質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.22%

sobelフィルタの実装

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 237

esodermaso

score 9

前提・実現したいこと

(カラー)ppm画像を(白黒)pgm化した後、その画像を濃度やガンマ変換、エッジ検出やSobel,ラプラシアンフィルタでpgm画像で様々な変換を行おうとしたプログラムを作っています。
Sobelフィルタを実装中に以下のエラーメッセージが発生しました。

発生している問題・エラーメッセージ

Sobel(eage7)のみ、実装しようとした場合に上手く変換されず、宣言(case7)を入れなおす度に『多すぎる、少なすぎる』となり、エラーでコンパイル出来ません。

エラーメッセージ


コンパイル時「関数が多すぎる、sqrt関数が互換性がない、関数が少なすぎる」等

該当のソースコード

#define _CRT_SECURE_NO_WARNINGS

#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
#include <math.h>
/* 関数のプロトタイプ宣言 */
unsigned char *read_ppm(char *fname, int *width, int *height);
void save_pgm(char *fname, unsigned char *gray, int width, int height);
void trans(unsigned char *src, unsigned char *out, int width, int height, int g[]);
void edge5(unsigned char *src, unsigned char *out, int width, int height, int threshold);
void edge6(unsigned char *src, unsigned char *out, int width, int height, int threshold);
void edge7(unsigned char *src, unsigned char *out, int width, int height, int threshold, double sqrt);
void edge8(unsigned char *src, unsigned char *out, int width, int height, int threshold);
int main(int argc, char* argv[])
{
int width, height; /* 入力画像のサイズ */
unsigned char *src, *out; /* 白黒画像:それぞれ入力用と出力用に対応 */
int f; /* 入力の画素値(入力:図 1 の横軸に相当) */
int g[256] = {0}; /* 出力の画素値(出力:図 1 の縦軸に相当) */
int f_L = 0, f_H = 20; /* 適切に値を変更 : 必ず f_L < f_H とすること */
double gamma = 5;
int kadai = 0; /* 課題番号 : 実行ファイルの引数で値を指定 <== argv[3][0] (一文字) */
int threshold = 200;/* 入力ファイル名 <== argv[1], 出力ファイル名 <== argv[2] */
if(argc != 4){
printf("usage: %s <source-image.ppm> <output-image.pgm> <kadai No.>\n", argv[0]);
return 0;
}                                                        
                                                                                           /* 課題番号 */
kadai = argv[3][0] - '0';                                                                  /* 1 文字目を数値化 */
                                                                                           /* カラー画像のファイルを白黒化して読み込み */
src = read_ppm(argv[1], &width, &height);
if(kadai == 1){     /* 白黒化した入力画像の保存 */
save_pgm(argv[2], src, width, height);
free(src);
return 0;
}

/* 出力画像バッファの作成 */
out = (unsigned char *)malloc(width * height);
switch(kadai){
case 2: /* 濃度変換 : 白黒反転 */
for(f = 0; f <= 255; f++){
g[f] = 255 - f; /* ルックアップテーブル */
}
/* 濃度変換関数を用いた変換 */
trans(src, out, width, height, g);
break;
case 3: /* 濃度変換 : 図 1 */
for(f = 0; f < f_L; f++){
g[f] = 0; /* ルックアップテーブル */
}
for(f = f_L; f < f_H; f++){
g[f] = (int)(255.0 / (f_H - f_L) * (f - f_L) + 0.5); /* ルックアップテーブル */
}
for(f = f_H; f <= 255; f++){
g[f] = 255; /* ルックアップテーブル */
}
/* 濃度変換関数を用いた変換 */
trans(src, out, width, height, g);
break;
case 4: /* 濃度変換 : ガンマ変換 */
for(f = 0; f <= 255; f++){
g[f] = (int)(255.0*pow(f / 255.0, 1.0 / gamma) + 0.5); /* ルックアップテーブル */
}
/* 濃度変換関数を用いた変換 */
trans(src, out, width, height, g);
break;
case 5: /* エッジ検出 : 図 2(a) */
edge5(src, out, width, height, 50);
break;
case 6: /* エッジ検出 : 図 2(b) */
edge6(src, out, width, height, 50);
break;
case 7: /* エッジ検出 : sobel */
edge7(src, out, width, height, threshold,50);
break;
case 8: /* エッジ検出 : ラプラシアン */
edge8(src, out, width, height, 50);
break;
default:
fprintf(stderr, "正しい課題番号を指定してください!\n");
free(src);
free(out);
return -1;
}
/* 出力画像の保存 */
save_pgm(argv[2], out, width, height);
free(src);
free(out);
return 0;
}
void trans(unsigned char *src, unsigned char *out, int width, int height, int g[])
{
int x, y, i;
for(y = 0; y < height; y++){
for(x = 0; x < width; x++){
i = width * y + x;
out[i] = g[src[i]];
}
}
return;
}
void edge5(unsigned char *src, unsigned char *out, int width, int height, int threshold)
{
int x, y, i, val;
int op[9] = {-1, 0, 1, -2, 0, 2, -1, 0, 1};
/* 上下左右の縁 */
for(x = 0; x < width; x++){
out[x] = 0; /* 上端 */
out[width*(height-1) + x] = 0; /* 下端 */
}
for(y = 1; y < height-1; y++){
out[width * y] = 0; /* 左端 */
out[width * y + width-1] = 0; /* 右端 */
}
/* 内側の処理 */
for(y = 1; y < height-1; y++){
for(x = 1; x < width-1; x++){
i = width * y + x;
val = op[0] * src[i - width -1] + op[1] * src[i - width] + op[2] * src[i - width + 1] +
op[3] * src[i -1] + op[4] * src[i ] + op[5] * src[i + 1] +
op[6] * src[i + width -1] + op[7] * src[i + width] + op[8] * src[i + width + 1];
/* 2 値化 */
if(val >= threshold)
out[i] = 255;
else
out[i] = 0;
}
}
return;
}
void edge6(unsigned char *src, unsigned char *out, int width, int height, int threshold)
{
int x, y, i, val;
int op[9] = {-1, -2, -1, 0, 0, 0, 1, 2, 1};
/* 上下左右の縁 */
for(x = 0; x < width; x++){
out[x] = 0; /* 上端 */
out[width*(height-1) + x] = 0; /* 下端 */
}
for(y = 1; y < height-1; y++){
out[width * y] = 0; /* 左端 */
out[width * y + width-1] = 0; /* 右端 */
}
/* 内側の処理 */
for(y = 1; y < height-1; y++){
for(x = 1; x < width-1; x++){
i = width * y + x;
val = op[0] * src[i - width -1] + op[1] * src[i - width] + op[2] * src[i - width + 1] +
op[3] * src[i -1] + op[4] * src[i ] + op[5] * src[i + 1] +
op[6] * src[i + width -1] + op[7] * src[i + width] + op[8] * src[i + width + 1];
/* 2 値化 */
if(val >= threshold)
out[i] = 255;
else
out[i] = 0;
}
}
return;
}
void edge7(unsigned char *src, unsigned char *out, int width, int height, int threshold, double sqrt) {
    /* 内側の処理 : 端の処理はテキスト C-1.pdf 参照 */
    int x = 0, y = 0, i = 0;
    double val = 0.0, fx = 0.0, fy = 0.0;
    double fxa[9] = { -1.0,0.0,1.0,-2.0,0.0,2.0,-1.0,0.0,1.0 };
    double fyb[9] = { -1.0,0.0,1.0,-2.0,0.0,2.0,-1.0,0.0,1.0 };
    /* 上下左右の縁 */
    for (x = 0; x < width; x++) {
        out[x] = 0; /* 上端 */
        out[width*(height - 1) + x] = 0; /* 下端 */
    }
    for (y = 1; y < height - 1; y++) {
        out[width * y] = 0; /* 左端 */
        out[width * y + width - 1] = 0; /* 右端 */
    }
    for (y = 1; y < height - 1; y++) {
        for (x = 1; x < width - 1; x++) {
            i = width * y + x; /* 1 次元で見た注目画素の位置 */
            fx = fxa[0] * src[i - width - 1] + fxa[1] * src[i - width] + fxa[2] * src[i - width + 1] + fxa[3] * src[i - 1] + fxa[4] * src[i] + fxa[5] * src[i + 1] +
                fxa[6] * src[i + width - 1] + fxa[7] * src[i + width] + fxa[8] * src[i + width + 1];
            fy = fyb[0] * src[i - width - 1] + fyb[1] * src[i - width] + fyb[2] * src[i - width + 1] + fyb[3] * src[i - 1] + fyb[4] * src[i] + fyb[5] * src[i + 1] +
                fyb[6] * src[i + width - 1] + fyb[7] * src[i + width] + fyb[8] * src[i + width + 1];
            double val = sqrt*(fx * fx + fy * fy)+0.5;
            if (val > threshold) {
                out[i] = 255;
            }
            else {
                out[i] = 0;
            }
        }
    }
}
void edge8(unsigned char *src, unsigned char *out, int width, int height, int threshold){
/* 内側の処理 : 端の処理はテキスト C-1.pdf 参照 */
 int x = 0,y = 0,i = 0;
 double val = 0.0;
 double op[9]={1.0,1.0,1.0,1.0,-8.0,1.0,1.0,1.0,1.0};
/* 上下左右の縁 */
 for(x = 0; x < width; x++){
  out[x] = 0; /* 上端 */
  out[width*(height-1) + x] = 0; /* 下端 */
  }
 for(y = 1; y < height-1; y++){
  out[width * y] = 0; /* 左端 */
  out[width * y + width-1] = 0; /* 右端 */
 }
 for(y = 1; y < height-1; y++){
  for(x = 1; x < width-1; x++){
    i = width * y + x; /* 1 次元で見た注目画素の位置 */
    val = op[0] * src[i-width-1] + op[1] * src[i-width] + op[2]* src[i-width+1] + op[3] * src[i-1] + op[4] * src[i] + op[5] * src[i+1]+op[6] * src[i+width-1] + op[7] * src[i+width] + op[8] * src[i+width+1];                          /* 絶対値をとる */
    if(val < 0)
    val = -val; /* 符号反転 */
    if(val > threshold){
    out[i]= 255;
    }
    else
    {
    out[i]= 0;
   }
  }
 }
}
unsigned char *read_ppm(char *fname, int *width, int *height)
{
    char str[256], c;
    int max = 0;
        unsigned char *gray = NULL;
    int r = 0, g = 0, b = 0;
    int size = 0;
    int i;
    FILE *fp = fopen(fname, "rb");
    if (fp == NULL) {
        fprintf(stderr, "error: %s cannot open!", fname);
        exit(-1);
    }
    /* ------------ Magic number ---------- */
    fscanf(fp, "%s", str);
    c = str[1];
    if (c == '3' || c == '6') {
        /* ------------ comment, space, or size ---------- */
        fscanf(fp, "%s", str);
        if (str[0] == '#' || str[0] == ' ') {
            while (fscanf(fp, "%c", &str[0])) { /* comment skip */
                if (str[0] == '\n')
                    break;
            }
            fscanf(fp, "%d %d", width, height);
        }
        else {
            sscanf(str, "%d", width);
            fscanf(fp, "%d", height);
        }
        /* ------------ comment, space, or max value ---------- */
        fscanf(fp, "%d", &max);
        /* ------------ memory create ---------- */
        size = (*width) * (*height);
        gray = (unsigned char *)malloc(size);
        /* ------------ pixel value ---------- */
        if (c == '3') { /* テキストデータ */
            for (i = 0; i < size; i++) {
                fscanf(fp, "%d %d %d", &r, &g, &b);
                gray[i] = (unsigned char)(0.299 * r + 0.587 * g + 0.114 * b + 0.5);
            }

        }
        else { /* バイナリデータ */
            fread(&r, 1, 1, fp); /* LF */
            for (i = 0; i < size; i++) {
                fread(&r, 1, 1, fp);
                fread(&g, 1, 1, fp);
                fread(&b, 1, 1, fp);
                gray[i] = (unsigned char)(0.299 * r + 0.587 * g + 0.114 * b + 0.5);
            }
        }
    }
    else
        fprintf(stderr, "[%s] is not a ppm-file!\n", fname);
    fclose(fp);
    return gray;
}
void save_pgm(char *fname, unsigned char *gray, int width, int height)
{
    int x, y;
    FILE *fp = fopen(fname, "w");
    fprintf(fp, "P2\n");
    fprintf(fp, "%d %d\n", width, height);
    fprintf(fp, "255\n");
    for (y = 0; y < height; y++) {
        for (x = 0; x < width; x++)
            fprintf(fp, "%d ", gray[width * y + x]); /* (注) %d の後にスペースあり */
        fprintf(fp, "\n");
    }
    fclose(fp);
    return;
}

試したこと

問題点が分からず、どう試せばいいのか分からないままです

補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

VS code にて制作しています。
実行する際の環境は仮想Linuxでコンパイルを行っています

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

回答 1

checkベストアンサー

0

edge7関数の引数sqrtは、math.hが持つsqrt関数と名前が被っているのが原因ではないでしょうか。
別の名前に変更してみてはどうでしょう。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.22%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

同じタグがついた質問を見る