質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.62%

git filter-branch --index-filter 'git rm --cached ... とcachedオプションを付けているのにワーキングツリーからも削除されてしまう理由は?

受付中

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 323

domidomi

score 31

適当なディレクトリを作り以下を走らせて複数のコミットをつくりました。

git init
touch readme.md
echo "hoge" >> readme.md
git add -A
git commit -m "init"

mkdir ignore_wasure
touch ignore_wasure/file1
touch ignore_wasure/file2
git add -A && git commit -m"ignore_wasureを生成"
touch file3
git add -A && git commit -m"コミット"
echo "hogehogehoge" >> ignore_wasure/file2
git add -A && git commit -m"ignore_wasure内を編集"

その後、ignore_wasure/file2だけをインデックスから外すべく以下を実行しました。

git filter-branch --force --index-filter 'git rm --cached -rf --ignore-unmatch ignore_wasure/file2' --prune-empty -- --all


するとindex-filterにて--cachedを指定しているにも関わらず処理完了後にはワーキングツリーからignore_wasure/file2が消滅してしまっていました。

この原因がなぜだかわかる方がいらっしゃったらご教示願いたいです。

(etc 目指していたのは、全てのコミットからignore_wasure/file2のインデックスが外されており、ワーキングツリーにはignore_wasure/file2が残っているという状態でした。)

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

0

こんにちは。
https://teratail.com/questions/228663 にて回答依頼のためここに書き残します。

filter-branch はまともに使ったことがないコマンドなので実際にどのような処理が行われているのかは理解していませんが、--index-filter の場合はインデックスツリー上で改変操作を行った後、最後に改変の結果をワーキングディレクトリに反映しているように見えます。
インデックスツリー上の操作において git rm --cached は単なる rm と区別がつかないため、インデックス上で削除したファイルは最終的にワーキングからも削除される動作になっている気がします。

コマンドは変えずに、 --index-filter を --tree-filter に置き換えるだけで目的の結果が得られるのではないかと思います。

また、どうせ filter-branch をかけるのであれば、同時に .gitignore の内容も編集し、「最初から当該ファイルは ignore されていた」状態にしてしまうのも良いかと思います。

'git restore -s <最終形の.gitignoreを含むコミットのid> -WS .gitignore && git rm --cached -rf --ignore-unmatch ignore_wasure/file2'

試す前にリポジトリのバックアップは忘れずにお願いします。


ところで、filter-branch でリポジトリから特定のファイルを削除するということは、「当該ファイルをバージョン管理の対象外にする」という意味であるため、ファイルを先にリポジトリの「外」にバックアップを取り、処理後に手でポン置きするだけでも意図した形に収まると思うのですが。
Git によるファイル操作は、管理されたファイルに対しては強い信頼性がありますが、管理されないファイルには全く関知しません。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.62%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • トップ
  • GitHubに関する質問
  • git filter-branch --index-filter 'git rm --cached ... とcachedオプションを付けているのにワーキングツリーからも削除されてしまう理由は?