質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.65%

Google APIのサービスアカウントキーによるOauth認証が出来ない

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 2
  • VIEW 953

ikki

score 11

前提・実現したいこと

Google Cloud Functions でメールの自動返信BOTを作ろうと思い以下のコードを実行しましたが、Oauth認証でbad request error が返って来ます。
クライアントIDによる認証(run_flowでcodeを手入力しました)は出来たのですが サービスアカウントキーを使用する認証ができませんでした。
*当質問はG suiteサービス未利用でもGmail API にサービスキーでアクセスができるだろうという、私の誤解が前提で書かれています。ご回答いただきまして、前提自体が誤りであることがわかりました

環境

  • WindowsのAtomで実行(Scriptパッケージで実行してます…)
  • 下記コードのエラー結果は上記ローカル環境によるものです
  • クラウドサービスの動作テストは全てGoogle Cloud Platform の同一プロジェクト内で行っています
    - Gsuiteサービスは利用しておりません。 個人利用アカウントで実行しています

ファイル構成
-main.py
-requirements.txt
-project.json

試したこと

  • クライアントID認証コードでcloud Functions にデプロイして途中まで動作したことを確認しました
    (jasonトークンを上書き出来ませんと言われました)

  • サービスアカウントキーをcloud storage に保存するプログラムをcloud Functionsデプロイしてサービスアカウントキーが保存できることを確認しました

  • キー発行アカウントにAPI管理者とAPI閲覧者の権限を付けました
    (同一アカウントにストレージ管理者の権限も与えcloud storage の認証も受けています)

コード

main.py

os.environ["GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS"]='project.json'

from google.oauth2 import service_account
import googleapiclient.discovery


def run_m():
    SCOPES = ['https://www.googleapis.com/auth/gmail.readonly',
              'https://www.googleapis.com/auth/gmail.compose',
              'https://www.googleapis.com/auth/gmail.labels']
    json_file = 'project.json'
    credentials = service_account.Credentials.from_service_account_file(json_file, scopes=SCOPES)
    delegated_credentials = credentials.with_subject('"****t@******.com"')
    service = googleapiclient.discovery.build('gmail', 'v1', credentials=credentials)
    request = {'labelIds': ['Label_4501394728387839841'],
               #'labelFilterAction' : "include",
               'topicName': 'mytopic'}
    res = service.users().watch(userId='me', body=request).execute()


project.json

{
  "type": "service_account",
  "project_id": "project",
  "private_key_id": "******************",
  "private_key": "-----BEGIN PRIVATE KEY-----\********\n-----END PRIVATE KEY-----\n",
  "client_email": "****t@******.com",
  "client_id": "***********",
  "auth_uri": "https://accounts.google.com/o/oauth2/auth",
  "token_uri": "https://oauth2.googleapis.com/token",
  "auth_provider_x509_cert_url": "https://www.googleapis.com/oauth2/v1/certs",
  "client_x509_cert_url": "https://www.googleapis.com/robot/v1/metadata/x509/account%40project.iam.gserviceaccount.com"
}

エラー

Traceback (most recent call last):
File "C:\Users\user\deploy\main.py", line 38, in <module>
run_m()
File "C:\Users\user\deploy\main.py", line 31, in run_m
res = service.users().watch(userId='me', body=request).execute()
File "C:\Users\user\AppData\Local\Programs\Python\Python37\lib\site-packages\googleapiclient\_helpers.py", line 130, in positional_wrapper
return wrapped(*args, **kwargs)
File "C:\Users\user\AppData\Local\Programs\Python\Python37\lib\site-packages\googleapiclient\http.py", line 851, in execute
raise HttpError(resp, content, uri=self.uri)
googleapiclient.errors.HttpError: <HttpError 400 when requesting https://www.googleapis.com/gmail/v1/users/me/watch?alt=json returned "Bad Request">
[Finished in 5.113s]

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • YasuhiroNiji

    2019/06/05 21:51 編集

    Gmail側の設定が必要だと思われます。G Suite 全体を対象にしたいということで回答しています。

    キャンセル

  • ikki

    2019/06/06 09:46

    YasuhiroNiji様
    早速のご回答ありがとうございます。説明不足で申し訳ありません。
    こちらは一般アカウントでG Suiteサービスを利用しておりません。
    当方の理解度不足で申し訳ないのですが、ドキュメント内容を『サービス利用者以外は権限委任操作は不要』と解釈しておりました。
    Gmail API にサービスキーでアクセスするにはG suite利用必須、ということなのでしょうか?
    上記を踏まえ『G Suite 全体を対象にしたい』というご要望にどう対応させて頂ければよいか、誘導いただけると助かります。
    よろしくお願いいたします。

    キャンセル

  • YasuhiroNiji

    2019/06/06 13:07

    Gmail API にサービスキーでアクセスするにはG suite 利用必須です。

    キャンセル

回答 1

checkベストアンサー

+1

Google アカウントの Gmail の場合や G suite の場合でも特定のメールアドレスだけであれば、クライアントIDによる認証で、アプリパスワードを使うとトークンを保存する必要がなくなるので、今回の質問のケースでも対応できます。「安全性の低いアプリのアクセス」を許可することでも対応できるのですが、アプリパスワードを使った方がセキュリティ面ではベターです。

アプリパスワードを使うためには、まず、Google アカウントの「セキュリティ」のページで、2段階認証プロセスをオンにします。「アプリ パスワード」の項目が表示されるので、そこから生成できます。

イメージ説明

Google cloud のサービスキーを使用する場合は、G Suite が必須になり。概ね以下の作業が必要になると思います。

  1. Google Cloud のサービスアカウントの設定で、「G Suite 全体の委任を有効にする」にチェックを入れる。

  2. G Suite の「管理」の「セキュリティ」の「API クライアント アクセスを管理する」という画面で、クライアントID と 必要な API スコープを登録する。

公式マニュアル

公式マニュアルは、わかりにくいので、次のページも参考にするといいと思います。
qiita: サービスアカウントで認証してGMail APIでメール送信(Java)

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/06/06 09:57

    YasuhiroNiji様
    早速のご回答、ありがとうございます。
    説明不足で申し訳ありません。こちらは一般アカウントでG Suiteサービスを利用しておりません。
    G suite 利用が必須であれば、そもそも質問が的外れでしたね。。。。。
    クライアントIDによる認証を使いたいのですが、Cloud unctions のデプロイされたディレクトリは追記ができないようで、tokenの書き出しが厄介でした。
    やはりクライアントIDを使用して都度Cloud Storage 等に書き出す方法が一番いいのでしょうか?

    キャンセル

  • 2019/06/06 10:15

    YasuhiroNiji様
    『クライアントIDによる認証で、アプリパスワードを使った方法』
    確認してみます! ご提案、ありがとうございます。

    キャンセル

  • 2019/06/06 13:46

    回答の方を修正しておきました。

    キャンセル

  • 2019/06/06 16:37

    YasuhiroNiji様
    ご回答、確認させて頂きました。
    素人の質問にご丁寧に誘導頂き、大変感謝申し上げます。
    頂いた回答にて当方の疑問はすべて解消し、実現したいことも実現できますので、YasuhiroNiji様の回答をベストアンサーにさせて頂きます。
    ありがとうございました。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.65%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

同じタグがついた質問を見る