質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.49%

RHEL7におけるudevの動作がうまくいかないです

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 5,634

Lightfox

score 24

初めて質問させていただきます。
現在、開発環境である Red Hat Enterprise Linux (以後 RHEL と表記) のバージョンを 6 から 7 へバージョンアップしており、その過程で /dev 下のデバイスの設定を行なっています。

目標としては、 /dev の下に /dev/plugins というディレクトリを(mkdir コマンドで)作成し、これを永続的に使用したいと思っています。

/dev の下のデバイスファイルは、OS を再起動すると削除されてしまうため、RHEL6 環境の時は
/lib/udev/devices の下に 
/lib/udev/devices/plugins というディレクトリを作成し、
再起動の度にコピーされるようにしていました。
これに関しては、以下のサイトを参考にしました
https://www.suse.com/ja-jp/documentation/sles11/singlehtml/book_sle_admin/cha.udev.html
https://docs.oracle.com/cd/E39368_01/e48214/ch07s03.html

しかし、RHEL7 にバージョンアップして、同様の設定を行なったところ、再起動後に
/lib/udev/devices/plugins というディレクトリが /dev/plugins にコピーされなくなってしまいました。

RHEL7 では Systemd が採用され、udev もこれに統合されたと聞きます。
この際に設定なども変更になってしまったのでしょうか?

udev ルールを記述する以下のファイル
/lib/udev/rules.d/50-udev-default.rules
を RHEL6 と RHEL7 で比べてみたところ

RHEL6 では

# do not delete static device nodes
ACTION=="remove", NAME=="", TEST=="/lib/udev/devices/%k", OPTIONS+="ignore_remove"
ACTION=="remove", NAME=="?*", TEST=="/lib/udev/devices/$name", OPTIONS+="ignore_remove"

というルールが記述されていたのに対し、
RHEL7 では上記のルールが記述されていませんでした。
上記のルールは「デバイス(名前は何でもよい(NAME=="?*"))が削除されるとき(ACTION=="remove")、/lib/udev/devices/ というディレクトリの下にファイルが存在するとき(TEST=="/lib/udev/devices/$name")は /dev ディレクトリから削除しない(OPTIONS+="ignore_remove")」というものだと思っています。
この記述がなくなったからできなくなったのだと思い、上記のルールを追記して再起動してみましたが、やはりダメでした。
これは RHEL7 では上記のルールが使えなくなったということでしょうか?
そうだとしたら、RHEL6 のときと同じような動作を実現するためには、どうしたら良いでしょうか?

どうかご教授をお願いいたします。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

+1

/lib/udev/devices/ の替わりに tmpfiles.d(5) を使うようになったのだと思います。
(例)
# cat /etc/tmpfiles.d/dev-plugins.conf
d /dev/plugins  755 root root

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2015/10/21 09:22

    ご回答ありがとうございます。

    替わりに tmpfiles.d(5) を使用するようになったということは、
    やはり /lib/udev/devices は使用できなくなったということなのでしょうね。

    tmpfiles.d(5) を使用したところ、確かに RHEL6 の時と同じように
    OS を再起動しても /dev の下にディレクトリを作成することができました。

    こういうことは、RedHat のリリースノートなどに書いてくれれば
    気づきやすいのですが、どっかに書いてあるのですかね?

    ともあれ、目的を達成することができました。
    ありがとうございました。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.49%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる