質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.97%

Permission denied - connect(2)の解決方法を教えていただけないでしょうか?

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 486

koume

score 156

Capistrano3でデプロイのトライ中です。
sockファイルとpidファイルのところで様々なエラーで困っています。
デプロイ中のエラーは以下になります。

log/unicorn.log

I, [2019-05-10T10:31:46.865146 #15282]  INFO -- : Refreshing Gem list
F, [2019-05-10T10:31:50.271210 #15282] FATAL -- : error adding listener addr=/var/run/unicorn.sock
bundler: failed to load command: unicorn (/usr/share/nginx/html/shared/bundle/ruby/2.3.0/bin/unicorn)
Errno::EACCES: Permission denied - connect(2) for /var/run/unicorn.sock
/var/log/nginx/error.log

2019/05/10 11:22:56 [crit] 13780#13780: *2786 connect() to unix:/var/run/unicorn.sock failed (2: No such file or directory) while connecting to upstream, client: 209.17.97.74, server: localhost, request: "GET / HTTP/1.1", upstream: "http://unix:/var/run/unicorn.sock:/", host: "XXXX-XXXX.com"
2019/05/10 11:51:07 [notice] 19265#19265: signal process started

ファイルが無いとエラーが出ています。


パーミッションのエラーみたいなので$ ls -l /var/run/unicorn.sockで確認しようとすると
ls: cannot access /var/run/unicorn.sock: No such file or directoryとなり
どうやらファイルが作成されていないようです。

Nginxとunicornの設定は以下のようにしています。

config/unicorn/production.rb

ワーカーの数。後述
  $worker  = 2
#何秒経過すればワーカーを削除するのかを決める
  $timeout = 30
#自分のアプリケーション名、currentがつくことに注意。
  $app_dir = "/usr/share/nginx/html/current"
#リクエストを受け取るポート番号を指定。後述
  listen "/var/run/unicorn.sock"
  pid "/var/run/unicorn.pid"

#PIDの管理ファイルディレクトリ
  #$pid     = File.expand_path 'tmp/pids/unicorn.pid', $app_dir
#エラーログを吐き出すファイルのディレクトリ
  $std_log = File.expand_path 'log/unicorn.log', $app_dir
  $err_log = File.expand_path 'log/unicorn.log', $app_dir

# 上記で設定したものが適応されるよう定義
  worker_processes  $worker
  working_directory $app_dir
  #stderr_path $std_log
  stderr_path $err_log
  stdout_path $std_log
  timeout $timeout
  listen  $listen
  pid $pid

#ホットデプロイをするかしないかを設定
  preload_app true

root = "/usr/share/nginx/html/current"

before_exec do |server|
  ENV['BUNDLE_GEMFILE'] = "#{root}/Gemfile"
end


#fork前に行うことを定義。後述
  before_fork do |server, worker|
    defined?(ActiveRecord::Base) and ActiveRecord::Base.connection.disconnect!
    old_pid = "#{server.config[:pid]}.oldbin"
    if old_pid != server.pid
      begin
        sig = (worker.nr + 1) >= server.worker_processes ? :QUIT : :TTOU
        Process.kill :QUIT, File.read(old_pid).to_i
      rescue Errno::ENOENT, Errno::ESRCH
      end
    end
  end

#fork後に行うことを定義。後述
  after_fork do |server, worker|
    defined?(ActiveRecord::Base) and ActiveRecord::Base.establish_connection
  end
lib/capistrano/taske/unicorn.rb

#unicornのpidファイル、設定ファイルのディレクトリを指定
namespace :unicorn do
  task :environment do
    set :unicorn_pid,   "/var/run/unicorn.pid"
    set :unicorn_config, "#{current_path}/config/unicorn/production.rb"
  end

#unicornをスタートさせるメソッド
  def start_unicorn
    within current_path do
      execute :bundle, :exec, :unicorn, "-c #{fetch(:unicorn_config)} -E #{fetch(:rails_env)} -D"
    end
  end

#unicornを停止させるメソッド
  def stop_unicorn
    execute :kill, "-s QUIT $(< #{fetch(:unicorn_pid)})"
  end

#unicornを再起動するメソッド
  def reload_unicorn
    execute :kill, "-s USR2 $(< #{fetch(:unicorn_pid)})"
  end

#unicronを強制終了するメソッド
  def force_stop_unicorn
    execute :kill, "$(< #{fetch(:unicorn_pid)})"
  end

#unicornをスタートさせるtask
  desc "Start unicorn server"
  task start: :environment do
    on roles(:app) do
      start_unicorn
    end
  end

#unicornを停止させるtask
  desc "Stop unicorn server gracefully"
  task stop: :environment do
    on roles(:app) do
      stop_unicorn
    end
  end

#既にunicornが起動している場合再起動を、まだの場合起動を行うtask
  desc "Restart unicorn server gracefully"
  task restart: :environment do
    on roles(:app) do
      if test("[ -f #{fetch(:unicorn_pid)} ]")
        reload_unicorn
      else
        start_unicorn
      end
    end
  end

#unicornを強制終了させるtask 
  desc "Stop unicorn server immediately"
  task force_stop: :environment do
    on roles(:app) do
      force_stop_unicorn
    end
  end
end
/etc/nginx/conf.d/https.conf

upstream app_server {
    server unix:/var/run/unicorn.sock;
}

map $http_upgrade $connection_upgrade {
        default upgrade;
        ''      close;
}
server {
        listen 443 ssl http2;
        server_name wonder-gate.com;

        access_log  /var/log/nginx/access.log;
        error_log   /var/log/nginx/error.log;

        location / {
                root   /usr/share/nginx/html/current/public;
                index  index.html index.htm;
                try_files   $uri/index.html $uri @app;
        }

        ssl_protocols TLSv1.2;
        ssl_ciphers EECDH+AESGCM:EECDH+AES;
        ssl_ecdh_curve prime256v1;
        ssl_prefer_server_ciphers on;
        ssl_session_cache shared:SSL:10m;

        ssl_certificate /etc/letsencrypt/live/wonder-gate.com/fullchain.pem;
upstream app_server {
        ssl_certificate_key /etc/letsencrypt/live/wonder-gate.com/privkey.pem;

        #error_page   500 502 504  /50x.html;
        #location = /50x.html {
                #root   /usr/share/nginx/html;
        #}

        proxy_connect_timeout 130;
        proxy_read_timeout    130;
        proxy_send_timeout    130;

        client_max_body_size 2G;
        error_page  404              /404.html;
        error_page  500 502 504  /500.html;
        #try_files   $uri/index.html $uri @app;

        location @app {
            proxy_set_header X-Real-IP $remote_addr;
            proxy_set_header X-Forwarded-For $proxy_add_x_forwarded_for;
            proxy_set_header Host $http_host;
            proxy_pass http://app_server;
        }

        set $maintenance false;
        if (-e /var/tmp/do_maintenance) {
            set $maintenance true;
        }
        if ($uri ~ "^/maintenance/") {
            set $maintenance false;
        }

        if ($remote_addr = 153.126.131.89) {
            set $maintenance false;
        }
        error_page 503 /maintenance/maintenance.html;
        location /maintenance/ {
            root /var/www;
        }
        if ($maintenance = true) {
            return 503;
        }
}


Nginxの設定の部分の
upstream app_server {
server unix:/var/run/unicorn.sock;
}
のところでファイルが作成されると思っていたのですが違うのでしょうか?
デプロイ中に/var/run/unicorn.sockのファイルが作成されれば、また違う展開になると思うのですがどなかたご教授お願いできませんでしょうか?
また/ver/run/unicorn.pidファイルも作成されていません。

宜しくお願いいたします。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • otn

    2019/05/10 12:50

    rootで実行していますか?
    /ver/runはrootしか更新できないのが普通です。

    キャンセル

  • koume

    2019/05/10 13:03

    回答ありがとうございます。
    初心者なので、変な質問だと思いますがrootで実行していますか?がよくわからないのですが
    一般ユーザーでデプロイしているところをroot でデプロイを実行するということなのでしょうか?
    たとえば
    $ bundle exec cap production deploy を # bundle exec cap production deployで行うでしょうか?

    キャンセル

回答 1

checkベストアンサー

0

unicornは詳しくわからないのですが

unicorn起動の際に該当ディレクトリに適切な権限がなくファイル作成できていない
→unicornが起動していない と予想されます

下記に「root権限でunicornを実行」があるので参考になさってください
Rails + unicorn + nginx でWeb Serverを起動させるときにはまった話。

Nginxの設定の部分の
upstream app_server {
server unix:/var/run/unicorn.sock;
}
のところでファイルが作成されると思っていたのですが違うのでしょうか?

この設定は、unicornが作ったソケットを使うよ。という設定なので、ファイル生成はこのタイミングではありません。unicorn起動時となります。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/05/12 21:47

    回答ありがとうございます。
    unicorn.sockのファイルの置き場所を/var/run から /usr/share/nginx/html/current/tmpの下に置いて
    解決しました。
    今後とも宜しくお願いします。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.97%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる