質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.10%

[swift] searchBarに何も入力されていない時tableViewを消したい

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 758

Tajiko

score 12

前提・実現したいこと

検索された場所を基準として特定の施設を検索できるiPhone用アプリを作っています。
下記のiOSのマップように、searchbarをタップし地名などを入れると検索候補がtableViewで表示され、
searchBarがキャンセルボタン押下で空欄になったりキーボードで文字を削除して空欄になったりしたときにはtableViewを削除したいのですが、うまく行きません。
キャンセルボタンをおしたとき、一度searchBarに入力した単語を削除したときにtableViewを消すにはどうしたら良いのでしょうか。

![イメージ説明]

発生している問題・エラーメッセージ

現状はこのように、searchBarが空欄でもtableViewが残ってしまいます。
イメージ説明

該当のソースコード

import UIKit
import MapKit

var tableView: UITableView!

class ViewController: UIViewController, UISearchBarDelegate, MKMapViewDelegate, MKLocalSearchCompleterDelegate {

    @IBOutlet weak var mapView: MKMapView!
    @IBOutlet weak var searchBar: UISearchBar!

    var locationManager: CLLocationManager?
    var annotationArray: [CustomAnnotation] = []
    var completer =  MKLocalSearchCompleter()

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()

        self.mapView.delegate = self
        searchBar.delegate = self

        completer.delegate = self
        completer.filterType = .locationsOnly
    }


    //キーボードの検索ボタンクタップ時に呼ばれるメソッド
    func searchBarSearchButtonClicked(_ searchBar: UISearchBar) {
        //キーボードを閉じる
        searchBar.resignFirstResponder()
        //キャンセルボタンの表示
        searchBar.setShowsCancelButton(false, animated: true)

        //入力された文字を取り出す
        if let searchKey = searchBar.text {
            //入力された文字をデバッグに表示
            print(searchKey)

            //CLGeocoderインスタンスを取得
            let geocoder = CLGeocoder()

            //入力された文字から位置情報を取得しマップにアノテーションを表示する処理。省略。

                            //データベースを検索するメソッドを行う
                            self.searchDB(keyword: searchKey)
    }


    //jsonの中身を受け取るデータ構造
    struct Databaser: Codable {
     // 省略
    }

    //データベースを検索するメソッド
    func searchDB (keyword: String) {
        //省略
    }

    //アノテーションビューを返すメソッド
    func mapView(_ mapView: MKMapView, viewFor annotation: MKAnnotation) -> MKAnnotationView? {
        //省略
    }
}

extension ViewController: UITableViewDelegate, UITableViewDataSource {

    func searchBar(_ searchBar: UISearchBar, textDidChange searchText: String) {

        let tableView = UITableView(frame: CGRect(x: 32, y: 120, width: view.frame.width - 100, height: view.frame.height / 3))
        tableView.register(UITableViewCell.self, forCellReuseIdentifier: "data")
        tableView.separatorStyle = .none
        tableView.delegate = self
        tableView.dataSource = self
        tableView.tableFooterView = UIView()

        if searchBar.text != "" {
            self.view.addSubview(tableView)
        } else {
            tableView.removeFromSuperview()
        }

        searchBar.setShowsCancelButton(true, animated: true)
    }

    //入力に変更があった際に呼び出されるメソッド.
    func searchBar(_ searchBar: UISearchBar, shouldChangeTextIn range: NSRange, replacementText text: String) -> Bool {
        guard let text = searchBar.text else { return false }
        completer.queryFragment = text
        return true
    }

    func tableView(_ tableView: UITableView, heightForRowAt indexPath: IndexPath) -> CGFloat {

        tableView.estimatedRowHeight = 20 
        return UITableView.automaticDimension
    }

    //tableViewが何行か決めるメソッド
    func tableView(_ tableView: UITableView, numberOfRowsInSection section: Int) -> Int {
        return completer.results.count
    }

    //tableViewのセルの内容を決めるメソッド
    func tableView(_ tableView: UITableView, cellForRowAt indexPath: IndexPath) -> UITableViewCell {
        let identifier = "Cell"
        var cell = tableView.dequeueReusableCell(withIdentifier: identifier)

        if (cell == nil) {
            cell = UITableViewCell(style: .default, reuseIdentifier: identifier)
        }

        cell?.textLabel?.text = completer.results[indexPath.row].title
        return cell!
    }

    // セルを選択したときのメソッド
    private func tableView(tableView: UITableView, didSelectRowAtIndexPath indexPath: NSIndexPath) {

    }

    // キャンセルボタンタップ時に呼び出されるメソッド.
    func searchBarCancelButtonClicked(_ searchBar: UISearchBar) {
        searchBar.resignFirstResponder()
        searchBar.setShowsCancelButton(false, animated: true)
        searchBar.removeFromSuperview()
    }
}
修正後
import UIKit
import MapKit

class ViewController: UIViewController, UISearchBarDelegate, MKMapViewDelegate, UITableViewDelegate, UITableViewDataSource,MKLocalSearchCompleterDelegate {

    @IBOutlet weak var mapView: MKMapView!
    @IBOutlet weak var searchBar: UISearchBar!
    @IBOutlet weak var tableView: UITableView!
    var locationManager: CLLocationManager?
    var annotationArray: [CustomAnnotation] = []
    var completer =  MKLocalSearchCompleter()

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        //省略

        searchBar.delegate = self
        tableView.delegate = self
        tableView.dataSource = self
        tableView.isHidden = true
        completer.delegate = self
        completer.filterType = .locationsOnly
    }



    func searchBar(_ searchBar: UISearchBar, textDidChange searchText: String) {

        if searchBar.text != "" {
            tableView.isHidden = false
        } else {
            tableView.isHidden = true
        }

        searchBar.setShowsCancelButton(true, animated: true)
    }

    func searchBarSearchButtonClicked(_ searchBar: UISearchBar) {
        //キーボードを閉じる
        searchBar.resignFirstResponder()
        //キャンセルボタンの表示
        searchBar.setShowsCancelButton(false, animated: true)

        //入力された文字を取り出す
        if let searchKey = searchBar.text {
            //入力された文字をデバッグに表示
            print(searchKey)

            //CLGeocoderインスタンスを取得
            let geocoder = CLGeocoder()
            //入力された文字列から位置情報を取得してアノテーションで表示する処理。省略。
        }
    }

    //入力に変更があった際に呼び出されるメソッド.
    func searchBar(_ searchBar: UISearchBar, shouldChangeTextIn range: NSRange, replacementText text: String) -> Bool {
        guard let text = searchBar.text else { return false }
        completer.queryFragment = text
        return true
    }

    // キャンセルボタンタップ時に呼び出されるメソッド.
    func searchBarCancelButtonClicked(_ searchBar: UISearchBar) {
        searchBar.setShowsCancelButton(false, animated: true)
        tableView.isHidden = true
    }

    //tableViewが何行か決めるメソッド
    func tableView(_ tableView: UITableView, numberOfRowsInSection section: Int) -> Int {
        return completer.results.count
    }

    //セルの内容を設定するメソッド
    func tableView(_ tableView: UITableView, cellForRowAt indexPath: IndexPath) -> UITableViewCell {
        let identifier = "Cell"
        var cell = tableView.dequeueReusableCell(withIdentifier: identifier)

        if (cell == nil) {
            cell = UITableViewCell(style: .default, reuseIdentifier: identifier)
        }

        cell?.textLabel?.text = completer.results[indexPath.row].title
        return cell!
    }

    func tableView(_ tableView: UITableView, heightForRowAt indexPath: IndexPath) -> CGFloat {
        tableView.estimatedRowHeight = 20
        return UITableView.automaticDimension
    }

    // セルを選択したときのメソッド
    private func tableView(tableView: UITableView, didSelectRowAtIndexPath indexPath: NSIndexPath) {

    }

}

試したこと

searchBarに文字が何かしら文字が入力されている時はaddSubviewでtableViewを表示し、
何も入力されていない時はremoveFromSuperview()すればいいのかと思いifで分岐してみましたがうまくいきませんでした。

補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

こちらを参考にここまで作りました。
https://github.com/hanawat/local-search-completer

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

0

テーブルそのものを非表示にしたいならtableView.isHhidden = true
セルを非表示(というかクリア)したいなら、resultsを空っぽにしてテーブルをリロードして下さい。

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/05/09 17:09

    さっそくご回答いただきありがとうございます。

    お教えいただいた通りキャンセルボタンを押した時にテーブルを消したいので searchBarCancelButtonClickedメソッドの中で
    tableView.isHidden = true としたのですがエラーが出てしまいました。

    エラー:
    Ambiguous reference to member 'tableView(_:heightForRowAt:)'

    エラーの解釈は、
    searchBarに何かしら単語が入力されてからtableVeiwを作ればいいと考えていたため
    tableViewをインスタンス化するのを
    func searchBar(_ searchBar: UISearchBar, textDidChange searchText: String)
    の中に書いてしまっています。なのでtableViewという変数がsearchBarCancelButtonClickedでは認識できない、という解釈で合っていますいますでしょうか。

    また、上記の解釈で合っている場合は、tableViewを生成する記述を他の場所に書く(例えば、他のクラスに書くなど?)した方がよいということでしょうか。

    キャンセル

  • 2019/05/09 17:42 編集

    認識していないのではなく、グローバル変数のtableViewを参照しようとしてエラーになっているようですね。(理由は分かりません)

    ひとまず現状でおかしな点を修正しましょう。

    ・グローバル変数のtableViewをインスタンス変数に変更する。
    ・テーブルビューの生成時/参照時はそのインスタンス変数を使うようにする。
    ・テーブルビューの生成はサーチバーの生成時に。
    ・searchBar(_:textDidChange:)の中では、表示/非表示の切り替えだけおこなう。
    ・searchBarCancelButtonClicked(_:) は、そのExtensionに入れるべきではない。(これはオマケです)

    ちゃんとソース全体を見ていないので、細かいところはご自分で適宜修正をお願いします。

    キャンセル

  • 2019/05/09 22:28

    ありがとうございます。

    グローバル変数をやめ、storyboard上にTableViewを配置し、isHiddenで表示非表示をそれぞれのメソッドで設定しました。また、ectensionをやめ普通にViewControllerの中に全てのメソッドを入れました。そうしましたらtableViewについてはサーチバーに文字が入力されている時だけ表示され、文字が何もない時はひい表示にすることができました。ありがとうございます。

    しかし、今度はtableViewに検索候補地が表示されなくなってしまいました。

    重ね重ね大変申し訳ないのですが、修正後のコードを本文に追加いたしましたのでもう一度ご指導いただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

    キャンセル

  • 2019/05/09 22:38

    申し訳ございません。22:28のコメントは私の凡ミスにより発生しているものでした。
    無事解決いたしました。
    fuzzball様、いつもありがとうございます。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.10%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

同じタグがついた質問を見る