質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.64%

Nuxt.jsでlocalStorageの値をasyncDataで使う方法

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 719

Khy

score 74

Nuxt.jsとRails APIでログイン機能を実装しております。

ログインの流れは以下の通りで考えております。

  1. axiosでemailとpasswordをRails APIに渡す
  2. gemのknockを使ってトークンを発行
  3. トークンをローカルストレージに保存
  4. Authorization Headerにトークンを埋め込みAPIからデータ取得

この流れの中で3までは実現できているのですが、4でauthorization headerにトークンを入れてRails APIに渡せなくて困っております。

以下にログインページ(login.vue)と認証が必要なページ(mypage.vue)のソースコードを載せておりますが、認証が必要なページのasyncDataでlocalStorageの値を使う方法が分かりません。

3でトークン自体はローカルストレージに入っているので、asyncData内でlocalStorageの値が使えれば解決すると思うのですが、asyncDataからlocalStorageの値を取得する方法はありますでしょうか?

// ログインページ(login.vue)

<template>
    <v-form>
      <v-text-field label="Eメール" v-model="email" />
      <v-text-field label="パスワード" v-model="password" />
      <v-btn @click="login">ログイン</v-btn>
    </v-form>
</template>
<script>
import jwtDecode from 'jwt-decode'
const localStorage = window.localStorage

export default {
  middleware: 'authenticated',
  data() {
    return {
      email: '',
      password: ''
    }
  },
  methods: {
    login() {
      const data = {
        auth: {
          email: this.email,
          password: this.password
        }
      }
      this.$axios
        .$post('/api/v1/user_token', data)
        .then((res) => {
          const jwtData = jwtDecode(res.jwt)

          localStorage.setItem('idToken', res.jwt)
          localStorage.setItem(
            'expiresAt',
            jwtData.exp * 1000 + new Date().getTime()
          )

          this.$router.push('/mypage')
        })
        .catch((error) => {
          console.log(error)
        })
    }
  }
}
</script>
// 認証が必要なページ(mypage.vue)
<script>
export default {
  middleware: 'authenticated', // トークンの有効期限がきれていないかmiddlewareでチェック

  // APIからユーザー一覧のデータを取得してStoreに保存
  async fetch({ store, app }) {
    const users = await app.$axios.$get('/api/v1/users', {
      headers: { Authorization: `Bearer ${idToken}` },  // ★ここの実現方法が分かりません。
      data: {}
    })
    store.commit('setUser', users.data)
  }
}
</script>
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

check解決した方法

-1

根本的に実装方法を変えて解決いたしました。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.64%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る