質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.93%

PICマイコン タイマ割込み フラグの使い方

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,795

score 104

やりたいこと

PICマイコン(PIC16F18xx、XC8コンパイラ)を使用して、タイマ割込み処理を行いたいです。
割込みフラグを用意して、フラグの値によって、①と②の動作を切り替えたいと考えています。
①通常動作
3色のLEDを順番に点灯させています。
②タイマ割込み動作
SW(スイッチ)が押されたら、スイッチが押されている間は(ずっと)すべてのLEDを点灯させます。

困っていること

↓のコードで動作確認をしていますが、SW(スイッチ)を押しても、①の動作のままになってしまいます。
SW(スイッチ)が押されたら、②の動作に切り替わってほしいのですが、①の動作のままです。
プログラムでおかしな箇所がありましたら、教えていただけると助かります。

プログラムコード

int flag;
#define    SW PORTAbits.RA4

void intrInit(){                        //割り込みの初期設定
    T1CON = 0b00110001;             //内部クロックの4分の1で,プリスケーラ1:8でカウント(x32)
                                    // 1/8MHz (0.125usec) x 32 = 4usec
                                    //4usec x 2500 = 10msec
    TMR1H = (63036 >>8);            //タイマー1の初期化(65536-2500=63036);
    TMR1L = (63036 & 0x00ff);
    TMR1IF = 0;                     //タイマー1割り込みフラグを0にする
    TMR1IE = 1;                     //タイマー1割り込みを許可する
    INTCONbits.GIE = 1;              //グローバル割り込みを許可
    INTCONbits.PEIE = 1;             //割り込みを許可
}

//割り込み関数
void interrupt isr(){
    GIE = 0;
    if(TMR1IF == 1 && SW ==0){
    TMR1H = (63036 >>8); //タイマー1の初期化(65536-2500=63036);
    TMR1L = (63036 & 0x00ff);
    flag=1;
    TMR1IF = 0; //割り込みフラグを落とす
    }
    GIE = 1;
}

void main(void) {
    OSCCON=0x72;    //PLL Disable/8MHz
    ANSELA=0x04;    //RA2 Analog Setting
    ANSELC=0x00;    //PORTC Digital Setting
    TRISA=0x04;     //RA2 Input
    TRISC=0x28;     //RC5, RC3 Input
    LATC=0x00;


    //LED初期設定
    LED1=0;                 //1: 点灯/0: 消灯
    LED2=0;                 //1: 点灯/0: 消灯
    LED3=0;                 //1: 点灯/0: 消灯
    __delay_ms(100);     //100msec


    while(1){       
        LED();        
    }
}


void LED(void)
{
    //LED初期設定
    LED1=0;
    LED2=0;
    LED3=0;

    if (flag == 0 ){
        LED1=1;
        __delay_ms(100);     //100msec
        LED1=0;
        __delay_ms(100);     //100msec
        LED2=1;
        __delay_ms(100);     //100msec
        LED2=0;
        __delay_ms(100);     //100msec
        LED3=1;
        __delay_ms(100);     //100msec
        LED3=0;
    }
    else {
            while(SW == 0){
                LED1=1;
                LED2=1;
                LED3=1;
            }
    }
    flag=0;
}
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

0

まず、フラグの値によって、点滅動作か、点灯しっぱなしかを切り替えるようにしましょう
whileループ中で、フラグの値によってLED関数を実行するか点灯しっぱを切り替えればいいと思います
で、割り込みルーチンの中で、SWの状態でフラグをONするかOFFするか設定します

以下コードの改善点

  • フラグ変数の宣言にvolatileをつけときましょう
    volatile int flag;

  • 割り込みルーチンの中でタイマの初期化は不要です。
    割り込みフラグのリセットだけでいいと思いますが

  • LED関数の中のフラグのリセットは削除しときましょう

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/08/23 09:44

    改善点を教えていただきありがとうございました。
    おかげさまでタイマ割込み動作ができました。
    別質問を後ほどUpしますが、LED関数の中にfor文を追加すると、タイマ割込みの動作に移行してくれないという問題に直面しています。
    こちらも解決策が分からず、困っております。質問内容を見ていただけると助かります。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.93%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る