質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.13%

【wordpress】カスタム投稿の投稿ページのファイルsingle-○○○.phpが認識されない

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 217

dadada-dadada

score 56

前提・実現したいこと

wordpressのカスタム投稿をfunctions.phpで2つ定義しています。

これらの投稿ページは、single-seminar.phpsingle-magazine.phpにそれぞれの処理を書いて表示させようと思っています。
seminarの記事はsingle-seminar.phpの内容が表示されるのですが、
magazineの記事はsingle-magazine.phpの内容が表示されずに、archive.phpの内容が表示されてしまいます。

カスタム投稿のパーマリンクを投稿タイトルから数字ベースに変更しているのですが、
その記述をコメントアウトすると、magazineの記事でもsingle-magazine.phpの内容がちゃんと表示されます。

おそらく、カスタム投稿のパーマリンクを投稿タイトルから数字ベースに変更している箇所のコードにミスがあるのかなと思っているのですが、それがわかりません。

wp管理画面>設定>パーマリンクの設定

カスタム構造の/%category%/%post_id%で設定しています。

functions.php

// ================================================================================
//  カスタム投稿タイプ追加
// ================================================================================
function my_post_type() {
  register_post_type(
    'seminar',
    array(
      'label' => 'セミナー',
      'labels' => array(
        'name' => 'セミナー',
        'singular_name' => 'セミナー',
        'all_items' => 'セミナー一覧',
      ),
      'public' => true,
      'has_archive' => true,
      'menu_position' => 5,
      'supports' => array(
        'title',
        'editor',
        'custom-fields',
        'revisions'
      ),
    )
  );
  register_post_type(
    'magazine',
    array(
      'label' => 'マガジン',
      'labels' => array(
        'name' => 'マガジン',
        'singular_name' => 'マガジン',
        'all_items' => 'マガジン一覧',
      ),
      'public' => true,
      'has_archive' => true,
      'menu_position' => 6,
      'supports' => array(
        'title',
        'editor',
        'custom-fields',
        'revisions',
        'thumbnail',
        'author',
      ),
    )
  );
}
add_action( 'init', 'my_post_type' );

// ================================================================================
//  カスタム投稿のパーマリンクを数字ベースに変更
// ================================================================================
add_filter( 'post_type_link', 'my_post_type_link', 1, 2 );
function my_post_type_link( $link, $post ){
  if ( 'seminar' === $post->post_type ) {
    return home_url( '/seminar/' . $post->ID );
  } elseif ( 'magazine' === $post->post_type ) {
    return home_url( '/magazine/' . $post->ID );
  } else {
    return $link;
  }
}
add_filter( 'rewrite_rules_array', 'my_rewrite_rules_array' );
function my_rewrite_rules_array( $rules ) {
  $new_rules = array(
    'seminar/([0-9]+)/?$' => 'index.php?post_type=seminar&p=$matches[1]',
    'magazine/([0-9]+)/?$' => 'index.php?post_type=magazine&p=$matches[2]',
  );
  return $new_rules + $rules;
}
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

+1

'magazine/([0-9]+)/?$' => 'index.php?post_type=magazine&p=$matches[2]',
↓
'magazine/([0-9]+)/?$' => 'index.php?post_type=magazine&p=$matches[1]',


では?

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/08/16 18:45

    ありがとうございました。解決しました。
    ちなみに、$matchesにはなんの値が格納されているのでしょうか?
    print_rで出力しようとしてもUndefinedになってしまいまして。

    キャンセル

  • 2019/08/16 18:54 編集

    $matchesにはURLリライトの時に
    rules配列のキー値になってる正規表現パターンに
    マッチした時にマッチした各文字列が入ります

    preg_matchあたりを参照

    https://www.php.net/manual/ja/function.preg-match.php

    $matchesはルールに基づいてURLのリライト処理の時に値が入るので
    ルールを定義する時にはまだいません

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.13%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる