質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.55%

material-uiでwithStylesをしようとするとclassesがundefinedになる

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,017

wisheebell

score 5

現在、rails webpackerにてmaterial-uiを使ってSPAの開発をしています。

material-ui公式のドキュメント(Full-height navigation)

Qiitaの記事(React: Material-UIのwithStyles()でCSSをJavaScriptコードに定める)
をもとに、以下のようにコードを書きました。

import React, { Component } from 'react'
import PropTypes from 'prop-types'
import { render } from 'react-dom'
import { BrowserRouter as Router, Route, withRouter } from 'react-router-dom'
import { makeStyles } from '@material-ui/core/styles'
import Drawer from '@material-ui/core/Drawer'
import AppBar from '@material-ui/core/AppBar'
import CssBaseline from '@material-ui/core/CssBaseline'
import Toolbar from '@material-ui/core/Toolbar'
import List from '@material-ui/core/List'
import Typography from '@material-ui/core/Typography'
import Divider from '@material-ui/core/Divider'
import ListItem from '@material-ui/core/ListItem'
import ListItemIcon from '@material-ui/core/ListItemIcon'
import ListItemText from '@material-ui/core/ListItemText'
import InboxIcon from '@material-ui/icons/MoveToInbox'
import MailIcon from '@material-ui/icons/Mail'
import { withStyles, MuiThemeProvider } from '@material-ui/core/styles'
import About from './About'
import Home from './Home'

const drawerWidth = 240

const styles = (theme) => ({
  root: {
    display: 'flex',
  },
  appBar: {
    zIndex: theme.zIndex.drawer + 1,
  },
  drawer: {
    width: drawerWidth,
    flexShrink: 0,
  },
  drawerPaper: {
    width: drawerWidth,
  },
  content: {
    flexGrow: 1,
    padding: theme.spacing(3),
  },
  toolbar: theme.mixins.toolbar,
});

class App extends Component {
  cpHome = () => {
    this.props.history.push('/')
  }

  cpAbout = () => {
    this.props.history.push('/About')
  }

  render() {
    return (
      <div className={this.props.classes.root}>
        <CssBaseline />
        <AppBar position="fixed" className={this.props.classes.appBar}>
          <Toolbar>
            <Typography variant="h6" noWrap>
              Clipped drawer
            </Typography>
          </Toolbar>
        </AppBar>
        <Drawer
          className={this.props.classes.drawer}
          variant="permanent"
          classes={{
            paper: this.prpos.classes.drawerPaper,
          }}
        >
          <div className={this.props.classes.toolbar} />
          <List>
            <ListItem button onClick={this.cpHome}>
              <ListItemText primary={'Home'} />
            </ListItem>
            <ListItem button onClick={this.cpAbout}>
              <ListItemText primary={'About'} />
            </ListItem>
          </List>
        </Drawer>
        <main className={this.props.classes.content}>
          <Router>
            <div>
              <Route exact path='/' component={Home}/>
              <Route path='/About' render={ () => <About name='shoya' /> }/>
            </div>
          </Router>
        </main>
      </div>
    )
  }
}

export default withStyles(styles)(withRouter(App))

render(
  <App />,
  document.getElementById('app')
);

がしかし、実際に記述したコードを実行すると

Cannot read property 'root' of undefined

とコンソールに表示されます。

試しに、上記のコードから

className={this.props.classes.root}

の記述を削除して実行してみたところ、

Cannot read property 'appBar' of undefined

と表示されます。(おそらくthis.props.classesに問題がある?classes自体がundefinedなのだろうか?)

material-uiは日本語のドキュメントも少なく、とても苦戦しております...。
ぜひお力添えお願いします。

足りない情報があれば追記します。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

+1

こんにちは

以下の回答は、ご質問に掲載のソースコードが(たとえば index.jsだったりの)ひとつのファイルに書かれているものと解釈しての回答になります。(これが違っていたら、コメントからお知らせください。)

以下の部分、

修正前:

export default withStyles(styles)(withRouter(App))

render(
  <App />,
  document.getElementById('app')
);

を、たとえば以下のように修正してみると、いかがでしょうか?

修正後:

const AppWithStylesAndRouter = withStyles(styles)(withRouter(App))

render(
  <AppWithStylesAndRouter />,
  document.getElementById('app')
);

修正前のものだと、 withStyles によって classes がpropsに追加される前の App をマウントしてしまいます。

以上参考になれば幸いです。

追記

コメントから頂きました、別のエラーの対応ですが、

import { BrowserRouter as Router, Route, withRouter } from 'react-router-dom'


で import している BrowserRouter as Router を使って、render の第一引数を以下のように、AppWithStylesAndRouter を Routerで囲むように修正してみるといかがでしょうか?

render(
  <Router>
    <AppWithStylesAndRouter />
  </Router>,
  document.getElementById('app')
);

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/08/19 13:52

    その後いかがでしょうか。ご質問のタイトルにある、
    「material-uiでwithStylesをしようとするとclassesがundefinedになる」
    という問題については解決しましたでしょうか?

    キャンセル

  • 2019/08/19 14:00

    確認ありがとうございます。
    こちらの些細な確認ミスで申し訳ないです...。

    書き直してみたところ、正常に動作しました!
    とても助かりました!ありがとうございます

    キャンセル

  • 2019/08/19 14:05

    どういたしまして。

    > 書き直してみたところ、正常に動作しました!

    とのことでよかったです 👏

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.55%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる