質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.61%

Node.js, Expressでのログインについて。Cannot read property 'length' of undefinedとのエラー表示

受付中

回答 0

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 795

fnd222

score 12

前提・実現したいこと

Node.Js, Expressでログイン機能の実装をしております。メールアドレスとパスワードをいれてログインボタンを押すと、ターミナル上でCannot read property 'length' of undefinedというエラーメッセージが表示されますので、これを解決したいです。 新規登録画面は実装済みです。自分としては、login.jsのrowsがうまく定義されてない?と思ってるのですが、ご教示頂けますと幸いです。

login.js

var express = require('express');
var router = express.Router();
var connection = require('../mysqlConnection');

router.get('/', function(req, res, next) {
  if (req.session.user_id) {
    res.redirect('/');
  } else {
    res.render('login', {
      title: 'ログイン'
    });
  }
});

router.post('/', function(req, res, next) {
  var email = req.body.email;
  var password = req.body.password;
  var query = 'SELECT user_id FROM users WHERE email = "' + email + '" AND password = "' + password + '" LIMIT 1';
  connection.query(query, function(err, rows) {
    var userId = rows.length? rows[0].user_id: false;
    if (userId) {
      req.session.user_id = userId;
      res.redirect('/');
    } else {
      res.render('login', {
        title: 'ログイン',
        noUser: 'メールアドレスとパスワードが一致するユーザーはいません'
      });
    }
  });
});

module.exports = router;

app.js

var createError = require('http-errors');
var express = require('express');
var path = require('path');
var cookieParser = require('cookie-parser');
var logger = require('morgan');
var session = require('express-session');

var indexRouter = require('./routes/index');
var usersRouter = require('./routes/users');
var register = require('./routes/register');
var login = require('./routes/login');
var message = require('./routes/message');
var logout = require('./routes/logout');

var app = express();

// view engine setup
app.set('views', path.join(__dirname, 'views'));
app.set('view engine', 'ejs');

app.use(logger('dev'));
app.use(express.json());
app.use(express.urlencoded({ extended: false }));
app.use(cookieParser());
app.use(express.static(path.join(__dirname, 'public')));
app.use(session({
  secret: 'keyboard cat',
  resave: false,
  saveUninitialized: true
}));

app.use('/', indexRouter);
app.use('/users', usersRouter);
app.use('/register', register);
app.use('/login', login);
app.use('/message', message);
app.use('/logout', logout);

// catch 404 and forward to error handler
app.use(function(req, res, next) {
  next(createError(404));
});

// error handler
app.use(function(err, req, res, next) {
  // set locals, only providing error in development
  res.locals.message = err.message;
  res.locals.error = req.app.get('env') === 'development' ? err : {};

  // render the error page
  res.status(err.status || 500);
  res.render('error');
});

module.exports = app;

login.ejs

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<title><% title %></title>
<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge,chrome=1">
<meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0, maximum-scale=1.0, user-scalable=no">
<meta name="format-detection" content="telephone=no">
<link rel='stylesheet' href='/stylesheets/style.css'>
</head>
<body>
<div class="wrapper">
    <p class="main-title"><%= title %></p>
    <form action="/login" method="post" class="board-form">
        <span class="label">Eメール</span><input type="email" name="email" class="input" required><br>
        <br>
        <span class="label">パスワード</span><input type="password" name="password" class="input" required><br>
        <br>
        <button type="submit" class="submit">ログイン</button>
    </form>
    <% if (typeof noUser !== 'undefined') { %>
        <p class="error"><%= noUser %></p>
    <% } %>
    <a href="/" class="btn">トップへもどる</a>
</div>
</body>
</html>

※ログイン機能実装に当たって参考にしたURL→ https://github.com/osamu38/node-express-curriculum/wiki/Node.js%E3%81%A7%E4%BC%9A%E5%93%A1%E7%99%BB%E9%8C%B2%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%E3%82%92%E5%B0%8E%E5%85%A5%E3%81%97%E3%82%88%E3%81%86

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正の依頼

  • karamarimo

    2019/06/18 13:32

    function(err, rows) { ... } の中でまず err に何らかのエラーオブジェクトが入ってないかチェックしてみてください

    キャンセル

まだ回答がついていません

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.61%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る