'#ここに表示中の年を代入したい selected_date += '1'#ここに表示中の月を代入したい selected_date += str(event.widget['text']) print(selected_date) # ルートフレームの定義 root = tk.Tk() root.title("Calendar App") mycal = mycalendar(root) mycal.pack() root.mainloop()

お願い

**current_year["text"]current_month["text"]**が
目的のデータを格納していると思うのですが、
私はクラスに関して初心者のためどう扱ったらよいのかわかりません。

さらに私が新規で書いた関数についても記述する場所はここでよいのか、
それともどちらかのクラスのメソッドとした方がよいのか、よく理解できていません。
その点もアドバイスをいただけると幸いです。

お知恵をお貸しください。よろしくお願いします。

良い質問の評価を上げる

以下のような質問は評価を上げましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

  • プログラミングに関係のない質問
  • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
  • 問題・課題が含まれていない質問
  • 意図的に内容が抹消された質問
  • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
  • 広告と受け取られるような投稿

評価を下げると、トップページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
87.20%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

Python 3.x

Python 3はPythonプログラミング言語の最新バージョンであり、2008年12月3日にリリースされました。

Tkinter

Tkinterは、GUIツールキットである“Tk”をPythonから利用できるようにした標準ライブラリである。

Python

Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。