質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.98%

AWS CloudFrontでのキャッシュサーバ構築について

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 94

Spade

score 96

AWS CloudFrontで、キャッシュサーバ構築を行っているのですが、うまくできず、、、皆さんのお力添えをいただけますと幸いです。

行ったこと

  • CloudFrontのディストリビューションを作成
  • ディストリビューションが発行したDomain Nameで正常に画面が表示されることを確認済み
  • Domain Nameで正常にアクセスできたので、Route 53のAレコードをAliasに変更し、変更先にCloudFrontを指定

基本的にここを参考に作業しています。
https://qiita.com/Ichiro_Tsuji/items/38592e737257cb45ca13

DNSを変更するため、WordPress側の設定変更は行っていません。

事象

DNSをAliasに変更後、アクセスすると以下のエラー画面が表示される。

403 ERROR
The request could not be satisfied.
Bad request.
Generated by cloudfront (CloudFront)
Request ID: XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

構成など

  • オリジンサーバ
    WordPress
    GMO Cloudに構築
    DNSはAWS Route53に移管済み

  • CloudFront
    2週間ほど前に作成
    CloudFrontが発行したDomain Nameでは正常にアクセス可能

  • Route 53
    現在はwww.sample.co.jpはオリジンサーバのIPアドレスで解決されている。
    →これをA-Aliasに変更し、CloudFrontを指定すると上記のエラーが発生する。

他に必要な情報などありましたらご質問いただけますと幸いです。
よろしくお願いいたします。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

+2

Originに対しては継続的にCloud Frontがアクセスできる必要がありますので、Originに割り当てているDNSレコードを変更したらダメです。
やり方としては、オリジン側を変更する方法と、CloudFront側を変更する方法のいずれか、ということになります。

1.Origin側を変更
現在のWordpressサーバにアクセスする別のFQDNを作成し、それをGMO Cloudのサーバに割り当て、このFQDNで目的のサイトが表示されるようにする。
Cloud FrontのOriginを新しいFQDNで構成する。
www.sample.co.jpをCloud Frontに向ける。

2.Cloud Front側に新しい名前を付ける
新しいFQDNをCloud Front用に用意する。
※cf.sample.co.jpとか。
Distributionをcf.sample.co.jpで構成する。
cf.sample.co.jpをCloudFrontのAliasとして定義する。

上記のいずれかの形にする必要があります。

いきなりwww.sample.co.jpを変更したら、Cloud FrontのOriginがwww.sample.co.jpになっているので、ループするだけです。
参考にされているサイトもDistributionとOriginには異なるアドレスを用いていることが確認できるかと思います。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/12/09 10:58

    ご回答ありがとうございます。また、お返事が遅くなり申し訳ありません。
    おっしゃる通りで、ループが発生し、正常にコンテンツの取得が行ていませんでした。
    オリジン側を変更する形で対応することができました。ありがとうございました。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.98%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる