質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.99%

jwt-authで認証apiを実装したい

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 62

sigisyun

score 6

SPAサイトなので認証機能はlaravelのapi作成機能を利用して実装しようとしています。laravel passportなども良いかもしれませんが、今回はjwt-authを利用しています。

問題
アクセストークンが取得できない。curlコマンドでクレデンシャルを送ってもunauthorizedになります。

環境
"laravel/framework": "^5.5.0",
"tymon/jwt-auth": "^1.0"

参考にさせていただいた記事
https://qiita.com/yh1224/items/3c52dd9df3c4b5be95f2#user-%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB%E3%81%AB-jwtsubject-%E3%82%92%E5%AE%9F%E8%A3%85

laravelで5.5を使っているのは、jwt-authに6.0用の安定版がないようなので。ただ実際には6.0にしてjwt-auth rc-5版も試してみましたが、アクセストークンの取得ができずでした

laravelでjwt-authを使って、認証機能を実装するとき、以下のようなステップを踏めば良いという認識です。コードを添えておきます。

(1)インストール

$ composer require tymon/jwt-auth:1.0


(2)シークレット生成

php artisan jwt:secret


(3)User モデルに JWTSubjectと二つのメソッド を実装

[app/user.php]

<?php

namespace App;

use Tymon\JWTAuth\Contracts\JWTSubject;
use Illuminate\Contracts\Auth\MustVerifyEmail;
use Illuminate\Foundation\Auth\User as Authenticatable;
use Illuminate\Notifications\Notifiable;


class User extends Authenticatable implements JWTSubject
{
    use Notifiable;

    /**
     * The attributes that are mass assignable.
     *
     * @var array
     */
    protected $fillable = [
        'name', 'email', 'password',
    ];

    /**
     * The attributes that should be hidden for arrays.
     *
     * @var array
     */
    protected $hidden = [
        'password', 'remember_token',
    ];

    /**
     * The attributes that should be cast to native types.
     *
     * @var array
     */
    protected $casts = [
        'email_verified_at' => 'datetime',
    ];

    public function getJWTIdentifier()
    {
        return $this->getKey();
    }

    public function getJWTCustomClaims()
    {
        return [];
    }
}

(4)JWTGuard を使うように設定

[config/auth.php]

<?php
//デフォルトのガードをapiに
'defaults' => [
    'guard' => 'api',
    'passwords' => 'users',
],

...
//ドライバーはjwtを利用
'guards' => [
    'api' => [
        'driver' => 'jwt',
        'provider' => 'users',
    ],
],

(5)コントローラ作成(apiController)

<?php

namespace App\Http\Controllers;

use Illuminate\Http\Request;

class ApiController extends Controller
{
    //id,pwで認証してtokenを発行
    function login(){

        $credentials = request(['email', 'password']);

        //もし認証エラーなら
        if(!$token = auth('api')->attempt($credentials)){
            return response()->json(['error' => 'Unauthorized'], 401);
        }

        //OKならtoken発行
        return $this->respondWithToken($token);
    }

    //自分の情報返す
    public function me()
    {
        return response()->json(auth()->user());
    }

    //token発行(内部利用)
    protected function respondWithToken($token)
    {
        return response()->json([
            'access_token' => $token,
            'token_type' => 'bearer',
            'expire_in' => auth('api')->factory()->getTTL(),
        ]);
    }
}

(6)apiルートの作成

[routes/api.php]

<?php

use Illuminate\Http\Request;

Route::middleware('auth:api')->get('/user', function (Request $request) {
    return $request->user();
});

Route::group(['middleware' => 'guest:api'], function(){
    Route::post('/login', 'ApiController@login');
});

Route::group(['middleware' => 'auth:api'], function(){
    Route::get('/me', 'ApiController@me');
    Route::get('/logout', 'AuthController@logout');

});

curlコマンドで送信

curl -X POST -H "Accept: application/json" -F "email=sugi@yahoo.co.jp" -F "password=shun" http://localhost:8000/api/login | jq

何か思い切りずれてそうですか?

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

check解決した方法

0

自己解決できました。

原因データベースの値が認証システムが想定している値と違うことでした。
usersテーブルの値の用意をマニュアル的にシーディングするのはいいのですが、リファレンスが実装しているAuth::attemptが想定する値はハッシュ化されたパスワードでした。

なので、マニュアルでパスワードを挿入するならHash::makeとかしないといけなかったです。jwtの問題ではありませんでした。

1

Based on the comments, you aren't hashing the password of the user that you inserted in the database.

But you have to do it as Auth::attempt checks if the provided password would match the hash stored in the database.

If you still want to register the user manually, you can hook up a tinker interactive shell with php artisan tinker command and then user Hash::make('yourpassword') to generate an hashed password using the setted Laravel's password hashing system (defaults to bcrypt).

Then you just have to copy the output string into your database. The login should finally work as the Auth guard now can check the user input agains a correct database user with a proper hashed password.

https://stackoverflow.com/questions/56757918/laravel-and-jwt-always-return-unauthorized
神!

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.99%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる