質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.93%

Let's Encryptの自動更新がエラーになる(ubuntu/apache)

受付中

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,399

sumagimo

score 8

証明書の設定までは上手く行きましたが自動更新がシミュレーション段階でエラーになってしまいます。

環境

ubuntu 18.04.2
apache 2.4.29

やりたいこと

aaa.example
www.aaa.example
www.bbb.example
上記3ドメインにLet's Encryptの自動更新のクーロンをセットしたい
※aaa.example、www.aaa.example、www.bbb.exampleともに最終的にはccc.exampleにリダイレクトさせる

実行した手順

  1. httpからhttpsへのリダイレクトを停止し、httpでレスポンスさせておく

  2. 証明書の取得
    $ sudo certbot certonly --webroot -w /var/www/html/ -d aaa.example
    $ sudo certbot certonly --webroot -w /var/www/html/ -d www.aaa.example
    $ sudo certbot certonly --webroot -w /var/www/html/ -d www.bbb.example

※下記コマンドがエラーになったため取得と設定を別々に作業することにした
※$ sudo certbot --apache -d aaa.example -d www.aaa.example -d www.bbb.example

  1. 証明書の反映
    $ sudo vi aaa.example-ssl.conf
    $ sudo vi www.aaa.example-ssl.conf
    $ sudo vi www.bbb.example-ssl.conf
    それぞれのファイルの証明書の部分を変更
    SSLCertificateFile /etc/letsencrypt/live/[サーバーのドメイン]/cert.pem
    SSLCertificateKeyFile /etc/letsencrypt/live/[サーバーのドメイン]/privkey.pem
    SSLCertificateChainFile /etc/letsencrypt/live/[サーバーのドメイン]/chain.pem

  2. httpからhttpsへのリダイレクトを有効にする

  3. それぞれのドメインのhttpsを有効にする
    $ sudo a2ensite aaa.example-ssl.conf
    $ sudo a2ensite www.aaa.example-ssl.conf
    $ sudo a2ensite www.bbb.example-ssl.conf
    ・設定反映
    $ sudo apachectl configtest
    $ sudo /etc/init.d/apache2 reload

  4. httpからhttpsへリダイレクトしていることを確認

  5. 証明書が正しく反映されていることを確認
    aaa.example-ssl.conf
    www.aaa.example-ssl.conf
    www.bbb.example-ssl.conf
    ともに特定のURLはccc.exampleにリダイレクトしない除外設定を仕込んで確認

  6. 証明書自動更新のシミュレーション
    $ sudo certbot renew --dry-run

  7. エラーが発生

dry runの実行結果

Saving debug log to /var/log/letsencrypt/letsencrypt.log

  • - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
    Processing /etc/letsencrypt/renewal/aaa.example.conf

  • - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
    Cert not due for renewal, but simulating renewal for dry run
    Plugins selected: Authenticator webroot, Installer None
    Renewing an existing certificate
    Performing the following challenges:
    http-01 challenge for aaa.example
    Waiting for verification...
    Cleaning up challenges
    Attempting to renew cert (aaa.example) from /etc/letsencrypt/renewal/aaa.example.conf produced an unexpected error: Failed authorization procedure. aaa.example (http-01): urn:ietf:params:acme:error:unauthorized :: The client lacks sufficient authorization :: Invalid response from https://ccc.example/ [xxx.xxx.xx.xxx]: "[ccc.exampleのindex.htmlの応答]". Skipping.

  • - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
    Processing /etc/letsencrypt/renewal/www.bbb.example.conf

  • - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
    Cert not due for renewal, but simulating renewal for dry run
    Plugins selected: Authenticator webroot, Installer None
    Renewing an existing certificate
    Performing the following challenges:
    http-01 challenge for www.bbb.example
    Cleaning up challenges
    Attempting to renew cert (www.bbb.example) from /etc/letsencrypt/renewal/www.bbb.example.conf produced an unexpected error: Missing command line flag or config entry for this setting:
    Input the webroot for www.bbb.example:. Skipping.

  • - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
    Processing /etc/letsencrypt/renewal/www.aaa.example.conf

  • - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
    Cert not due for renewal, but simulating renewal for dry run
    Plugins selected: Authenticator webroot, Installer None
    Renewing an existing certificate
    Performing the following challenges:
    http-01 challenge for www.aaa.example
    Waiting for verification...
    Cleaning up challenges
    Attempting to renew cert (www.aaa.co.example) from /etc/letsencrypt/renewal/www.aaa.example.conf produced an unexpected error: Failed authorization procedure. www.aaa.example (http-01): urn:ietf:params:acme:error:unauthorized :: The client lacks sufficient authorization :: Invalid response from https://ccc.example/ [xx.xxx.xxx.xxx]: "[ccc.exampleのindex.htmlの応答]". Skipping.
    All renewal attempts failed. The following certs could not be renewed:
    /etc/letsencrypt/live/aaa.example/fullchain.pem (failure)
    /etc/letsencrypt/live/www.bbb.example/fullchain.pem (failure)
    /etc/letsencrypt/live/www.aaa.example/fullchain.pem (failure)

  • - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
    ** DRY RUN: simulating 'certbot renew' close to cert expiry
    **          (The test certificates below have not been saved.)

All renewal attempts failed. The following certs could not be renewed:
/etc/letsencrypt/live/aaa.example/fullchain.pem (failure)
/etc/letsencrypt/live/www.bbb.example/fullchain.pem (failure)
/etc/letsencrypt/live/www.aaa.example/fullchain.pem (failure)
** DRY RUN: simulating 'certbot renew' close to cert expiry
**          (The test certificates above have not been saved.)

  • - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
    3 renew failure(s), 0 parse failure(s)

IMPORTANT NOTES:

  • The following errors were reported by the server:

Domain: aaa.example
Type:   unauthorized
Detail: Invalid response from https://ccc.example/
[xxx.xxx.xxx.xxx]: "[ccc.exampleのindex.htmlの応答]"

To fix these errors, please make sure that your domain name was
entered correctly and the DNS A/AAAA record(s) for that domain
contain(s) the right IP address.

  • The following errors were reported by the server:

Domain: www.aaa.example
Type:   unauthorized
Detail: Invalid response from https://ccc.example/
[xxx.xxx.xxx.xxx]: "[ccc.exampleのindex.htmlの応答]"

To fix these errors, please make sure that your domain name was
entered correctly and the DNS A/AAAA record(s) for that domain
contain(s) the right IP address.

  • Your account credentials have been saved in your Certbot
    configuration directory at /etc/letsencrypt. You should make a
    secure backup of this folder now. This configuration directory will
    also contain certificates and private keys obtained by Certbot so
    making regular backups of this folder is ideal.

対策したこと

aaa.example.conf
www.aaa.example.conf
www.bbb.example.conf
上記に対してサーバの認証で使用する(と思われる)pathをドキュメントルートに作成し、リダイレクトから除外してhttpで反応するようにした
除外PATH  /var/www/html/.well-known/acme-challenge/

→結果は変わらず

原因と思われること

証明書の取得でサーバ認証PATHに /var/www/html/ を指定したこと

リダイレクトの設定

aaa.example.conf
RewriteCond %{REQUEST_URI} !^/.well-known/acme-challenge/$
RewriteRule ^(.*)$ https://aaa.example$1 [R=301,L]

www.aaa.example.conf
RewriteCond %{REQUEST_URI} !^/.well-known/acme-challenge/$
RewriteRule ^(.*)$ https://www.aaa.example$1 [R=301,L]

www.bbb.example.conf
RewriteCond %{REQUEST_URI} !^/.well-known/acme-challenge/$
RewriteRule ^(.*)$ https://www.bbb.example$1 [R=301,L]

aaa.example-ssl.conf
RewriteCond %{REQUEST_URI} !^/check/$  ※証明書確認のための除外
RewriteRule ^(.*)$ https://ccc.example$1 [R=301,L]

