質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.54%

Railsのgoogle-api-clientでリフレッシュトークンを使ってアクセストークンを更新したい

受付中

回答 0

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 790

r-kurokw

score 12

google-api-clientを使って、Gmailの本文等を取得する機能を作りたいと思っています。
実装手順は以下の通りです。

  1. Google認証機能
  2. 認証によって得られたアクセストークンを使って、メッセージIDを取得
  3. 各メッセージIDごとに本文を取得

1については、以下のようなコードを書いています。

  def redirect
    client = Signet::OAuth2::Client.new({
      client_id: ENV['GOOGLE_CLIENT_ID'],
      client_secret: ENV['GOOGLE_SECRET_KEY'],
      authorization_uri: 'https://accounts.google.com/o/oauth2/auth',
      scope: Google::Apis::GmailV1::AUTH_GMAIL_READONLY,
      redirect_uri: url_for(:action => :callback),
    })

    redirect_to client.authorization_uri.to_s
  end

  def callback
    client = Signet::OAuth2::Client.new({
      client_id: ENV['GOOGLE_CLIENT_ID'],
      client_secret: ENV['GOOGLE_SECRET_KEY'],
    })

    client.token_credential_uri = 'https://www.googleapis.com/oauth2/v3/token'
    client.redirect_uri = url_for(action: :callback)
    client.code = params[:code]
    response = client.fetch_access_token!
    session[:access_token] = response['access_token']    

    redirect_to '/gmail_messages'
  end

2と3についてもコードはほぼほぼ完成していて、アクセストークンが有効であれば本文取得はできています。

    def get_messages_id(token, query)
      uri = URI.encode("https://www.googleapis.com/gmail/v1/users/me/messages?q=#{query}")
      uri_parse = URI.parse(uri);
      request = Net::HTTP::Get.new(uri_parse.request_uri)

      http = Net::HTTP.new(uri_parse.hostname, uri_parse.port)
      http.use_ssl = true
      http.verify_mode = OpenSSL::SSL::VERIFY_NONE
      request = Net::HTTP::Get.new(uri_parse.request_uri)
      request["Authorization"] = "Bearer #{token}"
      response = http.request(request)

      JSON.parse(response.body)
    end

    def get_messages_body(token, id)
      uri_parse = URI.parse("https://www.googleapis.com/gmail/v1/users/me/messages/#{id}")
      request = Net::HTTP::Get.new(uri_parse.request_uri)

      http = Net::HTTP.new(uri_parse.hostname, uri_parse.port)
      http.use_ssl = true
      http.verify_mode = OpenSSL::SSL::VERIFY_NONE
      request = Net::HTTP::Get.new(uri_parse.request_uri)
      request["Authorization"] = "Bearer #{token}"
      response = http.request(request)

      JSON.parse(response.body)
    end

あとは、リフレッシュトークンを使ってアクセストークンを更新するところを実装したいのですが、client.refresh!を実行すると、
ArgumentError: Missing token endpoint URI.
のエラーが出てしまいます。

      client = Signet::OAuth2::Client.new({
        client_id: ENV['GOOGLE_CLIENT_ID'],
        client_secret: ENV['GOOGLE_SECRET_KEY'],
        refresh_token: ENV['GOOGLE_ACCESS_TOKEN'],
        grant_type: 'refresh_token'
      })

      binding.pry

間違っている箇所あれば教えていただきたいです。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

まだ回答がついていません

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.54%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる