質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.80%

Google Cloud FunctionsAPIのCALLでリクエストボディを付与するとBadRequestと出てしまう

受付中

回答 0

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 301

greentea2019

score 4

Google Cloud Functions でhttpトリガータイプの関数を作成したのですが、コールの際、リクエストボディ(jsonデータ)を渡そうとするとエラーが出てしまい、困っています。

  • 前提
    下記Google CloudのAPIリファレンスサイトの「Try this API」という機能でコールを試しています。
    APIリファレンス

  • 試したこと
    name値にはプロジェクトID、ロケーションID、ファンクションIDをそれぞれ projects/{project_id}/locations/{location_id}/functions/{function_id} のように設定。

まずは、リクエストボディを指定せずに「EXECUTE」すると正常に Hello World! とレスポンスされます(下図参照)
イメージ説明

ですが、リクエストボディ  {"data":"test"}  を指定すると200ステータスでerrorメッセージがレスポンスされます(下図参照)

イメージ説明

error文
error": "\u003c!DOCTYPE html\u003e\n\u003chtml lang=\"en\"\u003e\n\u003chead\u003e\n\u003cmeta charset=\"utf-8\"\u003e\n\u003ctitle\u003eError\u003c/title\u003e\n\u003c/head\u003e\n\u003cbody\u003e\n\u003cpre\u003eBad Request\u003c/pre\u003e\n\u003c/body\u003e\n\u003c/html\u003e\n"

なお、Cloud Functionsのトリガータイプはhttpを設定しているため、
httpトリガータイプのURL(下記)からアクセスした場合は正しくリクエストボディ(jsonデータ)が渡ります。
URL →  https://<ロケーションID><プロジェクトID>.cloudfunctions.net/<ファンクションID>
httpトリガーでのアクセスではリクエストボディ(jsonデータ)が渡りますが、APIのCALLを利用した場合リクエストボディが渡せないという状況です。(認証はOAuth2を利用)

下記、Cloud Functions側の情報です。

  • ソース
    ランタイムがNode.js 8でソースはサンプルのまま変更していません。
/**
 * Responds to any HTTP request.
 *
 * @param {!express:Request} req HTTP request context.
 * @param {!express:Response} res HTTP response context.
 */
exports.helloWorld = (req, res) => {
  let message = req.query.message || req.body.message || 'Hello World!';
  res.status(200).send(message);
};
  • 認証
    「未認証の呼び出しを許可する」のレ点チェックは外しています。
    IAMで Cloud Functions管理者 を役割に設定したサービスアカウントから呼び出す想定のため。

  • ソースコード
    インラインエディタ

補足:最終的には google-api-php-client を使いAPICALLを実装しようと考えていますが、まずはAPIリファレンスの「Try this API」やpostmanにて疎通を確認している状態です。

よろしくお願いいたします。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

まだ回答がついていません

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.80%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る