質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.06%

arduinoのスケッチの添削をお願いします

受付中

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 802

score 10

前提・実現したいこと

色々なサイトを参考にスケッチを書いており大体は希望通りにできましたが、さらに下記に挙げる事を実現するにはどうすれば良いか教えて頂ければ幸いです。

・SDカードへの書き込みタイミングが現在は1分毎になっているのですが、それをRELAY1とRELAY2がそれぞれON・OFFしたタイミングに変更したい

2019/04/08 16:00:00 RELAY1 ON
2019/04/08 16:30:00 RELAY1 OFF
2019/04/08 17:00:00 RELAY2 ON
2019/04/08 17:30:00 RELAY2 OFF

・TXTデータを1時間毎に名前を変えて保存する設定になっているのを1日置きに変更したい

よろしくお願いいたします。

発生している問題・エラーメッセージ

エラーメッセージ

該当のソースコード

//SDカードへの書き込みの初期設定
#include <SPI.h>
#include <SD.h>
const int chipSelect = 4;

//リレーと光センサーの初期設定
#define RELAY1 2
#define RELAY4 3
int CdS1 = A0;
int CdS2 = A1;
int val1 = 0;
int val2 = 0;

//RTC用の初期設定
#include <Wire.h>
#include "RTClib.h"
RTC_DS1307 RTC;


void setup () {
  Serial.begin(9600);

  //リレーの使用準備
  digitalWrite(RELAY1, HIGH);
  digitalWrite(RELAY2, HIGH);
  pinMode(RELAY1, OUTPUT);
  pinMode(RELAY2, OUTPUT);

  //SDカードへの書き込み準備
  Serial.print("Initializing SD Card...");
  pinMode(4, OUTPUT);
  if (!SD.begin(chipSelect)) {
    Serial.println("Card faild,or not present");
    return;
  }
  Serial.println("Card initialized.");

  //RTCの使用準備
  Wire.begin();
  RTC.begin();

  RTC.adjust(DateTime(__DATE__, __TIME__));
  if (! RTC.isrunning()) {
    Serial.println("RTC is NOT running!");
  }

  SdFile::dateTimeCallback( &dateTime );  //日付と時刻を返す関数を登録

}

void loop () {
  val1 = analogRead(0);
  val2 = analogRead(1);
  Serial.println(val1);
  if (val1 > 400) {
    digitalWrite(RELAY1, LOW);
  } else {
    digitalWrite(RELAY1, HIGH);
  }
  if (val2 > 300) {
    digitalWrite(RELAY2, LOW);
  } else {
    digitalWrite(RELAY2, HIGH);
  }

  DateTime now = RTC.now();
  if ( String(now.second()) == "0") {

    //書き込みの準備
    String dataString = "";

    dataString += String(now.year(), DEC);
    dataString += "/";

    if (now.month() < 10) {
      dataString += "0";
      dataString += String(now.month(), DEC);
    } else {
      dataString += String(now.month(), DEC);
    }

    dataString += "/";

    if (now.day() < 10) {
      dataString += "0";
      dataString += String(now.day(), DEC);
    } else {
      dataString += String(now.day(), DEC);
    }

    dataString += " ";

    if (now.hour() < 10) {
      dataString += "0";
      dataString += String(now.hour(), DEC);
    } else {
      dataString += String(now.hour(), DEC);
    }

    dataString += ":";

    if (now.minute() < 10) {
      dataString += "0";
      dataString += String(now.minute(), DEC);
    } else {
      dataString += String(now.minute(), DEC);
    }

    dataString += ":";

    if (now.second() < 10) {
      dataString += "0";
      dataString += String(now.second(), DEC);
    } else {
      dataString += String(now.second(), DEC);
    }

    dataString += ",";
    dataString += String(val1);
    dataString += ",";
    dataString += String(val2);

    String strFileName = "";
    strFileName = "DL";

    if (now.month() < 10) {
      strFileName += "0";
      strFileName += String(now.month(), DEC);
    } else {
      strFileName += String(now.month(), DEC);
    }

    if (now.day() < 10 ) {
      strFileName += "0";
      strFileName += String(now.day(), DEC);
    } else {
      strFileName += String(now.day(), DEC);
    }

    if (now.hour() < 10 ) {
      strFileName += "0";
      strFileName += String(now.hour(), DEC);
    } else {
      strFileName += String(now.hour(), DEC);
    }
    strFileName += ".TXT";

    File dataFile = SD.open(strFileName, FILE_WRITE); //ファイル名

    if (dataFile) { //SDカードのファイルが無事開けたら(無い場合は新規作成)
      dataFile.println(dataString); //dataStringに入っている内容を書き込み
      dataFile.close(); //書き込み後ファイルを閉じる
    } else {
      Serial.println("error opening datalog.txt");
    }
  }

  delay(1000);

}

void dateTime(uint16_t* date, uint16_t* time) {
  uint16_t year = 2019;
  uint8_t month = 4, day = 8, hour = 0, minute = 0, second = 0;

  // GPSやRTCから日付と時間を取得
  // FAT_DATEマクロでフィールドを埋めて日付を返す
  *date = FAT_DATE(year, month, day);

  // FAT_TIMEマクロでフィールドを埋めて時間を返す
  *time = FAT_TIME(hour, minute, second);
}

試したこと

ここに問題に対して試したことを記載してください。

補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

ここにより詳細な情報を記載してください。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • azuapricot

    2019/04/08 16:43

    質問というよりコード作成依頼なような。
    ウーン。
    添削っていう響きのせいでしょうか。ウーン

    キャンセル

  • azuapricot

    2019/04/08 16:43

    努力した形跡がないからでしょうかね。
    それを実現するために自分がなにをしたかが書かれていないので今のままでは
    単なる丸投げのコード作成依頼ですね。

    キャンセル

  • 退会済みユーザー

    2019/04/08 17:16

    複数のユーザーから「やってほしいことだけを記載した丸投げの質問」という意見がありました
    「質問を編集する」ボタンから編集を行い、調査したこと・試したことを記入していただくと、回答が得られやすくなります。

回答 1

0

まずは、あなたの思うような動作をする(と思われる)コードを書いて提示しましょう。
それがうまく動かない、という場合はデバッグの方法を回答します。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.06%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る