質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.69%

Node.js SQLServer 複数SQLの実行方法

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 388

miyawaki

score 3

windows環境にて
Node.js+Express+SQLServerでアプリ開発を行おうとしております。

下記のサイトを参考に、jsにてDB接続、SQLの実行を行い、結果をejsにて表示させています。
http://hiyo-ac.hatenablog.com/entry/2018/01/28/141831

SQLが1つ(表が1つ)の場合はうまく動作することが確認できましたが、
1つの画面に複数の表を設置(複数SQLを実行し、複数の結果を取得・表示)したい場合、どうコーディングしたら良いのかがわかりません。

ソースは下記のとおりです。(上記サイトそのままです)

router.get('/', function(req, res, next) {

    var connection = new Connection(config);
    var content = []; // DBからselectした結果を格納する変数

    // DB接続した際のイベントハンドラ
    connection.on('connect', function(err){
        console.log("connected");
        executeStatement();
    });

    // DB接続を終了した際のイベントハンドラ
    // DB接続を切断した後に画面を描写する
    connection.on('end', function(){
        console.log("disconnected");
        res.render('sample', { title: 'sqlserver-sample', content: content });
    });

    var Request = require('tedious').Request;

    // SQLを発行する関数
    function executeStatement(){
        // 発行するSQLを記載する
        request = new Request("SELECT * FROM TestDB.dbo.TB_TestTable with (NOLOCK)", function(err){
        if(err){
            console.log(err);}
        });

        var result = {}; // SQLの結果を行ごとにオブジェクトに格納する。
        // SQLの行ごとに実行するイベントハンドラ
        request.on('row', function(columns){
            columns.forEach(function(column){
                if(column.value === null){
                    console.log('NULL');
                }else{
                    result[column.metadata.colName] = column.value;
                } 
            });
            content.push(result);
            result = {};
        });

        // SQLのリクエスト完了時のイベントハンドラ。
        // コネクションをクローズしないとDBにいらないプロセスが残るので、コネクションをクローズする。
        request.on('requestCompleted', function(){
            console.log('requestCompleted');
            connection.close();
        });

        // DBへSQLを発行する。
        connection.execSql(request);
    }

});

下記のように、新しいコネクションと結果を入れるcontentを用意して、
1つめのSQLを実行後にくっつけてみましたがうまく動作しませんでした。

router.get('/', function(req, res, next) {

    var connection = new Connection(config);
    var content = []; // DBからselectした結果を格納する変数

    // DB接続した際のイベントハンドラ
    connection.on('connect', function(err){
        console.log("connected");
        executeStatement();
    });

    // DB接続を終了した際のイベントハンドラ
    // DB接続を切断した後に画面を描写する
    connection.on('end', function(){
        console.log("disconnected");
        res.render('sample', { title: 'sqlserver-sample', content: content });
    });

    var Request = require('tedious').Request;

    // SQLを発行する関数
    function executeStatement(){
        // 発行するSQLを記載する
        request = new Request("SELECT * FROM TestDB.dbo.TB_TestTable with (NOLOCK)", function(err){
        if(err){
            console.log(err);}
        });

        var result = {}; // SQLの結果を行ごとにオブジェクトに格納する。
        // SQLの行ごとに実行するイベントハンドラ
        request.on('row', function(columns){
            columns.forEach(function(column){
                if(column.value === null){
                    console.log('NULL');
                }else{
                    result[column.metadata.colName] = column.value;
                } 
            });
            content.push(result);
            result = {};
        });

        // SQLのリクエスト完了時のイベントハンドラ。
        // コネクションをクローズしないとDBにいらないプロセスが残るので、コネクションをクローズする。
        request.on('requestCompleted', function(){
            console.log('requestCompleted');
            connection.close();
        });

        // DBへSQLを発行する。
        connection.execSql(request);
    }

    var connection2 = new Connection(config);
    var content2 = []; // DBからselectした結果を格納する変数

    // DB接続した際のイベントハンドラ
    connection2.on('connect', function(err){
        console.log("connected");
        executeStatement();
    });

    // DB接続を終了した際のイベントハンドラ
    // DB接続を切断した後に画面を描写する
    connection2.on('end', function(){
        console.log("disconnected");
        res.render('sample', { title: 'sqlserver-sample', content: content });
    });

    var Request2 = require('tedious').Request;

