質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.97%

変数が文字列に挿入されない ーFirebaseでの新規データ登録ー

受付中

回答 0

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 150

kackey621

score 14

下記のコードでFirebase RealTimeDataBaseにデータを追加したいと考えております。

2にあたる部分の名前をsendtxの値にして、
sendtxとsendtx1をtext1,text2として、
登録したいと考えております。

しかし、下記のコードで実行しましたが、
データが望む通りに新規登録されませんでした。
どのように記述すれば良いかわかりません。

        //値を登録する
        func addData(text : Any){

            //delegate
            sendtx1.delegate = self
            sendtx.delegate = self

            //ここの1行を追加
            indicator_1.startAnimating()
            // データベースへの参照
            let rootRef = Database.database().reference()

            //値を追加する階層を設定
            let tittle1: String = sendtx.text!

            //この部分でうまく代入されない!!
            let conditionRef = rootRef.child("TestApp/\(tittle1)")
                                                     //↑うまく代入されない!
       //想定している代入イメージ (sendtxが1kの場合)  "TestApp/1k"

ご教授のほど、何卒よろしくお願いいたします。

データの構造図は下記の通りです。

イメージ説明

また、全体コードは次の通りです。

 import UIKit
    import Firebase
    import NVActivityIndicatorView

    class ViewController2: UIViewController, UITextFieldDelegate {
        @IBOutlet weak var sendtx: UITextField!
        @IBOutlet weak var sendtx1: UITextField!



        @IBOutlet weak var indicator_1: NVActivityIndicatorView!


        @IBAction func theButton(sender: UIButton) {
            var sendarray:[Dictionary<String,String>] = []
            var sendtextArray = ["text1":sendtx.text!,"text2":sendtx1.text!]

            sendtx1.text = ""
            sendtx.text = ""


            addData(text: sendtextArray)
        }

        // データベースへの参照
        let rootRef = Database.database().reference()
        var ref: DatabaseReference!


        // データベースへの参照

        var receiveData: String = ""
        var receiveData2: String = ""


        override func viewDidLoad() {
            super.viewDidLoad()
            sendtx1.delegate = self
            sendtx.delegate = self


            // Do any additional setup after loading the view.
        }

        //フィールドをタッチした時に、キーボードを閉じる

        override func touchesBegan(_ touches: Set<UITouch>, with event: UIEvent?) {
            sendtx1.resignFirstResponder()
            sendtx.resignFirstResponder()
        }

            func textFieldShouldReturn(_ textField: UITextField) -> Bool {
                textField.resignFirstResponder()
                return true
            }


        //値を登録する
        func addData(text : Any){

            //delegate
            sendtx1.delegate = self
            sendtx.delegate = self

            //ここの1行を追加
            indicator_1.startAnimating()
            // データベースへの参照
            let rootRef = Database.database().reference()

            //値を追加する階層を設定
            let tittle1: String = sendtx.text!

            //この部分でうまく代入されない!!
            let conditionRef = rootRef.child("TestApp/\(tittle1)")
                                                     //↑うまく代入されない!
       //想定している代入イメージ (sendtxが1kの場合)  "TestApp/1k"

            print(conditionRef)
            //値を追加
            conditionRef.setValue(text)


        }

    //    //参考までに記載
    //    func textFieldShouldReturn(textField: UITextField) -> Bool{
    //
    //        let sendData = ["send1": sendtx.text!, "send2": sendtx1.text!]
    //        ref.childByAutoId().setValue(sendData)
    //
    //        textField.resignFirstResponder()
    //        sendtx.text = ""
    //        sendtx1.text = ""
    //
    //        return true
    //    }

        //

        override func viewDidAppear(_ animated: Bool) {
            super.viewDidAppear(animated)

            // 子ノード condition への参照
            let conditionRef = rootRef.child("condition")
            // クラウド上で、ノード condition に変更があった場合のコールバック処理
            conditionRef.observe(.value) { (snap: DataSnapshot) in
                print("ノードの値が変わりました!: \((snap.value as AnyObject).description)")
            }
        }

        /*
        // MARK: - Navigation

        // In a storyboard-based application, you will often want to do a little preparation before navigation
        override func prepare(for segue: UIStoryboardSegue, sender: Any?) {
            // Get the new view controller using segue.destination.
            // Pass the selected object to the new view controller.
        }
        */

    }
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

まだ回答がついていません

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.97%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる