質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.92%

【GitHub】gitignoreに指定したファイルを'git rm --cashed'コマンドで削除した際、ローカル環境からもファイルが消える。

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,802

zackieeee

score 14

◾️事象
gitignoreに指定したファイルを'git rm --cached'コマンドで削除した際、ローカル環境からもファイルが消える。

◾️詳細について
もともとGitHub対象だったファイルを途中からgitignoreに追加して、管理対象外としました。
その際、リモートのリポジトリからもファイルを削除するため、下記のコマンドを実行しました。

git rm --cached ファイル名

その後、いつの間にか指定したファイルがローカル環境から消えており、
後日、ローカル環境、本番環境(AWS/EC2)共に起動しなくなり、事象が発覚した。

◾️再現できる手順
環境:MacBook Air(iOS10.14)/Github/GitHubDesktop/ターミナル/Visual Studio Code/rails5.2.1
①GitHubDesktopでmasterから、新しくブランチをきる。
②GitHubDesktopを新しいブランチに切り替える。
③ローカル環境でVisualStudioCodeを使いgitignoreに対象のファイルパスを記述。
GitHubDesktopでコミット&プッシュする。
(ちなみに事象発生はconfig/secrets.yml)
④ローカルターミナルから「git rm --cashed ファイル名」を実行する。
⑤GitHubDesktopを開くと、rm対象のdeleteコミットが自動で出てくるので更にコミット&プッシュ。
⑥新しくきったブランチに対し、GitHubDesktopからプルリクしてmasterにマージをかける。
(この時点でGitHubのリモートリポジトリからgitignore対象のファイルが消える)
⑦GitHubDesktopでFetch originを実行する。
⑧GitHubDesktopでローカル環境に差異があるため、pull originを求められるため、実行する。
⑨ローカル環境からgitignoreで指定したファイルが消える。

◾️疑問点
gitrm時、オプションとして--cachedを選んでいるためローカルからは消えないと思っていたのですが、何故この動きなのでしょうか?純粋にmaster上で対象ファイルがdeleteされたと言うcommitのみ解釈しているのでしょうか?

ですが、そもそもgitignoreはマージした時点でmasterにも効いている訳ですから、削除ではなく無視するのが適切ではないかとも感じます。

なお、今回再現できる手順はこれですが、実際にはブランチを切らない状態でも消えてしまいました。。。
(再現手順不明・・・)
原理・原則が分かると気をつける事や、再現も可能かな?と思っています。

詳しい方、ご教示いただけると非常に嬉しいです。

拙い文章で非常に申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

0

もともとGitHub対象だったファイルを途中からgitignoreに追加して、管理対象外としました。

一度コミットされたファイルは、あとから.gitignoreに追加してもGitに残り続け、git rmで削除すると削除されたということがコミットで反映されます

リモートのファイルを残したい場合は、

  • いったんファイルをバックアップして、git rmで削除を反映してから書き戻す(一度やれば.gitignoreが効くようになります)
  • assume-unchangedskip-worktreeを使う(Qiita

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/07/19 16:33

    あっ、--cachedのスペルミスが原因かも。

    キャンセル

  • 2019/07/19 16:43

    ありがとうございます!
    この質問へのスペルミスなだけで、実際のコマンドはcachedに指定ます^^;;

    キャンセル

  • 2019/07/19 17:06 編集

    回答ありがとうございました。
    一度githubに登録したファイルを途中から.gitignoreに追加しても、ファイルが存在している内は、GitHubがそれを無視するって事ですね。確かに、その通りの動きをしています!

    ただ、master直で修正するとこの現象が起こらないため、--cachedの有効範囲も絡めて動きが複雑になってる感があります。

    今回は無視したいと言うより、リモートリポジトリ上publicに公開されては困るファイルだったため、管理対象外にしてリモートからも削除したい。と言うのが目的でした。
    そのため、回答いただいた通り一度綺麗に削除した後に再配置し直すようにしようと思います。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.92%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • トップ
  • GitHubに関する質問
  • 【GitHub】gitignoreに指定したファイルを'git rm --cashed'コマンドで削除した際、ローカル環境からもファイルが消える。