質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.01%

TwitterのOAuth認証について

解決済

回答 2

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 396

PHPでOAuth認証をしてDMの情報を取得しようとしているのですが、わからないことがあったので質問させてください、

本来下記のような実装を考えていました。

  1. ページAからlogin.phpへリンク
  2. リクエストトークンを取得する。(login.php)
  3. リクエストトークンをURLのパラメータに付けて、Twitter認証画面へリダイレクトする。(login.php)
  4. ユーザが認証許可すると「Callback URL」で指定したファイル(callback.php)にリダイレクトされる。その際に、oauth_tokenとoauth_verifierがURLのパラメータに付けられている。
  5. 3で取得したパラメータ等の値を元にアクセストークンを取得する。(callback.php)
  6. アクセストークンを元にDMの情報を取得してsessionに入れる。(callback.php)
  7. ページAに戻って表示をさせる

この場合にcallback.phpを挟まずにTwitter ApplicationのCallback URLでページAを指定してもいいのでしょうか?

その際ページAにoauth_tokenとoauth_verifierがURLのパラメータに付いた状態で戻ってくるのですが、これはセキュリティ的に問題があったりしますでしょうか?
callback.phpを挟んでわざわざSESSIONに保存させなくても、ページA内でやればいいかなと思いました。

もし知っている方がいれば教えていただきたいです。

よろしくお願いいたします。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 2

checkベストアンサー

0

「Callback URL」自体はcallback.phpでもページAでも構わないと思います。

ただ、callback.phpだと即リダイレクトするからパラメータが見えにくい、というのと、
直接ページAに戻すとコールバックを受ける側の処理が複雑じゃないかな、という部分はあります。

直接ページAを指定しても、callback.phpを経由しても
oauth_tokenとoauth_verifierのパラメータはブラウザのレスポンスとしては出るので
セキュリティ的には大差ないんじゃないかと思います。


コールバックURL内の処理は

  • コールバックURLに渡されるパラメータのoauth_tokenと、login.phpでセッション保存していたリクエストトークンが一致するかをチェック
  • login.phpで保存したリクエストトークンとリクエストトークン・シークレットをセッションから削除
  • リクエストトークンとコールバックURLに渡ってきたパラメータを使って、
    アクセストークン / アクセストークン・シークレットをAPIで取得
  • その後の処理で使用するのであれば、アクセストークン / アクセストークン・シークレットをセッション保存

あたりになるかと思います。

かつ、これらの処理は通常コールバックURLでしかやらないような処理なので、
別URLのほうが何かと作りやすいのかなと。
アプリ側の設定も必要だからコールバックURLは変更しづらいですし。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

0

そのトークン等の秘密情報を盗まれないために中継ページ(というか画面出力伴わないので中継プログラム)で受け取ってページAにリダイレクトをかけているのだと理解します。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.01%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる