質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.34%

TypeScript で JSON 形式で受け取ったデータに、メソッドを追加したい

受付中

回答 0

投稿

  • 評価
  • クリップ 2
  • VIEW 231

tanishi_a

score 466

TypeScript で JSON で受け取ったデータに、メソッドを追加したい

質問内容

例えばサーバから JSON 形式のデータを受け取って、
受け取った側では、getter を追加して以下のように呼び出したいのですが、
思いつく方法としては下の方に書いた2つありますが、どちらもすっきりしません。

「TypeScript ではこうするのが普通」 といった方法があれば、教えていただけないでしょうか?
(「方法1が普通だよ」といった回答でも、参考になります)

※ Swift の extension にあたるものがあればスッキリしそうな気もしますが、
それに相当する TypeScript の書き方が見つかりませんでした

// 受け取ったJSON
const json: any = {
  firstName: 'John',
  lastName: 'Doe',
};

// このように  使いたい (これは疑似コード)
const p: Person = json;
assert.equal(p.fullName, 'John Doe'); // この書き方では undefined となる

方法1: interface で受け取る static メソッドを用意

この方法だと、引数に毎回渡さないといけないのが煩雑な気がして。
メンバ同士で参照する場合とか特に。

interface IPerson {
  firstName: string;
  lastName: string;
}
class Person {
  public static getFullName(p: IPerson) {
    return `${p.firstName} ${p.lastName}`;
  }
}

// 呼び出し
const p = json as IPerson;
assert.equal(Person.getFullName(p), 'John Doe');

方法2: コンストラクタで受け取って、getter を追加

この方法だと毎回コピーが発生してメンバが増えたときや行数が増えたときに遅いのでは?という心配が(試してませんが)。
それに、interface と class で、同じような定義を2度書かないといけないのが面倒で。

interface IPerson {
  firstName: string;
  lastName: string;
}
class Person {
  private mFirstName: string = '';
  private mLastName: string = '';
  constructor(json: IPerson) {
    this.mFirstName = json.firstName;
    this.mLastName = json.lastName;
  }
  public get firstName(): string { return this.mFirstName; }
  public get lastName(): string { return this.mLastName; }
  public get fullName(): string {
    return `${this.firstName} ${this.lastName}`;
  }
}

// 呼び出し
const p = new Person(json as IPerson);
assert.equal(p.fullName, 'John Doe');

方法3: JSON

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

まだ回答がついていません

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.34%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る