質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.03%

brew doctorのecho 'export PATH="/usr/local/sbin:$PATH"' >> ~/.zshrc

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 4,845

score 39

前提・実現したいこと

brew doctorを実行したところ、警告が出たため、解消したい。

発生している問題・エラーメッセージ

% brew doctor
Please note that these warnings are just used to help the Homebrew maintainers
with debugging if you file an issue. If everything you use Homebrew for is
working fine: please don't worry or file an issue; just ignore this. Thanks!

Warning: Homebrew's sbin was not found in your PATH but you have installed
formulae that put executables in /usr/local/sbin.
Consider setting the PATH for example like so:
  echo 'export PATH="/usr/local/sbin:$PATH"' >> ~/.zshrc

試したこと

書いてあるとおり、echo 'export PATH="/usr/local/sbin:$PATH"' >> ~/.zshrcを実行し、source ~/.zshrcで再読み込みしましたが、変わらず。
env/paths/usr/local/sbin記入してみるも、変わらず。

補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

Homebrew 2.1.1

echo結果(追記)

% echo $PATH
/usr/local/sbin:/Users/ryo/.yarn/bin:/Users/ryo/.local/bin:/usr/local/opt/openssl/bin:/usr/local/opt/libxml2/bin:/usr/local/opt/icu4c/sbin:/usr/local/opt/icu4c/bin:/usr/local/opt/curl/bin:/Users/ryo/.phpbrew/php/php-7.3.3/bin:/Users/ryo/.phpbrew/bin:/usr/local/opt/mysql@5.7/bin:/Users/ryo/.sbtenv/shims:/Users/ryo/.sbtenv/bin:/Users/ryo/.playenv/shims:/Users/ryo/.playenv/bin:/Users/ryo/.scalaenv/shims:/Users/ryo/.scalaenv/bin:/Users/ryo/.jenv/shims:/Users/ryo/.jenv/bin:/usr/local/opt/libxml2/bin:/Users/ryo/.pyenv/shims:/Users/ryo/.pyenv/bin:/Users/ryo/.nodebrew/current/bin:/Users/ryo/.rbenv/shims:/Users/ryo/.rbenv/bin:/usr/local/bin:/usr/bin:/bin:/usr/local/sbin:/usr/sbin:/sbin:/usr/local/share/dotnet:~/.dotnet/tools:/Library/Frameworks/Mono.framework/Versions/Current/Commands:/Applications/Xamarin:Workbooks.app/Contents/SharedSupport/path-bin:/Users/ryo/.composer/vendor/bin
% echo $SHELL
/usr/local/bin/zsh
  1 # 少し凝った zshrc
  2 # License : MIT
  3 # http://mollifier.mit-license.org/
  4
  5 ########################################
  6 # 環境変数
  7 export LANG=ja_JP.UTF-8
  8 export PATH="/usr/local/opt/libxml2/bin:$PATH"
  9
 10
 11 # 色を使用出来るようにする
 12 autoload -Uz colors
 13 colors
 14
 15 # ヒストリの設定
 16 HISTFILE=~/.zsh_history
 17 HISTSIZE=1000000
 18 SAVEHIST=1000000
 19
 20 # プロンプト
 21 # 1行表示
 22 # PROMPT="%~ %# "
 23 # 2行表示
 24 #PROMPT="%{${fg[green]}%}[%n]%{${reset_color}%} %F{red}%~%f
 25 #%# "
 26 PROMPT="%(?.%{${fg[green]}%}.%{${fg[magenta]}%})%n${reset_color}${reset_color}(%*%)
 27 %# "
 28
 29 export LSCOLORS=gxfxcxdxbxegedabagacag
 30 export LS_COLORS='di=36;40:ln=35;40:so=32;40:pi=33;40:ex=31;40:bd=34;46:cd=34;43:su=30;41:sg=30;46:tw=30;42:ow=30;46'
 31
 32
 33 # 単語の区切り文字を指定する
 34 autoload -Uz select-word-style
 35 select-word-style default
 36 # ここで指定した文字は単語区切りとみなされる
 37 # / も区切りと扱うので、^W でディレクトリ1つ分を削除できる
 38 zstyle ':zle:*' word-chars " /=;@:{},|"
 39 zstyle ':zle:*' word-style unspecified
 40
 41 ########################################
 42 # 補完
 43 # 補完機能を有効にする
 44 autoload -Uz compinit
 45 compinit
 46
 47 # 補完で小文字でも大文字にマッチさせる
 48 zstyle ':completion:*' matcher-list 'm:{a-z}={A-Z}'
 49
 50 # ../ の後は今いるディレクトリを補完しない
 51 zstyle ':completion:*' ignore-parents parent pwd ..
 52
 53 # sudo の後ろでコマンド名を補完する
 54 zstyle ':completion:*:sudo:*' command-path /usr/local/sbin /usr/local/bin \
 55   ¦ ¦ ¦ ¦ ¦ ¦ ¦ ¦ ¦/usr/sbin /usr/bin /sbin /bin /usr/X11R6/bin
 56
 57 # ps コマンドのプロセス名補完
 58 zstyle ':completion:*:processes' command 'ps x -o pid,s,args'
 59
 60
 61 ########################################
 62 # vcs_info
 63 autoload -Uz vcs_info
 64 autoload -Uz add-zsh-hook
 65
 66 zstyle ':vcs_info:*' formats '%F{green}(%s)-[%b]%f'
 67 zstyle ':vcs_info:*' actionformats '%F{red}(%s)-[%b|%a]%f'
 68
 69 function _update_vcs_info_msg() {
 70   ¦ LANG=en_US.UTF-8 vcs_info
 71   ¦ RPROMPT="${vcs_info_msg_0_}"
 72 }
 73 add-zsh-hook precmd _update_vcs_info_msg
 74
 75
 76 ########################################
 77 # オプション
 78 # 日本語ファイル名を表示可能にする
 79 setopt print_eight_bit
 80
 81 # beep を無効にする
 82 setopt no_beep
 83
 84 # フローコントロールを無効にする
 85 setopt no_flow_control
 86
 87 # Ctrl+Dでzshを終了しない
 88 setopt ignore_eof
 89
 90 # '#' 以降をコメントとして扱う
 91 setopt interactive_comments
 92
 93 # ディレクトリ名だけでcdする
 94 setopt auto_cd
 95
 96 # cd したら自動的にpushdする
 97 setopt auto_pushd
 98 # 重複したディレクトリを追加しない
 99 setopt pushd_ignore_dups
100
101 # 同時に起動したzshの間でヒストリを共有する
102 setopt share_history
103
104 # 同じコマンドをヒストリに残さない
105 setopt hist_ignore_all_dups
106
107 # スペースから始まるコマンド行はヒストリに残さない
108 setopt hist_ignore_space
109
110 # ヒストリに保存するときに余分なスペースを削除する
111 setopt hist_reduce_blanks
112
113 # 高機能なワイルドカード展開を使用する
114 setopt extended_glob
115
116 ########################################
117 # キーバインド
118
119 # ^R で履歴検索をするときに * でワイルドカードを使用出来るようにする
120 bindkey '^R' history-incremental-pattern-search-backward
121
122 ########################################
123 # エイリアス
124
125 alias la='ls -a'
126 alias ll='ls -l'
127
128 alias rm='rm -i'
129 alias cp='cp -i'
130 alias mv='mv -i'
131
132 alias mkdir='mkdir -p'
133
134 # sudo の後のコマンドでエイリアスを有効にする
135 alias sudo='sudo '
136
137 # グローバルエイリアス
138 alias -g L='| less'
139 alias -g G='| grep'
140 alias rmv='rmtrash'
141
142 # bundle rails
143 alias rails='bundle exec rails'
144
145 # bundle install
146 alias binstall='bundle install --path vendor/bundle -j4'
147
148 # openGL compile
149 alias gccgl='gcc -framework GLUT -framework OpenGL'
150
151 # C で標準出力をクリップボードにコピーする
152 # mollifier delta blog : http://mollifier.hatenablog.com/entry/20100317/p1
153 if which pbcopy >/dev/null 2>&1 ; then
154   ¦ # Mac
155   ¦ alias -g C='| pbcopy'
156 elif which xsel >/dev/null 2>&1 ; then
157   ¦ # Linux
158   ¦ alias -g C='| xsel --input --clipboard'
159 elif which putclip >/dev/null 2>&1 ; then
160   ¦ # Cygwin
161   ¦ alias -g C='| putclip'
162 fi
163
164
165
166 ########################################
167 # OS 別の設定
168 case ${OSTYPE} in
169   ¦ darwin*)
170   ¦ ¦ ¦ #Mac用の設定
171   ¦ ¦ ¦ export CLICOLOR=1
172   ¦ ¦ ¦ alias ls='ls -G -F'
173   ¦ ¦ ¦ ;;
174   ¦ linux*)
175   ¦ ¦ ¦ #Linux用の設定
176   ¦ ¦ ¦ alias ls='ls -F --color=auto'
177   ¦ ¦ ¦ ;;
178 esac
179
180  #vim:set ft=zsh:
181
182 # scalaの管理アプリパス
183 export PATH="$HOME/.jenv/bin:$PATH"
184 eval "$(jenv init -)"
185 export PATH="${HOME}/.scalaenv/bin:${PATH}"
186 eval "$(scalaenv init -)"
187 export PATH="${HOME}/.playenv/bin:${PATH}"
188 eval "$(playenv init -)"
189 export PATH="${HOME}/.sbtenv/bin:${PATH}"
190 eval "$(sbtenv init -)"
191 export PATH="/usr/local/opt/mysql@5.7/bin:$PATH"
192
193 # hyper-tab-icon設定
194 # Override auto-title when static titles are desired ($ title My new title)
195 title() { export TITLE_OVERRIDDEN=1; echo -en "\e]0;$*\a"}
196 # Turn off static titles ($ autotitle)
197 autotitle() { export TITLE_OVERRIDDEN=0 }; autotitle
198 # Condition checking if title is overridden
199 overridden() { [[ $TITLE_OVERRIDDEN == 1 ]]; }
200 # Echo asterisk if git state is dirty
201 gitDirty() { [[ $(git status 2> /dev/null | grep -o '\w\+' | tail -n1) != ("clean"|"") ]] && echo "*" }
202
203 # Show cwd when shell prompts for input.
204 precmd() {
205   ¦if overridden; then return; fi
206   ¦cwd=${$(pwd)##*/} # Extract current working dir only
207   ¦print -Pn "\e]0;$cwd$(gitDirty)\a" # Replace with $pwd to show full path
208 }
209
210 # Prepend command (w/o arguments) to cwd while waiting for command to complete.
211 preexec() {
212   ¦if overridden; then return; fi
213   ¦printf "\033]0;%s\a" "${1%% *} | $cwd$(gitDirty)" # Omit construct from $1 to show args
214 }
215
216 # phpbrew
217 source $HOME/.phpbrew/bashrc
218 export PATH="/usr/local/opt/curl/bin:$PATH"
219 export PATH="/usr/local/opt/icu4c/bin:$PATH"
220 export PATH="/usr/local/opt/icu4c/sbin:$PATH"
221 export PATH="/usr/local/opt/libxml2/bin:$PATH"
222 export PATH="/usr/local/opt/openssl/bin:$PATH"
223
224 # laravel
225 export PATH="$PATH:$HOME/.composer/vendor/bin"
226
227 # aws cli
228 export PATH=~/.local/bin:$PATH
229
230 # yarn
231 export PATH="$HOME/.yarn/bin:$PATH"
232
233 # sbin
234 export PATH="/usr/local/sbin:$PATH"

alias削除後のエラー

Warning: "config" scripts exist outside your system or Homebrew directories.
`./configure` scripts often look for *-config scripts to determine if
software packages are installed, and which additional flags to use when
compiling and linking.

Having additional scripts in your path can confuse software installed via
Homebrew if the config script overrides a system or Homebrew-provided
script of the same name. We found the following "config" scripts:
  /Users/ryo/.phpbrew/php/php-7.3.3/bin/php-config
  /Users/ryo/.pyenv/shims/python2-config
  /Users/ryo/.pyenv/shims/python3.7-config
  /Users/ryo/.pyenv/shims/python2.7-config
  /Users/ryo/.pyenv/shims/python3.7m-config
  /Users/ryo/.pyenv/shims/python-config
  /Users/ryo/.pyenv/shims/python3-config
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • yabuchin

    2019/05/07 10:42

    ~/.zshrcの中で、brewのaliasを設定してたりしないでしょうか?
    brew doctorでconfig周りのWarningへの対処として、特定のPATHを指定してbrewのaliasを作成するようにという記事をよく見かけるので。

    キャンセル

  • susiyaki

    2019/05/08 11:41

    > matherさん
    echo $HOMEBREW_PREFIX
    を実行しても空白でした。

    > mobilefan8さん、yabuchinさん
    .zshrc追記しました。
    aliasがあったので、消して再読込したのですが、warningは消えませんでした。

    キャンセル

  • susiyaki

    2019/05/08 11:44

    ターミナルを再起動したところ、エラーが変わりました。
    yabuchinさんが言われるように、前にpyenvのエラー解消のためにaliasを消した気がします。

    キャンセル

回答 1

checkベストアンサー

+4

質問と追記からの推測ですが、原因は以前追加したpyenvエラー解消のためのbrewのaliasが、PATHを指定して実行するようになっていたためだと思います。なので、いくらPATHを.zshrcに追記しても、aliasのPATH指定が上書き実行され、/usr/local/sbinが使われなかったのでしょう。

aliasを消して再読込したらwarningが出たということですが、こちらはpyenvのconfigをbrewが読みにいってしまうwarningですね。

ですので、aliasを元にもどして、起動PATHに/usr/local/sbinを追加したらwarningは消えるのではないかと思います。

例えば、以下のような感じです(あくまで例です)。

alias brew='PATH=/usr/local/bin:/usr/bin:/bin:/usr/sbin:/sbin:/usr/local/sbin brew'

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/05/08 12:34

    こちらの方法で解決しました!
    原因の特定から解決策まで丁寧に対応して頂きありがとうございます。

    他の方も相談に乗って頂きありがとうございました。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.03%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る