質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.34%

エクセルから対象を検索して値を設定

受付中

回答 2

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 543

score 4

①テキストファイルを読み込み
②テキストファイルの項目を分割(日付,商品コード,商品名,数量,単位)

※テキストファイル中身(商品コード順不同)
20190831,00001,商品-A,100,100
20190831,00003,商品-C,20,300
20190831,00002,商品-B,15,200
20190831,00006,商品-E,30,600
20190831,00010,商品-I,1,1000
20190831,00001,商品-A,1,100
20190831,00020,商品-X,10,2000

③②で分割した項目の各列を取得&配列に格納

④③を別のプロシージャに渡す

⑤②で分割した項目の商品コードを、エクセルファイルで検索

※エクセルファイル
商品コード 商品名 数量 単価 合計
00001  商品-A 0 \100 \0
00002  商品-B 0 \200 \0
00003  商品-C 0 \300 \0
00004  商品-D 0 \400 \0
00005  商品-E 0 \500 \0
00006  商品-E 0 \600 \0
00007  商品-F 0 \700 \0
00008  商品-G 0 \800 \0
00009  商品-H 0 \900 \0
00010  商品-I 0 \1,000 \0

⑥商品コードが一致した場合は、対象行の数量に値を設定

⑦商品コードが一致しない場合は、エクセルの最終行に各項目の値を設定(商品コード,商品名,数量,単価)

■問題点
⑥で対象の商品コードで検索して一致した際に思っている動きになりません。
例えば、商品コード「00001」で検索した際は、数量の「100」が
C2に入ってくれるのですが、
商品コード「0000X」(00001以外)で検索した際は数量の値が対象のCXセルではなくC2に値が入ってしまいます。

Function 売上ファイル処理(ByVal p売上ファイル As String, ByVal p新規シート As Worksheet) As Boolean

    Dim 売上ファイル As String
    Dim 新規シート As Worksheet
    Dim レコード As String
    Dim 商品コード As String
    Dim 商品名 As String
    Dim 数量 As Long
    Dim 単価 As Long

    '①テキストファイルを読み込み
    Open p売上ファイル For Input As #1

    Dim aryRec As Variant

    Do Until EOF(1)
        Line Input #1, レコード
        MsgBox レコード

  '②テキストファイルの項目を分割(日付,商品コード,商品名,数量,単位)
 '③②で分割した項目の各列を取得&配列に格納
        aryRec = Split(レコード, ",")

        MsgBox "日付:" & aryRec(0)

        MsgBox "商品コード:" & aryRec(1)
        商品コード = aryRec(1)

        MsgBox "商品名:" & aryRec(2)
        商品名 = aryRec(2)

        MsgBox "数量:" & aryRec(3)
        数量 = aryRec(3)

        MsgBox "単位:" & aryRec(4)
        単価 = aryRec(4)

 '④③を別のプロシージャに渡す
        Call 売上設定処理(p新規シート, 商品コード, 商品名, 数量, 単価)

    Loop
    Close #1


Function 売上設定処理(ByRef p新規シート As Worksheet, ByVal p商品コード As String, ByVal p商品名 As
String, ByVal p数量 As Long, ByVal p単価 As Long)


    Dim i As Integer
    Dim myRange As Range
    Dim myObj As Variant

    i = 1
    Set myRange = p新規シート.Range("A" & i)

    If myRange Is Nothing Then
        MsgBox "みつかりませんでした。"
 '⑦未実施
    Else
        Set myObj = myRange.Find(p商品コード)
 '⑥商品コードが一致した場合は、対象行の数量に値を設定
 i = i + 1
        p新規シート.Range("C" & i) = p数量


    End If

End Function
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 2

0

    i = 1
    Set myRange = p新規シート.Range("A" & i)

↑とりあえずA1セルが入る

   If myRange Is Nothing Then
       MsgBox "みつかりませんでした。"

↑必ずA1セルが入るからNothingにはならない。

'⑦未実施
   Else
       Set myObj = myRange.Find(p商品コード)
'⑥商品コードが一致した場合は、対象行の数量に値を設定
i = i + 1
       p新規シート.Range("C" & i) = p数量

↑検索結果に関わらず、変数「i」には1+1の結果が入る

ように見えます。

な~んか難しく考えすぎなような気がします。。。

1)テキストファイルをエクセルで開く
2)当初から開いているブック(マクロのあるブックの)、
各シートのA1の値のあるデータを新しく開いたファイルから抽出して、
各シートに記入する

ということをしたらいいと思いますが。。。

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

0

こんな感じの処理になるのではと思いますがどうでしょうか。

Function 売上設定処理(ByRef p新規シート As Worksheet, ByVal p商品コード As String, ByVal p商品名 As String, ByVal p数量 As Long, ByVal p単価 As Long)

    Dim myObj As Variant

    Set myObj = p新規シート.Range("A:A").Find(p商品コード)
    If Not myObj Is Nothing Then
        p新規シート.Range("C" & myObj.Row) = p数量
    End If

End Function

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/09/19 16:53

    回答ありがとうございます。

    回答いただいたものを参考にしてElseの場合の⑦の処理を下記の記述で最終行に追加することができました。

    また、聞き方が悪かったので申し訳ありませんが、
    『⑥商品コードが一致した場合は、対象行の数量に値を設定』は元々入っている数字の0に足していく処理が正しかったです。

    例えば商品コード00001が複数いた場合は、最後に検索した商品コードの数量を入れるのではなく、どんどん数量を足していくようなイメージです。



    ```VBA(抜粋)
    Set myObj2 = p新規シート.Range("A1").End(xlDown)
    Set myObj3 = p新規シート.Range("B1").End(xlDown)
    Set myObj4 = p新規シート.Range("C1").End(xlDown)
    Set myObj5 = p新規シート.Range("D1").End(xlDown)

    Else
    p新規シート.Range("A" & myObj2.Row + 1) = p商品コード
    p新規シート.Range("B" & myObj3.Row + 1) = p商品名
    p新規シート.Range("C" & myObj4.Row + 1) = p数量
    p新規シート.Range("D" & myObj5.Row + 1) = p単価

    ```

    キャンセル

  • 2019/09/19 17:00

    足しこんでいくのであればこんな感じでしょう。
    p新規シート.Range("C" & myObj.Row) = p新規シート.Range("C" & myObj.Row) + p数量

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.34%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る