質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.85%

Google Cloud Vision APIを試したいのですが、レスポンスが戻って来なく困っております

受付中

回答 0

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 300

Mozart

score 12

現在、Google Cloud PlatformのCloud Vision APIを試そうとしております。

以下の環境で実装しております。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
Windows
Eclipse
java
Mavenプロジェクト
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

こちらの、Google公式のドキュメントを見て、クイックスタートを進めています。
https://cloud.google.com/vision/docs/quickstart-client-libraries?hl=ja

  1.   Google Cloud Platform にてプロジェクトを作成
  2.   課金を設定
  3.   認証情報を作成しJsonファイルを任意のディレクトリに保存
  4.   コマンドプロンプトで『set GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS=<Jsonファイルのパス>』を実行
  5.   念のため、Windowsのシステム環境変数にも設定
  6.   EclipseでMavenプロジェクトを作成
  7.   pom.xmlに、ドキュメントに記載されている
    <groupId>com.google.cloud</groupId>
    <artifactId>google-cloud-vision</artifactId>
    <version>1.85.0</version>
    を設定
  8.   以下のソースコードをコピーして実行
  9.   警告:
    Your application has authenticated using end user credentials from Google Cloud SDK. We recommend that most server applications use service accounts instead. If your application continues to use end user credentials from Cloud SDK, you might receive a "quota exceeded" or "API not enabled" error. For more information about service accounts, see https://cloud.google.com/docs/authentication/. [土 8月 31 16:14:37 JST 2019]
    が表示され、エラーにもならずプロセスが終わらない状態でした。

コードは、ドキュメントに記載されている以下の通りです。

public class QuickstartSample {
  public static void main(String... args) throws Exception {
    // Instantiates a client
    try (ImageAnnotatorClient vision = ImageAnnotatorClient.create()) {

      // The path to the image file to annotate
      String fileName = "<画像ファイルを直接パスで記載しました>";

      // Reads the image file into memory
      Path path = Paths.get(fileName);
      byte[] data = Files.readAllBytes(path);
      ByteString imgBytes = ByteString.copyFrom(data);

      // Builds the image annotation request
      List<AnnotateImageRequest> requests = new ArrayList<>();
      Image img = Image.newBuilder().setContent(imgBytes).build();
      Feature feat = Feature.newBuilder().setType(Type.LABEL_DETECTION).build();
      AnnotateImageRequest request = AnnotateImageRequest.newBuilder()
          .addFeatures(feat)
          .setImage(img)
          .build();
      requests.add(request);

      // Performs label detection on the image file
      BatchAnnotateImagesResponse response = vision.batchAnnotateImages(requests);
      List<AnnotateImageResponse> responses = response.getResponsesList();

      for (AnnotateImageResponse res : responses) {
        if (res.hasError()) {
          System.out.printf("Error: %s\n", res.getError().getMessage());
          return;
        }

        for (EntityAnnotation annotation : res.getLabelAnnotationsList()) {
          annotation.getAllFields().forEach((k, v) ->
              System.out.printf("%s : %s\n", k, v.toString()));
        }
      }
    }
  }
}

Cloud Vision APIについて詳しい方がいらっしゃいましたら、
教えていただけますと幸いです。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

まだ回答がついていません

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.85%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる