質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.09%

[Python3]AtCoderの問題・(恐らく)スタックオーバーフローの解決法

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 786

Egoil

score 18

AtCoderの
https://atcoder.jp/contests/abc129/tasks/abc129_c
この問題で、
動的計画法を使って再帰的にフォボナッチ数列を計算したらいいんだろうなと見通しはついたのですが、実装してみたところ、n = 1000以上でエラーが発生してしまいます。
公式サイトのテストコードのエラー画面ではエラーメッセージが最後まで表示されず、なんのエラーなのかが分からないのですが恐らく再帰呼び出ししすぎでスタックオーバーフローをおこしているよーと出ている気がします。

いかに私の実装したコードを記します。

import sys

def dfs(heights: int, a_index:int):
    if n < heights:
        return

    if m != 0 and a_index <= len(a) -1 and a[a_index] == heights:
        memo[heights] = 0
        a_index += 1
        #print("10",heights)
    else:
        memo[heights] = memo[heights-1] + memo[heights -2]
        #print("13",heights)
    dfs(heights+1,a_index)
    return


n,m = list(map(int, input().split()))
memo = [1]*(n+1)
a = []
a_index = 0
if m != 0:
    for i in range(m):
        tmp = int(input())
        if i >= 1 and tmp -1 == a[len(a)-1]:
            print(0)
            sys.exit()
        else:
            a.append(tmp)
            #print(i,a)

    if a[0] == 1:
        memo[1] = 0
        a_index += 1

#a = list(set(a))
#a.sort()

dfs(2,a_index)
#print(memo)
print(memo[n] % (10**9+7))

コメントアウトしている行はデバッグの際に使ったものなので気にしないでください。
公式サイトの模範解答ではN+1次元のベクターにTrueFalseを積んだものを使っていること以外あまり違いはないように思えます。
関数名がdfsになっているのはすいません、最初は全探索かなと思って実装し始めたので。。。

エラーコードを吐くテストケースと実行結果(エラー出力)もいかに記します。

1000 5
1
5
8
10
12
Traceback (most recent call last):
  File "./Main.py", line 37, in <module>
    dfs(2,a_index,memo[1],memo[0])
  File "./Main.py", line 14, in dfs
    dfs(heights+1,a_index,memo[2],a_n_1)
  File "./Main.py", line 14, in dfs
    dfs(heights+1,a_index,memo[2],a_n_1)
  File "./Main.py", line 14, in dfs
    dfs(heights+1,a_index,memo[2],a_n_1)
  File "./Main.py", line 14, in dfs
    dfs(heights+1,a_index,memo[2],a_n_1)
  File "./Main.py", line 14, in dfs
    dfs(heights+1,a_index,memo[2],a_n_1)
  File "./Main.py", line 14, in dfs
    dfs(heights+1,a_index,memo[2],a_n_1)
  File "./Main.py", line 14, in dfs
    dfs(heights+1,a_index,memo[2],a_n_1)
  File "./Main.py", line 14, in dfs
    dfs(heights+1,a_index,memo[2],a_n_1)
  File "./Main.py", line 14, in dfs
    dfs(heights+1,a_index,memo[2],a_n_1)
  File "./Main.py", line 14, in dfs
    dfs(heights+1,a_index,memo[2],a_n_1)
  File "./Main.py", line 14, in dfs
    dfs(heights+1,a_index,memo[2],a_n_1)
  File "./Main.py", line 14, in dfs
    dfs(heights+1,a_index,memo...
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

+1

import sys
sys.setrecursionlimit(10**6)

の2行を足しましょう。これで10**6回の再帰までは対応できます。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/06/10 01:03

    ありがとうございます!再帰の上限がかなり小さいんですね…覚えておきます。この行足したら一瞬で通ってしまいました。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.09%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる