質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.49%

Swiftで画面遷移ができずシミュレータが落ちてしまう

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,438

score 12

Buttonを押したら画面遷移せずに落ちてしまい下記のようなエラーが出てしまいます。

Terminating app due to uncaught exception 'NSUnknownKeyException', reason: '[<MyApp9_0.TestViewController 0x7fca49552910> setValue:forUndefinedKey:]: this class is not key value coding-compliant for the key sampleText.'
中略
terminating with uncaught exception of type NSException

エラーの内容を調べてもsegueやOutletの接続の問題と書いてありますが、何回確認してもやり直しても接続できています。
下記の接続方法で試しましたが、やはり落ちてしまいます。他に見るべき点があるのでしょうか?
初歩的な問題で申し訳ございませんが、ご指摘いただければ幸いです。
ちなみにButtonを押す画面の前の画面では問題なく画面遷移できます。

①Buttonから画面遷移先へドラッグ&ドロップ
②画面遷移前のViewControllerでButtonのOutlet及びActionを設定。また、Action内に
self.performSegue(withIdentifier: "画面遷移先のIdentifier", sender: nil)
を入力及びsegueのIdentifierを設定

//  TestViewController.swift

import UIKit
import Firebase

class TestViewController: UIViewController,UITextFieldDelegate {

    @IBOutlet weak var sampleLabel: UILabel!

    @IBOutlet weak var inputTextField: UITextField!

    @IBOutlet weak var sendButton: UIButton!

    var testArray = [Sample]()

    let screenSize = UIScreen.main.bounds.size


        override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()

            inputTextField.delegate = self

            NotificationCenter.default.addObserver(self, selector: #selector(TestViewController.keyboardWillShow(_ :)), name: UIResponder.keyboardWillShowNotification, object: nil)

            NotificationCenter.default.addObserver(self, selector: #selector(TestViewController.keyboardWillHide(_ :)), name: UIResponder.keyboardWillHideNotification, object: nil)

    }

    //キーボードを開く
    @objc func keyboardWillShow(_ notification:NSNotification){

      let keyboardHeight = ((notification.userInfo![UIResponder.keyboardFrameEndUserInfoKey] as Any) as AnyObject).cgRectValue.height

      inputTextField.frame.origin.y = screenSize.height - keyboardHeight - inputTextField.frame.height


    }

    //キーボードを閉じる
    @objc func keyboardWillHide(_ notification:NSNotification){

      inputTextField.frame.origin.y = screenSize.height - inputTextField.frame.height

      guard let rect = (notification.userInfo?[UIResponder.keyboardFrameBeginUserInfoKey] as? NSValue)?.cgRectValue,
        let duration = notification.userInfo?[UIResponder.keyboardAnimationDurationUserInfoKey] as? TimeInterval else{return}
      UIView.animate(withDuration: duration) {


        let transform = CGAffineTransform(translationX: 0, y: 0)

        self.view.transform = transform

      }
    }

    //TextFieldを押した時
    override func touchesBegan(_ touches: Set<UITouch>, with event: UIEvent?) {

      inputTextField.resignFirstResponder()

    }

    //TextFieldでEnterを押した時
    func textFieldShouldReturn(_ textField: UITextField) -> Bool {

      textField.resignFirstResponder()
      return true

    }



    //sendを押した時にfirebaseへ保存
    @IBAction func sendAction(_ sender: Any) {

        inputTextField.endEditing(true)
        inputTextField.isEnabled = false
        sendButton.isEnabled = false

        let testDB = Database.database().reference().child("tests")

        let inputInfo = ["sender":Auth.auth().currentUser?.email,"sample":sampleLabel.text!,"input":inputTextField.text!]

        testDB.childByAutoId().setValue(inputInfo) { (error, result) in

            if error != nil{
                print(error)
            }else{
                print("送信完了しました!")
                self.inputTextField.isEnabled = true
                self.sendButton.isEnabled = true
                self.inputTextField.text = ""
            }

        }

    }

    //Firebaseから取り出す
    func fetchTestData(){

        let fetchDataRef = Database.database().reference().child("tests")

        fetchDataRef.observe(.childAdded) { (snapShot) in
            let snapShotData = snapShot.value as AnyObject
            let input = snapShotData.value(forKey: "input")
            let sample = snapShotData.value(forKey: "sample")
            let sender = snapShotData.value(forKey: "sender")

            let samples = Sample()
            samples.input = input as! String
            samples.sample = sample as! String
            samples.sender = sender as! String
            self.testArray.append(samples)
            //リロードが必要
        }

    }

//    inputデータのみを取得したい(未完成)
//    func fetchTestDataInLabel(){
//
//        let fetchDataRef = Database.database().reference().child("tests")
//
//        fetchDataRef.observe(.childChanged) { (snapShot) in
//            let snapShotData = snapShot.value as AnyObject
//            let sample = snapShotData.value(forKey: "sample")
//        }    
//    }

    /*
    // MARK: - Navigation

    // In a storyboard-based application, you will often want to do a little preparation before navigation
    override func prepare(for segue: UIStoryboardSegue, sender: Any?) {
        // Get the new view controller using segue.destination.
        // Pass the selected object to the new view controller.
    }
    */

}
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • TakuyaAso

    2020/01/05 19:01

    可能であればコード見せてください。
    `sampleText`についても教えてください。

    キャンセル

  • tubajuro16

    2020/01/05 19:22

    コードを追記しました。まだ未完成の部分もありますが、ご容赦ください。
    また、sampleTextというのを定義した覚えがありません。どこのコードを見ても見当たりませんでした。

    キャンセル

回答 1

checkベストアンサー

0

エラーの内容を調べてもsegueやOutletの接続の問題と書いてありますが、何回確認してもやり直しても接続できています。

接続できている云々ではなく、前につなげて消しそびれた情報が残っているのではないかと思います。

参考:
swift初心者:「this class is not key value coding-compliant for the key」の対処方法

自分でやったことはないですが、storyboardはxmlファイルなので、テキストファイルとして開いて"sampleText"で検索すれば、ゴミの位置がわかるかもしれません。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.49%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る