質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.49%

Nuxt.jsでrequire, urlが適用されるようにしたいです。

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 325

toshihirokato

score 14

前提・実現したいこと

Nuxt.jsでFirebaseで作成したデータベースにアクセスしたいです。

発生している問題・エラーメッセージ

error  'require' is not defined                  no-undef
error  'url' is assigned a value but never used  no-unused-vars

該当のソースコード

<template>
  <section class="container">
    <h1>{{title}}</h1>
    <p>{{message}}</p>
    <ul v-for="(data, index) in json_data" :key="index">
      <li>{{data.name}} ({{data.age}}) [{{key}}]</li>
    </ul>
  </section>
</template>

<script>
  const axios = require('axios');

  let url = "https://sample.firebaseio.com/person.json";

  export default {
    data: function () {
      return {
        title: 'Axios',
        message: 'axios. sample.',
      };
    },
   asyncData: async function () {
     let result = await axios.get('url');
     return { json_data: result.data };
   },
  }
</script>

試したこと

requireが適用されていないので、browserifyをインストールして使おうとしたのですが、そもそも使えているのか不安です。。

補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

$ vue -V
-> 3.11.0

$ ncu
-> nuxt  ^2.0.0  →  ^2.9.2

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

+1

require はブラウザの機能ではなく Node.js の機能です。
そのため、HTML部分に書くことはできません。 

.vue のような JS ファイルに書く 
-> 手元の Node.js 環境で webpack (browserify) でコンパイル (require等が解決され、1つのJSファイルになる
-> HTMLからは生成されたJSを読み込む ( できた JS からは require は消えている

のような流れなので、です。

また、 Nuxt を利用しているのであればデフォルトで webpack が利用されると思うので、browserify は不要かと思われます。

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/09/04 12:59

    早速のご回答ありがとうございます!
    とてもわかりやすくて助かりました😭

    キャンセル

  • 2019/09/04 13:21

    無事解決いたしました!
    本当にありがとうございました!!

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.49%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる