質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.61%

Rails かんたんログイン機能について

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 1,795

score 34

かんたんログイン機能をつけようとしています。

トップ画面に以下のリンクをつけ、

<%= link_to("かんたんログイン", "/guest_login") %>


Routes.rbで以下のようにメソッドに送ります。

get "guest_login" => "users#guest_login"


そして以下のメソッドでゲストユーザーとしてログインを試みています。
名前:GuestUser
メール:guest@example.com
パスワード:ランダム

(users_controller.rb)
  def guest_login
    user = User.find_or_create_by(email: 'guest@example.com')
    user.name = "GuestUser"
    user.password = SecureRandom.urlsafe_base64
    session[:user_id] = user.id
    redirect_to("/posts/index")
    flash[:notice] = "ゲストユーザーとしてログインしました"
  end


しかし実際に上記のゲストユーザーがある場合はログインできるのですが、
メールアドレスを変更してしまうとログインができません。

以下のような記事を見るとfind_or_create_byは検索条件に合致するデータが存在した場合はそれを使い、
存在しない場合は新規作成するとあります。
http://maru877.hatenablog.com/entry/2017/07/07/211422
https://qiita.com/taimuzu/items/0a21738d018f475d63ae
上記のコードでは検索しかされず、新規作成をしてくれません。

どこを修正すればかんたんログイン機能になるのか、教えていただけると助かります。
参考までコントローラ全部を貼っておきます。

(user_control.rb)
class UsersController < ApplicationController
  before_action :authenticate_user, {only: [:index, :show, :edit, :update]}
  before_action :forbid_login_user, {only: [:new, :create, :login_form, :login]}
  before_action :ensure_correct_user, {only: [:edit, :update]}

  def index
    @users = User.all
  end

  def show
    @user = User.find_by(id: params[:id])
  end

  def new
    @user = User.new
  end

  def create
    @user = User.new(
      name: params[:name],
      email: params[:email],
      image_name: "default_user.jpg",
      password: params[:password]
    )
    if @user.save
      session[:user_id] = @user.id
      flash[:notice] = "ユーザー登録が完了しました"
      redirect_to("/users/#{@user.id}")
    else
      render("users/new")
    end
  end

  def edit
    @user = User.find_by(id: params[:id])
  end

  def update
    @user = User.find_by(id: params[:id])
    @user.name = params[:name]
    @user.email = params[:email]

    if params[:image]
      @user.image_name = "#{@user.id}.jpg"
      image = params[:image]
      File.binwrite("public/user_images/#{@user.image_name}", image.read)
    end

    if @user.save
      flash[:notice] = "ユーザー情報を編集しました"
      redirect_to("/users/#{@user.id}")
    else
      render("users/edit")
    end
  end

  def login_form
  end

  def login
    @user = User.find_by(email: params[:email])
    if @user && @user.authenticate(params[:password])
      session[:user_id] = @user.id
      flash[:notice] = "ログインしました"
      redirect_to("/posts/index")
    else
      @error_message = "メールアドレスまたはパスワードが間違っています"
      @email = params[:email]
      @password = params[:password]
      render("users/login_form")
    end
  end

  def guest_login
    user = User.find_or_create_by(email: 'guest@example.com')
    user.name = "GuestUser"
    user.password = SecureRandom.urlsafe_base64
    session[:user_id] = user.id
    redirect_to("/posts/index")
    flash[:notice] = "ゲストユーザーとしてログインしました"
  end

  def logout
    session[:user_id] = nil
    flash[:notice] = "ログアウトしました"
    redirect_to("/login")
  end

  def likes
    @user = User.find_by(id: params[:id])
    @likes = Like.where(user_id: @user.id)
  end

  def ensure_correct_user
    if @current_user.id != params[:id].to_i
      flash[:notice] = "権限がありません"
      redirect_to("/posts/index")
    end
  end

end
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

+1

回答

user = User.find_or_create_by(email: 'guest@example.com')
上記のコードを実行すると、
emailがDBに存在すれば、そのユーザーを返す
emailがDBに存在しなければ、[id: nil, name: nil, email: 'guest@example.com',password: nil]が生成されるだけだと思います。userをDBに保存しないと、IDは発行されません。
ですので、user.idはnilでsession[:user_id] = user.idを実行しても、ログイン状態にはなりません。

新規ユーザーもログインさせたいなら、DBに保存して、user.idを発行後に
session[:user_id] = user.idを実行すればよいと思います。

以下、コード。
新規ユーザーの場合はDBに保存の1文を追加しました。
ご確認ください。

(users_controller.rb)
  def guest_login
    user = User.find_or_create_by(email: 'guest@example.com')
    user.name = "GuestUser"
    user.password = SecureRandom.urlsafe_base64
    user.save if !user.id #idがない場合、DBに保存してIDを生成
    session[:user_id] = user.id
    redirect_to("/posts/index")
    flash[:notice] = "ゲストユーザーとしてログインしました"
  end


以上

追記

少し勘違いしていました。訂正させてください。

find_or_create_byはDB保存までされます。
しかし、marokakさんが今回うまくいかなかったのは、nameやpasswordなど設定していないので、validationにひっかかって、DB保存に失敗していたと思います。

user = User.find_or_create_by(name: "GuestUser", email: 'guest@example.com', password: SecureRandom.urlsafe_base64)

のように、validationにひっかからないように、find_or_create_byにand条件で引数を渡せば、保存されるかと思います。ユーザーが既に存在すれば、ユーザーを返します。

以上

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/12/31 09:09

    すると順番としては、
    find_or_create_byでDB保存して、
    nameやpasswordなどを設定して、
    最後にuser.saveで保存するってことですね。
    頭の中がクリアになりした。
    ありがとうございました。

    キャンセル

  • 2019/12/31 09:12

    find_or_create_byに必要な情報を全部渡せば、user.saveは必要ないと思います。find_or_create_byで保存に成功すれば、OKなので...

    キャンセル

  • 2019/12/31 13:24

    了解しました!

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.61%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る