質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.12%

UpdateLayeredWindowによる透過

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 729

Weapon

score 87

前提・実現したいこと

以前SetLayeredWindowAttibutes func.においての透過処理はしましたがOpenGLの描画等に透過をかけれるよう,より詳細にAlfa値を使って描画したいと思いUpdateLayeredWindow func.を使おうとサンプル等を読み作ってみましたがうまく動作しません.DeviceContextの取り方が悪いのかAlpha値が0になっているのか一通り見てみたつもりですが関数自体は成功してもウィンドウに効きません.WS_EX_LAYERED無しの動作確認はしました.よろしくお願いします.

追記

指摘をもとに多少の修正と引数の変更を行いましたが上手くいきません.一応動作するサンプルも追記しましたがスクリーンDCを使用しなくても動いてしまうらしいので気をつけます.しかし動作するサンプルのUpdateLayeredWindow func.の第四引数のウィンドウの座標を変更したりNULLにしたりすると表示がされない上タスクバーにアイコンができないなど挙動が理解できません.

コード(修正して追記)

指摘をもとに修正
UpdateLayeredWindow func.は130行目付近

#define UNICODE

#include <windows.h>

LRESULT CALLBACK WindowProc(HWND, UINT, WPARAM, LPARAM);

const wchar_t CLASS_NAME[] = L"SAMPLE_UpdateLayeredWindow";

HINSTANCE hGlobalInstance;

int WINAPI wWinMain(_In_ HINSTANCE hInstance, _In_opt_ HINSTANCE hPrevInstance, _In_ LPWSTR nCmdLine, _In_ int nCmdShow) {
    UNREFERENCED_PARAMETER(hPrevInstance);
    UNREFERENCED_PARAMETER(nCmdLine);

    hGlobalInstance = hInstance;

    WNDCLASSEX wc = {
        sizeof(WNDCLASSEX), CS_VREDRAW | CS_HREDRAW, WindowProc,
        0, 0, hInstance,
        NULL, (HCURSOR)LoadCursor(NULL, IDC_ARROW), (HBRUSH)GetStockObject(WHITE_BRUSH),
        NULL, CLASS_NAME, NULL
    };

    RegisterClassEx(&wc);

    HWND hwnd = CreateWindowEx(
        WS_EX_LAYERED, CLASS_NAME, L"Template", WS_OVERLAPPEDWINDOW,
        50, 50, 960, 525,
        NULL, NULL, hInstance, NULL
    );

    ShowWindow(hwnd, nCmdShow);
    UpdateWindow(hwnd);

    MSG msg = {};

    while (GetMessage(&msg, NULL, 0, 0) > 0) {
        TranslateMessage(&msg);
        DispatchMessage(&msg);
    }

    return (int)msg.wParam;
}

LRESULT CALLBACK WindowProc(HWND hwnd, UINT uMsg, WPARAM wParam, LPARAM lParam) {
    static RECT crc;
    static int iWidth = 0;
    static int iHeight = 0;

    static HDC hbufdc;
    static HBITMAP hbmp;

    static BLENDFUNCTION bf = {
        AC_SRC_OVER, 0, 0x7f, AC_SRC_ALPHA
    };

    static SIZE wsz = { 0 };
    static POINT pt = { 0 };

    switch (uMsg) {
    case WM_ERASEBKGND:
        return -1;

    case WM_CREATE:
    {
        HDC hmdc = GetDC(hwnd);
        hbufdc = CreateCompatibleDC(hmdc);
        ReleaseDC(0, hmdc);
    }
        break;

    case WM_PAINT:
    {
        PAINTSTRUCT ps = {};
        HDC hdc = BeginPaint(hwnd, &ps);

        if (BitBlt(hdc, 0, 0, iWidth, iHeight, hbufdc, 0, 0, SRCCOPY | CAPTUREBLT) == FALSE)MessageBox(hwnd, L"BitBlt ERROR", L"WM_PAINT ERROR", MB_OK);
        SetBkMode(hdc, TRANSPARENT);

        EndPaint(hwnd, &ps);
    }
    break;

    case WM_SIZE:
    {
        GetClientRect(hwnd, &crc);
        int crWidth = crc.right - crc.left;
        int crHeight = crc.bottom - crc.top;
        if ((crWidth != iWidth) || (crHeight != iHeight)) {
            iWidth = crWidth;
            iHeight = crHeight;

            wsz.cx = crWidth;
            wsz.cy = crHeight;

            /* Create BITMAP */
            if (hbmp != NULL)DeleteObject(hbmp);

            void* pv;
            BITMAPINFO bmi = {
                sizeof(BITMAPINFOHEADER), iWidth, iHeight, 1, 32, BI_RGB, 0, 0, 0, 0, 0, 0
            };

            hbmp = CreateDIBSection(hbufdc, &bmi, DIB_RGB_COLORS, &pv, NULL, 0);

            if (hbmp == NULL) {
                if (iWidth != 0 && iHeight != 0) {
                    MessageBox(hwnd, L"CreateDIBSection ERROR", L"WM_SIZE ERROR", MB_OK);
                }
                break;
            }

            DWORD* lpdw = (DWORD*)pv;
            int mdsize = iWidth * iHeight;
            for (int i = 0; i < mdsize; i++)lpdw[i] = 0x7fff00ff;

            SelectObject(hbufdc, hbmp);
            /* END Create BITMAP */

            /* TRANSPARENT Process */
            RECT wrc;
            GetWindowRect(hwnd, &wrc);
            pt.x = wrc.left;
            pt.y = wrc.top;

            HDC sdc = GetDC(NULL);
            if (UpdateLayeredWindow(hwnd, sdc, NULL, &wsz, hbufdc, &pt, 0, &bf, ULW_ALPHA) == FALSE) {
                MessageBox(hwnd, L"Update ERROR", L"WM_SIZE ERROR", MB_OK);
                DestroyWindow(hwnd);
            }
            ReleaseDC(0, sdc);
            /* END TRANSPARENT Process */
            InvalidateRect(hwnd, NULL, FALSE);
        }
    }
        break;

    case WM_DESTROY:
        DeleteDC(hbufdc);
        DeleteObject(hbmp);
        PostQuitMessage(0);
        return 0;
    }

    return DefWindowProc(hwnd, uMsg, wParam, lParam);
}

参考にしているサンプル(追記)

#define UNICODE
#include <windows.h>

LRESULT CALLBACK WndProc(HWND, UINT, WPARAM, LPARAM);
ATOM InitApp(HINSTANCE);
BOOL InitInstance(HINSTANCE, int);

LPCWSTR szClassName = L"layer01";    //ウィンドウクラス
HINSTANCE hInst;

HBITMAP hBmpGra;    //グラデーションを格納

int WINAPI WinMain(HINSTANCE hCurInst, HINSTANCE hPrevInst,
    LPSTR lpsCmdLine, int nCmdShow) {
    MSG msg;
    BOOL bRet;

    hInst = hCurInst;
    if (!InitApp(hCurInst))
        return FALSE;
    if (!InitInstance(hCurInst, nCmdShow))
        return FALSE;
    while ((bRet = GetMessage(&msg, NULL, 0, 0)) != 0) {
        if (bRet == -1) {
            break;
        }
        else {
            TranslateMessage(&msg);
            DispatchMessage(&msg);
        }
    }
    return (int)msg.wParam;
}

//ウィンドウ・クラスの登録
ATOM InitApp(HINSTANCE hInst) {
    WNDCLASSEX wc;
    wc.cbSize = sizeof(WNDCLASSEX);
    wc.style = CS_HREDRAW | CS_VREDRAW;
    wc.lpfnWndProc = WndProc;    //プロシージャ名
    wc.cbClsExtra = 0;
    wc.cbWndExtra = 0;
    wc.hInstance = hInst;//インスタンス
    wc.hIcon = (HICON)LoadImage(NULL,
        MAKEINTRESOURCE(IDI_APPLICATION),
        IMAGE_ICON,
        0,
        0,
        LR_DEFAULTSIZE | LR_SHARED);
    wc.hCursor = (HCURSOR)LoadImage(NULL,
        MAKEINTRESOURCE(IDC_ARROW),
        IMAGE_CURSOR,
        0,
        0,
        LR_DEFAULTSIZE | LR_SHARED);
    wc.hbrBackground = (HBRUSH)GetStockObject(WHITE_BRUSH);
    wc.lpszMenuName = NULL;    //メニュー名
    wc.lpszClassName = szClassName;
    wc.hIconSm = (HICON)LoadImage(NULL,
        MAKEINTRESOURCE(IDI_APPLICATION),
        IMAGE_ICON,
        0,
        0,
        LR_DEFAULTSIZE | LR_SHARED);

    return (RegisterClassEx(&wc));
}

//ウィンドウの生成
BOOL InitInstance(HINSTANCE hInst, int nCmdShow) {
    HWND hWnd;

    hWnd = CreateWindowEx(WS_EX_LAYERED | WS_EX_TOPMOST | WS_EX_TOOLWINDOW,
        szClassName,
        L"Test Layer Window",   //Title
        WS_POPUP,
        50,  //X
        50,  //Y
        960,    //width
        520,    //height
        NULL,   //hWnd
        NULL,   //Menu
        hInst,
        NULL);
    if (!hWnd)
        return FALSE;
    ShowWindow(hWnd, nCmdShow);
    UpdateWindow(hWnd);
    return TRUE;
}

//グラデーションのBitmapの作成
HBITMAP make_gradation(HWND hWnd, unsigned height, unsigned width, BYTE _r, BYTE _g, BYTE _b) {
    void* lpBits;

    BITMAPINFO bi = {
            sizeof(BITMAPINFOHEADER), 960, 520, 1, 32, BI_RGB, 0, 0, 0, 0, 0, 0
    };

    HDC hdc = GetDC(hWnd);
    HBITMAP hbmp = CreateDIBSection(hdc, (BITMAPINFO*)& bi, DIB_RGB_COLORS,
        (void**)& lpBits, NULL, (DWORD)0);
    ReleaseDC(hWnd, hdc);

    DWORD* lpdw = (DWORD*)lpBits;
    int mdsize = 960 * 520;
    for (int i = 0; i < mdsize; i++)lpdw[i] = 0x7fff00ff;

    return hbmp;
};


//ウィンドウプロシージャ
LRESULT CALLBACK WndProc(HWND hWnd, UINT msg, WPARAM wp, LPARAM lp) {
    int id;
    HDC hdc, hdc_mem, hsdc;
    HBRUSH hBrush;
    PAINTSTRUCT ps;
    LPCWSTR szBuf = L"Test Layer Window";
    BITMAP bmp_info;
    HBITMAP hBmp;
    int wx, wy;
    const COLORREF col = RGB(0, 255, 0);
    HGDIOBJ hOldObj;
    BLENDFUNCTION blend;
    POINT wndPos;
    SIZE  wndSize;
    RECT  rc;
    POINT po;

    switch (msg) {
    case WM_CREATE:
        hBmpGra = make_gradation(hWnd, 520, 960, 0, 255, 60);

    case WM_PAINT:
        hsdc = GetDC(hWnd);
        hdc = BeginPaint(hWnd, &ps);
        hdc_mem = CreateCompatibleDC(hdc);
        SelectObject(hdc_mem, hBmpGra);
        BitBlt(hdc, 0, 0, 960, 520, hdc_mem, 0, 0, SRCCOPY | CAPTUREBLT);

        wndSize.cx = 960; wndSize.cy = 520;
        po.x = po.y = 0;
        blend.BlendOp = AC_SRC_OVER;
        blend.BlendFlags = 0;
        blend.SourceConstantAlpha = 0xff;
        blend.AlphaFormat = AC_SRC_ALPHA;
        UpdateLayeredWindow(hWnd, hsdc, nullptr, &wndSize, hdc_mem, &po, 0, &blend, ULW_ALPHA);

        DeleteDC(hdc_mem);
        SetBkMode(hdc, TRANSPARENT);
        EndPaint(hWnd, &ps);
        ReleaseDC(0, hsdc);
        break;
    case WM_CLOSE:
        id = MessageBox(hWnd,
            L"終了してもよろしいですか",
            L"確認",
            MB_YESNO | MB_ICONQUESTION);
        if (id == IDYES)
            DestroyWindow(hWnd);
        break;
    case WM_RBUTTONDOWN:
        SendMessage(hWnd, WM_CLOSE, 0, 0);
        break;
    case WM_LBUTTONDOWN:
        PostMessage(hWnd, WM_NCLBUTTONDOWN, (WPARAM)HTCAPTION, lp);
        break;
    case WM_DESTROY:
        PostQuitMessage(0);
        break;
    default:
        return (DefWindowProc(hWnd, msg, wp, lp));
    }
    return 0;
}

補足情報

Windows10 Pro
VisualStudio2019 Community

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

+1

UpdateLayeredWindow に渡す 2 番目の引数が誤っています。マイクロソフトのドキュメントに記載のある通り、これはスクリーン DC でなければなりません。スクリーン DC は GetDC に NULL を渡して取得した DC になります。また、初回呼び出しで 4 番目のサイズを NULL にすることはできません。ヘルプからは読み取りにくいですがサイズが変わらなければ NULL でも良いと記載されていますが、初回は必ず指定する必要があります。

BitBlt には SRCCPY 以外に CAPTUREBLT も指定しておくべきです。WS_EX_LAYERED スタイルが指定されたウィンドウの DC に対して BitBlt する場合はつけておくのが無難です。

以上の話からして WM_PAINT で処理する必要があんまりありません。WM_SIZE の段階で必要な情報がそろっているので、WM_SIZE で処理してしまった方が簡単です。とは言っても、DWM 環境下では WM_PAINT はそれほど頻繁に呼び出されるわけではありませんが。


参考にしているサンプルの WM_PAINT 処理で GetDCしている際にはウインドウハンドルを渡していますが、ReleaseDCでは 0 を渡しています。これは明らかにサンプルの誤りですね。GetDC 際にも 0 を渡す必要があります。


修正後のソースも見ましたが、UpdateLayeredWindow に渡す引数がサンプルとは異なる部分がまだあります。そこを直すととりあえず動作するようになるかと思います。この辺の API は GetLastError でもまともな情報が取れないので、試行錯誤して使用方法を探すしかないのが厳しいところですね。

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/04/29 17:37

    追記しました.よろしかったらお願いします.

    キャンセル

  • 2019/04/29 20:31

    POINT struct.に{0,0}をいれると動作しますがこのことでよろしいでしょうか?
    リファレンスの"A pointer to a structure that specifies the location of the layer in the device context."のところの解釈がわからないのですけどこれはウィンドウの位置とは別ということでしょうか

    キャンセル

  • 2019/04/29 23:31

    > POINT struct.に{0,0}をいれると動作しますがこのことでよろしいでしょうか?
    はい。問題ありません。

    この文面での the device context とは 5 番目の引数 hdcSrc を指します。hdcSrc 側の説明として A handle to a DC for the surface that defines the layered window. と記述されており、これはレイヤーウィンドウを定義する DC を指定すると解釈されます。この DC のうちどこからレイヤーウィンドウとして使用するかどうかを指定するって解釈になりますね。

    あんまり多くはないと思いますが、ウィンドウのサイズ以上のビットマップを用意した場合に、その位置を指定するためのパラメータというところです。このサンプルではウィンドウのサイズに合わせて作成してあるので、原点 (0, 0) で問題ないというところですね。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.12%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

同じタグがついた質問を見る