質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.59%

Visual Studioの旧VerとOracle ClientをWindows10 64bitにセットアップしようとしています (構成に問題ないか事前確認)

受付中

回答 3

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 2,971

score 168

現在までWindows7(32bit)の上で 動作させていたVisualStudio2012 Professinalのメディアが手元にあります。
従来までこのVisualStudioを使って、OracleをDBとしたASP.NET4.0のWebアプリケーションを作ってきました。

手元が32bitの開発端末、ASP.NETの実際の運用環境は64bitのWindowsサーバ、ということで
OracleClientのドライバを、手元の開発端末と運用環境とで違うものをインストールして 開発を進めてきました。

こちらのVisualStudioをこの度Windows10の64bitマシン(開発端末)へ 移行したいと考えています。

めでたく開発端末と運用環境双方で 同じbit数になる・同じOracleClientのドライバをセットアップした開発が進められる!! と喜んでいたのですが 不安がよぎったので確認させてください。

①Windows10端末しかも64bitは VisualStudio2012のインストール・開発に対応しているか?
②32bitアプリとしての挙動であり、当該開発端末は64bitといえど セットアップするOracleCleintは 32bitを選択すべき? なんていうことはあるでしょうか

Microsoftのサイト:を確認したところで対応筐体のbitまで記載がない
一方でOracleClientは 筐体のbit別にVerが分かれており、自らこれを選択しなけらばならない、ということで混乱しています。
よろしくお願い致します。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • 退会済みユーザー

    2019/05/08 17:16

    複数のユーザーから「やってほしいことだけを記載した丸投げの質問」という意見がありました
    「質問を編集する」ボタンから編集を行い、調査したこと・試したことを記入していただくと、回答が得られやすくなります。

回答 3

+1

①Windows10端末しかも64bitは VisualStudio2012のインストール・開発に対応しているか?

VisualStudio自体は VisualStudio2019になっても32bitアプリケーションです。
よって、Windows10 32bit/64bit 共に動作します。

イメージ説明

②32bitアプリとしての挙動であり、当該開発端末は64bitといえど セットアップするOracleCleintは 32bitを選択すべき? なんていうことはあるでしょうか

ビルドするアセンブリ(exe/dll)が32bitであれば、OracleClientも32bit、64bitであればOracleClientも64bitを選択せざるを得ません。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/05/10 09:40

    atata0319さん、【まさにそのとおり!!】です。
    VisualStudio2012で、型付きデータセットで設計されているもの(ReportViewer)が多数あって、仰られるように それらは開発端末依存で 32bitのDLLが採用された作りになっている認識です。

    現在それらを実務運用させている(ASP.NET4.0サイト)本番環境のサーバはWindwosServer2008R2:64bitなんですけれど、昨晩落ち着いて確認したら
    本番環境のそのサーバ、開発端末と同じOracleClient(OracleDataAccess)のdllがセットアップされています。(GACに見当たるのは.NET2.0用のDLLのみなのがちょっと妙、.NET4.0も同時にOracleClinetセットアップ時に入っているのだけれど。尚、今話題にしているサイトはBINフォルダなし、Web.configにadd assemblyの記述で、.NET4.0用のOracleDataAccessが記述されていました)

    話しは長くなりましたが、型付きデータセットなどの開発を進める上で、ODT with ODAC(32bitしかないVisualStudioでOracle利用の開発に長けたユーティリティ)をセットアップするほかないことはウスウス感じとっていたのですが...
    これら構築物を、本番環境想定で、追加の64bitのDLLを採用した作りにできるものでしょうか?
    この方法を知りたいです。

    64bitの開発マシンに、ODT with ODACのセットアップすることで、OracleDataAccess.dllを利用した接続文字列・それらを利用した構築物は簡単にできる。
    だけれど、それら構築物は32bitのOracleDataAccess.dllが採用された作りになっている。
    これらを本番環境サーバに移行するとなれば、64bitの筐体ながら 32bitのOracleDataAccess.dllをセットアップして 現況のような運用を継続せざるを得ません。

    WindowsServer2008R2のMS保守切れに絡み、本番環境の移行を計画中です。これに絡み、まずは自分の開発端末もWindows10 64bitにして、今までの構築物(ASP.NET4.0)を課題・対策洗い出し中です。

    キャンセル

  • 2019/05/10 10:59

    このコメント欄にお書きいただいた事を整理し質問に追記されると多くの人にsaya24さんが抱えておられる本当の問題について回答が得られやすくなりますよ

    キャンセル

  • 2019/05/10 11:22

    私もうすうす そう感じてきていて 別のスレッドを立てるべきか
    それは もはや MSDNのフォーラムのほうがいいか とか考えていたのです。こちらのサイトで別スレッドにするかな

    キャンセル

0

Oracle Client のバージョンは?ソフトウェア要件は満たしていますか?
Oracle18c ソフトウェア要件
Oracle12.2 ソフトウェア要件

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/05/09 10:26

    OracleDatabase12.2に接続すること、と将来性を考え 【自分の開発端末=Windows10】には12.2のClientを選択予定です。
    <https://www.oracle.com/technetwork/topics/dotnet/install122010-3711118.html>に64bitOSが要件として記載されておりますが
    私が推察したように、またY.HさんもVisualStudioは32bitアプリケーション、であることが分かっています。
    開発端末で仕上げるASP.NETの最終的な移行先(運用環境)は64bitのWindowsサーバです。
    VisualStudioの話しを気にしなければ 単純にOracleClientは64bit版を選択して良いと思うのですが...

    キャンセル

  • 2019/05/09 11:04

    https://docs.oracle.com/cd/E82638_01/ntdbi/oracle-database-software-requirements.html#GUID-CEF225E9-9600-4E01-AC6F-402B562385F8
    >Windows 10 x64 - Pro、EnterpriseおよびEducationエディション
    であれば問題ないかと。よくこっちのほうが安かったといって、Windows 10 Home Premium を用意してOracleに接続できないでいる御仁も多数。

    キャンセル

0

開発環境の段階から64bitの動作を達成することを念頭に作業をすすめるか、開発環境と本番環境の動作(プラットフォーム)を割り切って開発に望むか まずその意識が必要だったようです。
しかしそれ以前に...割り切った意識でも 各々の当該環境に相応しいdllがセットアップされていれば(GAC)、移行されるプログラムは相応に動作することを認識できていなかったことで お騒がせの問合せになってしまったのだな、と解釈・反省しております。
一応自己解決覧なので、自分記載の質問に回答しておきます。

①Windows10端末しかも64bitは VisualStudio2012のインストール・開発に対応しているか?
②32bitアプリとしての挙動であり、当該開発端末は64bitといえど セットアップするOracleCleintは 32bitを選択すべき? なんていうことはあるでしょうか 

--->
Y.H.さんの引用(VS自身は32bitアプリ)と、先に書いた仕上げたいものを開発環境でどう動作させたいか次第であるが、64bit動作を選択する場合、やはりVS2012に対応する64bitDLLをセットアップする。またVS上の開発過程、特に型付データセットなどを設計する場合などは 32bitのODT with ODACが必須となる。当然これもVS2012に適合するものを選択する。

上記一連atata0319さんが伝えていることそのものですが、この問い合わせを行った際の自分は
VS上での、開発操作過程と実行過程で読み込まれるDLLのプラットフォームが異なることなどあるわけがない!!と思っていました...以下が参考になります。

こちらで詳細が述べられている

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.59%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • トップ
  • Oracleに関する質問
  • Visual Studioの旧VerとOracle ClientをWindows10 64bitにセットアップしようとしています (構成に問題ないか事前確認)