質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.95%

railsでjsonファイルが読み込めない

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,389

score 17

開発環境は、
MacBook
Docker
Ruby 2.5.0
rails 5.2.2
です。

このようなものを作っています。
イメージ説明
ラジオボタンを押すと、ボタンの内容に合った値がセレクトタグに代入され選択することができる仕様です。
そこで、セレクトタグに入れる値を、jsonファイルから読み込もうとしたら、

GET http://localhost:3000/users/school.json?name=school_name 404 (Not Found)


と出てしまいます。
原因が、ローカルファイル?パス?からの読み込みではなく、URLからの読み込みになっているからだとは思うのですが、修正の仕方がわかりません。
ラジオボタンで場合分けしているので見にくいですが、jsonファイルの読み込みは以下です。
jsonファイル名は「school.json」で、パスは「app/assets/javascripts」です。

function schoolSelect(value) {
    arrayNum = $("#school").get(0).options.length;
    //セレクトボックスの初期化
    for(var i=1; i<arrayNum; i++) {
      $("#school").get(0).options[1] = null;
    }
    // ラジオボタンのvalueで条件分岐
    switch(value) { 
        case "中卒": //中学
            $.getJSON("school.json",{name:"school_name"} , function(data) {
                var list = data.juniorhighschool;
                $.each(list, function(i) {
                    $("#school").get(0).options[i] = new Option(list[i], list[i]);
                });
            });
            break;
        case "高卒": //高校
            $.getJSON("school.json", {name: "school_name"}, function(data) {
                var list = data.highschool;
                var values = Object.values(list);    
                for(var i=1; i< values.length; i++ ) {
                    $("#school").get(0).options[i] = new Option(list[i], list[i]);
                }
            });
            break;
        case "大卒": //大学
            $.getJSON("school.json", {name: "school_name"}, function(data) {
                var list = data.university;
                for(var i in data.university){ 
                    $("#school").get(0).options[i] = new Option(list[i], list[i]);
                }
            });
            break;
        case "学歴無し": 
        default: break;
    }
}

document.addEventListener("turbolinks:load", function() {
    $(".career").change(function(){
        var careerNum = $('input[class="career"]:checked').val();      // class=careerのラジオボタンの中から、チェックされてるボタンのvalueを取得
        schoolSelect(careerNum);
    });
});

html.erbは以下です。

<%= form_with model: @user,method: :post, url: "/create", local: true, class:"form-signin", name:"form_signin" do |f|  %>
<table>
 <tr>
   <th>最終学歴<span style="color:red;">*</span></th>
   <td>
      <label> <%= f.radio_button :type_career, "中卒", {class:"career", id:"junior", name:"type_career"} %>中学</label>
      <label> <%= f.radio_button :type_career, "高卒", {class:"career", id:"high-school", name:"type_career"} %>高校</label>
      <label> <%= f.radio_button :type_career, "大卒", {class:"career", id:"university", name:"type_career"} %>大学</label>
      <label> <%= f.radio_button :type_career, "学歴無し", {class:"career", id:"no-career", name:"type_career"} %>行ってない</label>
      <br>

      学校名:
      <%= f.select :school_name, [["-選択-", "0"]], {}, {id: "school", class: "w250", name:"school_name"} %>
      <br>
      <span id="careerError">*必須項目です</span>
  </td>
 </tr>
</table>
<%end%>
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

0

school.jsonファイルは、Webアクセスから見える位置(public/以下など)に置いていますか?

あと、school.jsonのように相対パスで参照すると、どこのディレクトリを見るか分かりづらくなるので、/school.jsonのように絶対パスで書いておくことをおすすめします。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/03/08 13:36

    ご指摘ありがとうございます!
    パスが「app/assets/javascripts」でしたので、public直下に置いて、絶対パスにしたら読み込んでくれました!!!

    一つ気になったのですが、jsonはなぜpublic出なければいけないのでしょうか?
    なぜjavascriptフォルダからは読み込まれないのでしょうか?

    キャンセル

  • 2019/03/08 14:16

    assets以下でJSONを通したい場合、Sprocketsでの設定変更が必要かと思います。

    キャンセル

  • 2019/03/08 17:13

    なるほどです!
    ありがとうございます!

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.95%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る