質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.10%

HTML タブによる切り替えの実装方法の比較

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 116

brsice

score 13

HTMLでタブによる要素の切り替えを実装する際、自分が思いつく限りでは以下の2つがあります。

・JavascriptやCSSを用いてdisplayプロパティを切り替える
参考:https://qiita.com/inoyoh/items/c8fc514784d370c8971f

・Javascriptを用いてDOM要素そのものを書き換える

タブ切り替えについて調べてもdisplayプロパティを切り替える方法の紹介がほとんどで、要素自体を入れ替える方法は自分が見た限りではあまり使われていないようです (使われているのをいくつか見た記憶はあります) 。

これらの方法の利点欠点,使い分けるべき状況はあるのでしょうか?
個人的な考えとしては、Javascriptを使えない環境においても最低限情報を提供できる前者の方が優れていると思うのですが、あまり開かれないタブに画像が大量にある等、初期の読み込みコストが懸念される場合には後者も選択肢に入るのかなと思っています。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

0

JavaScript の使用できない環境を考慮する必要があるかが
最大の分岐点だと思います。

考慮するのであれば、 CSS でタブ切り替えを実装することになると思います。

JavaScript を使用できる環境を想定しているのであれば、
どちらを選択しても画像読み込みのコストは変わらないので
好きなほうを選んだらいいと思います。
(画像の読み込みをタブを表示したタイミングで行えば
ページ表示時に画像のダウンロードは発生しません。)

また、別の問題として SEO を考慮する必要もあれば
手法は変わってくるかと思います。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/07/08 17:02

    回答ありがとうございます。

    やはりJavaScriptを使えない環境への配慮は要素として大きいですか。
    その部分は想定通りだったのですが、SEOの観点は抜けていました。
    SEOを考慮する場合はどちらも使い分ける必要が出てきそうですね。
    それ以外では好みで良いと。

    JavaScriptを使えない場合を考慮する以外にも重要な要素があるかというのがというのもそうですが、JavaScriptが使えると仮定した際にどちらを選択すべきか、というのも気になっていた部分なので非常に参考になりました。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.10%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる