[AngularJS] $httpサービスを使わずに、$resourceサービスだけでCRUD操作をしたい

受付中

回答 0

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 814
Rails側はAPIの提供(/api/articles/:id にて、articleの情報とそれに紐づくitemをjson形式でレンダリングしています)に専念させ、Angular側でjsonを受け取りserviceクラスのfactoryメソッドからデータのやりとりをしようとしています。こちらが現状のコードです。Angularのバージョンは1.4.7を採用しています。

《service》
App.factory 'Article', ($resource, $http) ->
  class Article
    constructor: (errorHandler) ->
      @service = $resource('/api/articles/:id',
        { id: '@id' },
        { update: { method: 'PUT' }})
      @errorHandler = errorHandler

    find: (id, successHandler) ->
      @service.get(id: id, ((article)->
        successHandler?(article)
        article),
        @errorHandler)

    create: (attrs) ->
      new @service(article: attrs).$save()

    update: (article, attrs) ->
      new @service(article: attrs).$update {id: article.id}, (-> null), @errorHandler

こちらをcontrollerから呼び出し、createやupdateを呼んでいます。

《controller》
-- assets/javascripts/controllers/article_edit.coffee
@articleService = new Article(serverErrorHandler)
@articleService.update($scope.article, title: article.title, description: article.description)

こちらをできればもう少しスマートに記述したいです。参考書やウェブの情報によると今回のようなアプリケーションでは、$httpサービスは基本的に用いずに$resourceサービスだけで実装するのが一般的と推奨されており、リファクタリングをしようとしているのですが、Angular内部のエラーに詰まり、うまく移行できません...
Error: [$resource:badcfg] http://errors.angularjs.org/1.4.0/$resource/badcfg?p0=query&p1=array&p2=object&p3=GET&p4=%2Fapi%2Farticles%2F13495

できれば、下記のように(「Rails+JSフレームワークでリアルタイム掲示板を作成してみる(AngularJS編)」を参考にしました)serviceクラスではAPIの受け取りだけに専念させシンプルに記述したいです。この方法がやはり推奨なのか、また、コードに良くない点やエラーの原因が見受けられましたら、どうかアドバイスをいただきたいです。読みにくいコードで申し訳ありませんがどうかよろしくお願いいたします。

《service》
App.factory 'Article', ($resource) ->
  $resource '/api/articles/1'

《controller》
Article.query (article) ->
  $scope.article = articles

$scope.create = ->
  article = Article.save($scope.Article)
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

まだ回答がついていません

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.21%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

同じタグがついた質問を見る