www.aaa.example-ssl.conf
RewriteCond %{REQUEST_URI} !^/check/$  ※証明書確認のための除外
RewriteRule ^(.*)$ https://ccc.example$1 [R=301,L]

www.bbb.example-ssl.conf
RewriteCond %{REQUEST_URI} !^/check/$  ※証明書確認のための除外
RewriteRule ^(.*)$ https://ccc.example$1 [R=301,L]

apacheの設定

apache2.conf

DefaultRuntimeDir ${APACHE_RUN_DIR}
PidFile ${APACHE_PID_FILE}
Timeout 300
KeepAlive On
MaxKeepAliveRequests 100
KeepAliveTimeout 5
User ${APACHE_RUN_USER}
Group ${APACHE_RUN_GROUP}
HostnameLookups Off
ErrorLog ${APACHE_LOG_DIR}/error.log
LogLevel warn
IncludeOptional mods-enabled/*.load
IncludeOptional mods-enabled/*.conf
Include ports.conf
<Directory />
Options FollowSymLinks
AllowOverride None
Require all denied
</Directory>

<Directory /usr/share>
AllowOverride None
Require all granted
</Directory>

<Directory /var/www/>
Options Indexes FollowSymLinks
AllowOverride None
Require all granted
</Directory>
AccessFileName .htaccess
<FilesMatch "^\.ht">
Require all denied
</FilesMatch>
LogFormat "%v:%p %h %l %u %t \"%r\" %>s %O \"%{Referer}i\" \"%{User-Agent}i\"" vhost_combined
LogFormat "%h %l %u %t \"%r\" %>s %O \"%{Referer}i\" \"%{User-Agent}i\"" combined
LogFormat "%h %l %u %t \"%r\" %>s %O" common
LogFormat "%{Referer}i -> %U" referer
LogFormat "%{User-agent}i" agent
IncludeOptional conf-enabled/*.conf
IncludeOptional sites-enabled/*.conf

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • CHERRY

    2019/06/06 19:43

    それぞれのドメインの apache やリダイレクトの設定を記載していただけないでしょうか?

    また、ドメインは例示用ドメインを使用するようにしてください。

    キャンセル

  • sumagimo

    2019/06/07 09:57

    修正依頼ありがとうございます。
    修正、追記してみました。
    よろしくお願いいたします。

    キャンセル

回答 1

0

本来は、間違えたディレクトリを指定して発行した証明書を一度削除して、正しいディレクトリを指定して certbot によるSSL証明書を再度、新規発行することだと思います。

削除して作り直す以外の方法だと...

各ドメインの ^/.well-known$ をリダイレクトしないようにしておいて、次のどちらかの方法でしょうか。


(1) Apache で、 Alias を設定する。

certbot が、ドメインの存在確認ファイルを作成するディレクトリの /var/www/html/.well-known を Apache の バーチャルホスト設定の中で、Alias を設定して、 /.well-known に割り当てる。

Alias  /.well-known   /var/www/html/.well-known

(2)シンボリックリンク

certbot が、ドメインの存在確認ファイルを作成するディレクトリの /var/www/html/.well-known を各ドメインの DocumentRoot の中に .well-known という名前で、シンボリックリンクする

# cd aaa.exampleのDocumentRoot
# ln -s /var/www/html/.well-known/ .well-known


# cd aaa.exampleのDocumentRoot
ln -s /var/www/html/.well-known/ .well-known


# cd www.bbb.exampleのDocumentRoot
# ln -s /var/www/html/.well-known/  .well-known

他にも

http 認証をやめて、DNS 認証にする

という方法もあります。

興味があれば Challenge Types を読んで試してみてください。

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/06/07 15:21

    回答ありがとうございます。

    >本来は、間違えたディレクトリを指定して発行した証明書を一度削除して、正しいディレクトリを指定して certbot によるSSL証明書を再度、新規発行することだと思います。

    はい、原因は証明書発行時のPATHにあるのではないかと思っていますので、最終手段としては試そうと思っています。

    シンボリックリンクは検証してみます。
    検証結果は追って報告いたします。

    ありがとうございます。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.93%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る