質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.63%

ページメニューを動的に装飾するscrollイベントの最適化について

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 185

code_teratail

score 10

Webページにおいて、閲覧中のセクションに対応したページメニューを装飾するコードを書いています。

javascriptのscrollイベントで実装するのが一般的だと考え、一応jQueryでそのまま書いてみたのですが、処理が増えた時のスクロールジャンクが怖いです。ということで、いくつか改善策を見つけました。

  • setTimeout()
  • lodash.throttle()
  • requestAnimationFrame()
  • Intersection Observer

今回のケースに見合う改善策について、ご教授いただけないでしょうか。
さらに、下記に作成したコードがありますので、修正できる箇所があればご指摘いただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。

$(window).scroll(function(){
  var doch = $(document).innerHeight(); //ページ全体の高さ
  var winh = $(window).innerHeight(); //ウィンドウの高さ
  var bottom = doch - winh; //ページ全体の高さ - ウィンドウの高さ = ページの最下部位置

  if($(window).scrollTop() > $('#sec1').offset().top && $(window).scrollTop() < $('#sec2').offset().top){
    $('.o-pageNav__item').removeClass('is-active');
    $('#menu-sec1').addClass('is-active');
  }
  else if($(window).scrollTop() > $('#sec2').offset().top && $(window).scrollTop() < $('#sec3').offset().top){
    $('.o-pageNav__item').removeClass('is-active');
    $('#menu-sec2').addClass('is-active');
  }
  else if($(window).scrollTop() > $('#sec3').offset().top){
    $('.o-pageNav__item').removeClass('is-active');
    $('#menu-sec3').addClass('is-active');
    // 最終コンテンツがデバイスの高さに届かなかった場合、強制的に切り替える。
    if($(window).scrollTop() > $('#sec4').offset().top || $(window).scrollTop() >= bottom){
      $('.o-pageNav__item').removeClass('is-active');
      $('#menu-sec4').addClass('is-active');
    }
  }
  else{
    $('.o-pageNav__item').removeClass('is-active');
    $('#menu-sec0').addClass('is-active');
  }
});
<!-- ページメニュー -->
<nav class="o-pageNav">
  <ul class="o-pageNav__list">
    <li class="o-pageNav__item" id="menu-sec0"><a href="#sec1" class="o-pageNav__link">sec0</a></li>
    <li class="o-pageNav__item" id="menu-sec1"><a href="#sec1" class="o-pageNav__link">sec1</a></li>
    <li class="o-pageNav__item" id="menu-sec2"><a href="#sec1" class="o-pageNav__link">sec2</a></li>
    <li class="o-pageNav__item" id="menu-sec3"><a href="#sec1" class="o-pageNav__link">sec3</a></li>
    <li class="o-pageNav__item" id="menu-sec4"><a href="#sec1" class="o-pageNav__link">sec4</a></li>
    <li class="o-pageNav__item" id="menu-sec5"><a href="#sec1" class="o-pageNav__link">sec5</a></li>
  </ul>
</nav>

<!-- 各セクション -->
<div id="sec0" style="height: 500px;width: 100%;background-color: aliceblue;"></div>
<div id="sec1" style="height: 500px;width: 100%;background-color: aliceblue;"></div>
<div id="sec2" style="height: 500px;width: 100%;background-color: antiquewhite;"></div>
<div id="sec3" style="height: 500px;width: 100%;background-color: aquamarine;"></div>
<div id="sec4" style="height: 500px;width: 100%;background-color: beige;"></div>
<div id="sec5" style="height: 500px;width: 100%;background-color: darkslategray;"></div>
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

check解決した方法

0

実際にすべて作って試してみました。
結果的にIntersection Observerが一番おすすめです。

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.63%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる