質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.52%

  • Python

    11244questions

    Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。

  • Django

    1543questions

    DjangoはPythonで書かれた、オープンソースウェブアプリケーションのフレームワークです。複雑なデータベースを扱うウェブサイトを開発する際に必要な労力を減らす為にデザインされました。

外部キーで参照したオブジェクトの抽出

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 47

Sano

score 4

django2.0で典型的なブログを作成しています。
ModelはPostとCategoryになっていて,Postのcategoryは外部キーを使って参照できるようにしています。

from django.db import models

from django.utils import timezone

from markdownx.models import MarkdownxField

from markdownx.utils import markdownify

class Category(models.Model):

   name=models.CharField(max_length=255)

   def __str__(self):
        return self.name

def get_or_create_category():
    category_list=["プログラミング", "料理", "映画"]
    for i in category_list :
       category, _ = Category.objects.get_or_create(name=i )
    return category

class Post(models.Model):
    author = models.ForeignKey('auth.User', on_delete=models.CASCADE)

    title = models.CharField(max_length=200)

    category=models.ForeignKey(
         Category, verbose_name="カテゴリ", on_delete=models.CASCADE,
         default=get_or_create_category,
    )

    text = MarkdownxField('本文', help_text='Markdown形式で書いてください。')

    created_date = models.DateTimeField(
            default=timezone.now)

    published_date = models.DateTimeField(
            blank=True, null=True)

    photo = models.ImageField(upload_to='documents/', blank=True, null=True)

    def publish(self):
        self.published_date = timezone.now()
        self.save()

    def text_to_markdown(self):
        return markdownify(self.text)


post_list.htmlでは投稿されたPostの一覧表示をしています。
title,photo,category,published_dateが表示されるようになっています。
解決したいのはここのcategoryの部分です

<!---post_list.html--->
{% for post in posts %}
          <div class="bigpost">
             <div class="post">
                <h2><a id="title" href="{% url 'blog:post_detail' pk=post.pk %}"  style="text-decoration:none;">{{ post.title }}</a></h2></br>
                <p class="text"><a href="{% # <!--categoryのリンク ここをどう書けばいいのかがわからない ---> %}"><span class="category__icon">{{ post.category }}</span></a><a class="print_date">{{ post.published_date }}</a></p>
                {% if post.photo %}
                   <img src="{{ post.photo.url }}"/>
                {% endif %}
              </div>
          </div>
{% endfor %}


categoryが表示されている部分をクリックすると,そのcategoryがついているPostが一覧になっているページを表示させたいのです。
例えば、categotyが映画のPost A,B,Cがあるとします。
post_list.htmlでPost C のカテゴリー部分(実際は映画と表示)をクリックすると
同じcategoryを持っているすべてのPost A,B,Cを一覧表示させたいです。

view,urlも作成する必要があります。Categoryのpkを使って絞り込めないかと考えています。
ただ、それをどのファイルのどの部分にどのよう形式で書けばいいのかがわかりませんでした。
views.pyとurls.pyも一応載せておきます。

#views.py import系は省略,

#すべてのPostを一覧表示させるview
def post_list(request):
    posts = Post.objects.filter(published_date__lte=timezone.now()).order_by('-published_date')
    return render(request, 'blog/post_list.html', {'posts': posts})

# urls.py
path('', views.post_list, name='post_list'),


正しい書き方をご教示いただければと思います。

よろしくお願いします。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

+1

リストページは作れているとのことですので、やるべきことの方向性だけお示しすれば解決につながるでしょうか。

まず対応する view を作って、 urls.py にそのパターンを追加して、それを category のリンク のところに入れる、という流れで進めるとよいかと思います。

それぞれ次のような感じになるでしょうか。

views.py:

def post_list_in_category(request, pk):
    posts = ...
    return render(request, 'blog/post_list_in_category.html', {'posts': posts})

urls.py:

path('category/<int:pk>/', views.post_list_in_category, name='post_list_in_category'),

post_list.html:

- <p class="text"><a href="{% # <!--categoryのリンク ここをどう書けばいいのかがわからない ---> %}"><span class="category__icon">{{ post.category }}</span></a><a class="print_date">{{ post.published_date }}</a></p>
+ <p class="text"><a href="{% url 'post_list_in_category' post.category.pk %}"><span class="category__icon">{{ post.category }}</span></a><a class="print_date">{{ post.published_date }}</a></p>

view post_list_in_category() の中の posts の絞り込みの方法まで書いてしまうと私が代行ですべて実装しているような感じになってしまうので、そこはご自身でお考えになってみてください。

(ご提示されたコードは詳細まですべて拝見していません。私が勘違いをしているところもあると思いますので、このコードをコピペで利用するのではなく、あくまでもアイデアのみ参考にしてください。)

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/04/14 16:03 編集

    ご回答ありがとうございます。
    <a href="{% url 'post_list_in_category' post.category.pk %}">
    categoryのpkの取得方法が分かったので解決できました。
    post.category.pk とすればよかったのですね!
    viewはこのようになりました。
    def get_category(request, pk):
    category=get_object_or_404(Category, pk=pk)
    posts=Post.objects.filter(category_id=category).order_by('-published_date')
    return render(request, 'blog/post_list.html', {'posts': posts})

    単純な動きだと思ってましたが、案外苦労したので質問しました。
    ありがとうございました。

    キャンセル

  • 2019/04/15 20:00

    コメントお戻しくださりありがとうございます。そうですか!

    view 、そうですよね、 `get_object_or_404()` を使うのがよさそうですね。ご解決されたとのことでよかったです :D

    キャンセル

同じタグがついた質問を見る

  • Python

    11244questions

    Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。

  • Django

    1543questions

    DjangoはPythonで書かれた、オープンソースウェブアプリケーションのフレームワークです。複雑なデータベースを扱うウェブサイトを開発する際に必要な労力を減らす為にデザインされました。