質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.09%

dockerのIPマスカレードについて

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 5,451

score 280

dockerのネットワークについては、過去に質問したのでわかりました。
ただ、いまいちdockerのIPマスカレードがわかりません。

コンテナ側IP172.17.0.1
ホスト側IP192.168.1.1

コンテナの172.17.0.1はホスト側から外へ出る場合にホスト側のIP192.168.1.1に変換し出てくれるということなのでしょうか?

また、なにかIPアドレスを確認する方法があれば教えてください。
例えばコンテナから外のPCへpingを飛ばした時に、PCは受け取ったICMPの送信元IPを確認したいです。
192.168.1.1になっているか、172.17.0.1になっているか調べたいです。

よろしくお願いしますm(__)m
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

+1

NAT や IPマスカレード がどのような技術で なぜ必要か? が分かれば疑問も解決するはずなので、まずは下記ページを参考に基礎的な部分の復習をする事をオススメします。

    ネットワークアドレスとホストアドレス
    NAT,IPマスカレード完全攻略

今の場合、ホスト側(PC側)とゲスト側(Dockerコンテナ上のサーバー)は異なるネットワークなので、直接接続する事は出来ませんし、ホスト側からコンテナ内部の「172.17.0.1」というアドレスは見えません

それでも通信が出来るのは、NATやIPマスカレードのような「アドレス変換技術」があるお陰です。アドレスが変換されている訳ですから、ホスト側から見ればコンテナ内部のサーバーは「192.168.1.1」としか見えない、というよりも「192.168.1.1」という同一ネットワーク内のアドレスを割り当てる(いわば別名を与える)事で、他のネットワークにあるサーバーと通信出来るようにしている訳です。

具体的に確認したければ、例えばゲスト側からPCのNICに割り当てられたアドレスへPingを打ちつつ、ホスト側でnetstatコマンドで確認するか、パケットキャプチャしても良いです。下記ページを参考に頑張ってみてください。

    netstat:ネットワークの統計やルーティングテーブルの確認
    ICMP – ping, traceroute 詳細説明

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2015/11/11 18:19

    返信ありがとうございます。

    ubuntuのルーティングテーブルには私は何も設定していません。おそらく、eth0自身に固定IPを振っていますのでdirectconnectで各経路を学んだものだと思います。
    記載してくれたURLでいろいろと学ばせていただきましたm(__)m
    (dockerってもともとLXCの技術を使っていたんですね。。。)

    もしかして、私自身間違えた考え方をしてしまったのかもしれません。
    IPマスカレード:ローカルIP複数に対して1つのグローバルIPでインターネットにでれる。
    ローカルIPとグローバルIPに注目しておもいました。
    これを、私の解釈として「172.17.0.1は192.168.1.1としてイントラネットで通信できます。」
    と考えていました。
    複数のコンテナ内ローカルIP(172.17.0.0/16)から一つのホスト側のローカルIP(192.168.1.1)に変換できるということです。これだと、複数のローカルIPから1つのグローバルIPではなくローカルIPですね。。。

    ただ、私の考えのイントラネットに仮想的なものですけど172.17.0.0/16のネットワークが追加されていますという考えは変わりません。

    ただ、コンテナはインターネットに出る際にはIPマスカレードを使用できます。ということであっていますかね(汗)

    キャンセル

  • 2015/11/11 20:51

    自分はネットワークに関しては素人なので、詳しくは分かりませんが…
    コンテナからインターネットに「出る」には、IPマスカレードは必ずしも必要ではありません。逆に、外(インターネットだけでなく、ホストのネットワークも含む)からコンテナ内へアクセスするには、IPマスカレード(またはそれに相当するアドレス変換)が必要です。
    コンテナ使用時のベストプラクティスは、1コンテナ=1サービスで運用することではありますが、いずれにしても「外」からコンテナ内の特定のサービス(WebサーバーだったりDBサーバーなど)へアクセスするには、単にIPアドレスの紐付けだけでなく、サービスが使用しているListenポートも含めて対応付ける必要があるためです。
    そこが、NATとIPマスカレード(NAPT)の一番の違いなのだと素人なりに理解しています。

    キャンセル

  • 2015/11/16 10:39 編集

    返信ありがろうございます。遅くてすいませんm(__)m
    先週の土日に本屋に行ってdockerの書籍を見てきました。私の構成だとIPマスカレードは動作をしているのですが、使っていません。
    ipマスカレードの特徴として外部(ホスト外)から内部(ホスト内)へpingが送れませんが送れてしまってます。
    本来なら、docker run -p でポートを指定してやらなければならないことがわかりました。
    docker run -p 8080:80 でコンテナに外部から通信したいときに、「ホスト側のアドレス:8080」とのやり方が本来のやり方でした。
    (-pで8080:80とか1組のポート番号しかできないので、そのため1つのコンテナに対し1サービスなのかな?)

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.09%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る