質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.37%

canvasで2つのプレビューを作り、意図するプレビューを削除したい

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,065

score 17

1つのプレビューであれば問題なく消せるのですが
2つにした途端、1つ目の削除ボタンで2つ目のプレビューが消えてしまいます。
思い当たる箇所を変更してみても状態が変わらず、問題点の指摘をしていただけないでしょうか?
よろしくお願い致します。

<html lang="ja">
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>アップロードテスト</title>
<style>
.preview {
    max-width: 300px;
    max-height: 300px;
    width: 300px;
    height: 300px;
    border: 1px solid darkgray;
}
</style>

<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.3.1/jquery.min.js"></script>
<script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/exif-js/2.3.0/exif.js"></script>
<script>
////////////////  棟画像1
$(function(){
  $('#file1').change(function(e){
    //ファイルオブジェクトを取得する
    var file = e.target.files[0];
    var reader = new FileReader();

    //画像でない場合は処理終了
    if(file.type.indexOf("image") < 0){
      alert("画像ファイルを指定してください。");
      $("#file1").val(''); //選択したファイルをクリア
      return false;
    }
    $('#del1').show();
  });

  window.onload= function(){
    //2Dコンテキストのオブジェクトを生成する
    cvs = document.getElementById('preview1');
    ctx = cvs.getContext('2d');
  }
  $('#del1').click(function() {
    ctx.clearRect(0, 0, 800, 800);
  });
});
//クリア


////////////////  棟画像2
$(function(){
  $('#file2').change(function(e){
    //ファイルオブジェクトを取得する
    var file = e.target.files[0];
    var reader = new FileReader();

    //画像でない場合は処理終了
    if(file.type.indexOf("image") < 0){
      alert("画像ファイルを指定してください。");
      $("#file2").val(''); //選択したファイルをクリア
      return false;
    }
    $('#del2').show();
  });

  window.onload= function(){
    //2Dコンテキストのオブジェクトを生成する
    cvs = document.getElementById('preview2');
    ctx = cvs.getContext('2d');
  }
  $('#del2').click(function() {
    ctx.clearRect(0, 0, 800, 800);
  });
});
//クリア

</script>
</head>
<body>
    <canvas id="preview1" class="preview"></canvas>
    <canvas id="preview2" class="preview"></canvas>
<br>
    <input type="file" accept="image/*" name="img1" id="file1"><input type="button" id="del1" value="クリア">
    <input type="file" accept="image/*" name="img2" id="file2"><input type="button" id="del2" value="クリア">

<script>
$(function(){

  var canvas = document.getElementById( "preview1" );
    var ctx = preview1.getContext('2d');

    //ファイルを読み込んだら
  $('#file1').on('change', function(e){

    var fileData = e.target.files[0];
    var orientation;

    var reader = new FileReader();

    var image = new Image();

    EXIF.getData(fileData, function(){
      orientation = fileData.exifdata.Orientation;
    });

    reader.onload = function() {

      image.onload = function() {

        var fd = new FormData();
        var image_aspect,canvas_width,canvas_height,draw_width,draw_height;
        //アスペクト取得
        image_aspect = (orientation == 5 || orientation == 6 || orientation == 7 || orientation == 8) ? image.width / image.height : image.height / image.width;

        canvas_width = 300;
        canvas_height = Math.floor(300 * image_aspect);

        //canvasの縦横サイズを指定
        canvas.width = canvas_width;
        canvas.height = canvas_height;
        $('#preview1').width(canvas_width);
          $('#preview1').height(canvas_height);

          //描画サイズを指定
          draw_width = canvas_width;
          draw_height = canvas_height;

          switch(orientation){

            case 2:
              ctx.transform(-1, 0, 0, 1, canvas_width, 0);
            break;

            case 3:
              ctx.transform(-1, 0, 0, -1, canvas_width, canvas_height);
            break;

            case 4:
              ctx.transform(1, 0, 0, -1, 0, canvas_height);
            break;

            case 5:
              ctx.transform(-1, 0, 0, 1, 0, 0);
              ctx.rotate((90 * Math.PI) / 180);
              draw_width = canvas_height;
              draw_height = canvas_width;
            break;

            case 6:
              ctx.transform(1, 0, 0, 1, canvas_width, 0);
              ctx.rotate((90 * Math.PI) / 180);
              draw_width = canvas_height;
              draw_height = canvas_width;
            break;

            case 7:
              ctx.transform(-1, 0, 0, 1, canvas_width, canvas_height);
              ctx.rotate((-90 * Math.PI) / 180);
              draw_width = canvas_height;
              draw_height = canvas_width;
            break;

            case 8:
              ctx.transform(1, 0, 0, 1, 0, canvas_height);
              ctx.rotate((-90 * Math.PI) / 180);
              draw_width = canvas_height;
              draw_height = canvas_width;
            break;

            default:
            break;
          }

          //canvasを表示
          $('#preview1').show();

          //canvasに画像を描画
          ctx.drawImage(image, 0, 0, draw_width, draw_height);
      }
      image.src = reader.result;
    }
        reader.readAsDataURL(fileData);
  });
});

$(function(){

  var canvas = document.getElementById( "preview2" );
    var ctx = preview2.getContext('2d');

    //ファイルを読み込んだら
  $('#file2').on('change', function(e){

    var fileData = e.target.files[0];
    var orientation;

    var reader = new FileReader();

    var image = new Image();

    EXIF.getData(fileData, function(){
      orientation = fileData.exifdata.Orientation;
    });

    reader.onload = function() {

      image.onload = function() {

        var fd = new FormData();
        var image_aspect,canvas_width,canvas_height,draw_width,draw_height;
        //アスペクト取得
        image_aspect = (orientation == 5 || orientation == 6 || orientation == 7 || orientation == 8) ? image.width / image.height : image.height / image.width;

        canvas_width = 300;
        canvas_height = Math.floor(300 * image_aspect);

        //canvasの縦横サイズを指定
        canvas.width = canvas_width;
        canvas.height = canvas_height;
        $('#preview2').width(canvas_width);
          $('#preview2').height(canvas_height);

          //描画サイズを指定
          draw_width = canvas_width;
          draw_height = canvas_height;

          switch(orientation){

            case 2:
              ctx.transform(-1, 0, 0, 1, canvas_width, 0);
            break;

            case 3:
              ctx.transform(-1, 0, 0, -1, canvas_width, canvas_height);
            break;

            case 4:
              ctx.transform(1, 0, 0, -1, 0, canvas_height);
            break;

            case 5:
              ctx.transform(-1, 0, 0, 1, 0, 0);
              ctx.rotate((90 * Math.PI) / 180);
              draw_width = canvas_height;
              draw_height = canvas_width;
            break;

            case 6:
              ctx.transform(1, 0, 0, 1, canvas_width, 0);
              ctx.rotate((90 * Math.PI) / 180);
              draw_width = canvas_height;
              draw_height = canvas_width;
            break;

            case 7:
              ctx.transform(-1, 0, 0, 1, canvas_width, canvas_height);
              ctx.rotate((-90 * Math.PI) / 180);
              draw_width = canvas_height;
              draw_height = canvas_width;
            break;

            case 8:
              ctx.transform(1, 0, 0, 1, 0, canvas_height);
              ctx.rotate((-90 * Math.PI) / 180);
              draw_width = canvas_height;
              draw_height = canvas_width;
            break;

            default:
            break;
          }

          //canvasを表示
          $('#preview2').show();

          //canvasに画像を描画
          ctx.drawImage(image, 0, 0, draw_width, draw_height);
      }
      image.src = reader.result;
    }
        reader.readAsDataURL(fileData);
  });
});
</script>
</body>
</html>
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

+1

window.onloadに関数を代入するという書式は変数の代入と考えるとわかりやすいと思います。

let a=0;
a=2;
a=4;


上記コードのaの値は4となりますが、これと同じ要領です。

function a(){
  ...
}
function b(){
  ...
}
window.onload=a;
window.onload=b;


上記コードの場合、windowがロードされたときには関数bが実行されてしまいます。
つまり、質問者様のコードの場合、一番最後にwindow.onloadに代入された関数が実行されることになります。
増やす場合は以下のように書きます。

window.addEventListener("load",function(){
    ...
});

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/04/20 15:09

    とても分かりやすい解説で問題を解決できました!
    ありがとうございます。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.37%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る