    // SQLを発行する関数
    function executeStatement(){
        // 発行するSQLを記載する
        request2 = new Request("SELECT * FROM TestDB.dbo.TB_TestTable2 with (NOLOCK)", function(err){
        if(err){
            console.log(err);}
        });

        var result = {}; // SQLの結果を行ごとにオブジェクトに格納する。
        // SQLの行ごとに実行するイベントハンドラ
        request2.on('row', function(columns){
            columns.forEach(function(column){
                if(column.value === null){
                    console.log('NULL');
                }else{
                    result[column.metadata.colName] = column.value;
                } 
            });
            content2.push(result);
            result = {};
        });

        // SQLのリクエスト完了時のイベントハンドラ。
        // コネクションをクローズしないとDBにいらないプロセスが残るので、コネクションをクローズする。
        request2.on('requestCompleted', function(){
            console.log('requestCompleted');
            connection2.close();
        });

        // DBへSQLを発行する。
        connection2.execSql(request2);
    }

});

調べても複数SQLを実行しているサンプルコードが見当たらず、質問させていただきました。
初歩的な質問で申し訳ございません。
よろしくお願いいたします。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

+1

私もnodeは初心者なので自信ないのですが以下のようにしています。
同じことやってる方いたら私も教えてほしいです、、、

・SQLの実行部はfunctionに分けてrouter側では呼び出すだけにする
→返り値はpromiseにしてthenで結果を受け取る
・複数実行する場合はPromise.allで全て受け取る

私は全てストアドプロシージャを作成して実行するようにしていますので
ちょっとコードが変かもしれません、、、

sqlserver.js(sqlの実行部)

var Request = require('tedious').Request;

module.exports = function(storedproc, params, conn) {
  //console.log(params);
  if (params.length !== 0) {
    storedproc +=
      ' ' +
      params
        .map(function(e) {
          if (e.value == 'null' || e.value == null) return 'null';
          var v = '';

          switch (typeof e.value) {
            case 'number':
              v = e.value;
              break;
            default:
              v = "'" + e.value + "'";
          }
          return v;
        })
        .join(',');
  }
  return new Promise(function(resolve, reject) {
    conn.on('connect', function(err1) {
      if (err1) {
        console.log(err1);
        reject(err1);
      }
      var request = new Request(storedproc, function(err) {
        if (err) {
          console.log(err);
          reject(err);
        }
      });
      var res = [];
      request.on('row', function(columns) {
        var obj = {};
        for (var j = 0; j < columns.length; j++) {
          obj[columns[j].metadata.colName] = columns[j].value;
        }
        res.push(obj);
      });

      request.on('requestCompleted', function() {
        resolve(res);
        conn.close();
      });
      conn.execSql(request);
    });
    /*conn.on("end", function() {
      console.log("end");
    });*/
    conn.on('error', function(err) {
      console.log(err);
    });
  });
};

router(実際の使い方)

var express = require('express');
var router = express.Router();

var sqlserver = require('../functions/sqlserver');

/* GET home page. */
router.get('/', function(req, res, next) {
  /* 単発
  var sql = sqlserver(
    'ストアドA',
    [],
    require('../connection')()
  );
  sql
    // rowsに行データが入る
    .then(function(rows) {
      response.json({ status: 0, data: rows });
    })
    .catch(function(err) {
      console.log('err');
      response.json({ status: 1 });
    });
  */

  /* 複数は配列に突っ込んでPromise.all */
  var arr = [];
  arr.push(
    sqlserver('ストアドA', [], require('../connection')())
  );
  arr.push(sqlserver('ストアドB', [], require('../connection')()));
  arr.push(sqlserver('ストアドC', [], require('../connection')()));

  //複数実行した場合はthenのコールバック内の引数が配列になるのでそれで受け取る
  Promise.all(arr)
    .then(function(responses) {
      res.render('index', {
        title: 'テスト',
        A: responses[0],
        B: responses[1],
        C: responses[2]
      });
    })
    .catch(function(err) {
      console.log(err);
    });
});

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/08/15 10:45 編集

    ご回答ありがとうございます!
    また、お返事が遅くなり申し訳ございません。

    いただいたソースを参考にさせていただき、無事に取得することができました。
    ありがとうございました!

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.69%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる