質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.32%

ActionCableを用いたチャットアプリの作成について

受付中

回答 0

投稿

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 954
退会済みユーザー

退会済みユーザー

ActionCableを使用して、LINEのようなチャットアプリを作成しています。

リアルタイムでチャットできるよう実装はできたのですが、今度はグループ(model: room)別にチャットを行えるようにしたいです。
現在のテーブルは

user:  
  name: stirng
  password: string
  image: string

room_user: 
  user: references 
  room: references

rooms: 
  name: string 
  image: string 

messagew

ユーザーがメッセージ(model: message)を投稿した時に、user_id, room_id, content(:string)を保存し、チャットルーム(room)別にメッセージを参照できるようにしたいのですが、メッセージを投稿しても何も変化が起こりません(google chromeのデベロッパツールのコンソール内でも”connected”以外は何もありませんでした)。

コードは以下の通りです。

App.room = App.cable.subscriptions.create("RoomChannel", {
  connected: function() {
    console.log('connected')
  },

  disconnected: function() {
    console.log('disconnected')
  },

  received: function(message) {
    const messages = document.getElementById('messages')
    messages.innerHTML += message
  },

  speak: function(content, room) {
    return this.perform('speak', { message: content, room: room});
  }
});

document.addEventListener('DOMContentLoaded', function() {
  const input = document.getElementById('chat-input')
  const roomId = document.getElementById('room-id')
  const button = document.getElementById('button')
  button.addEventListener('click', function() {
    const content = input.value
    const room = roomId.value
    App.room.speak(content, room)
    input.value = '';
  });
})
class RoomChannel < ApplicationCable::Channel
  def subscribed
    stream_from "room_channel"
  end

  def unsubscribed
    # Any cleanup needed when channel is unsubscribed
  end

  def speak(content, room)
    message = Message.create!(
      user_id: current_user.id,
      room_id: data['room'],
      content: data['message']
    )
    template = ApplicationController.renderer.render(partial: 'messages/message', locals: { message: message })
    ActionCable.server.broadcast 'room_channel', message: message[:content], room: message[:room_id]
  end
end
メッセージ投稿フォーム
<div class="form-group">
  <%= form_with model: @message do |f| %>
    <%= f.hidden_field :room_id, value: room.id, id: 'room-id' %>
    <div class="row">
      <%= f.text_area :content, id: 'chat-input', size: '1x1',class: 'form-control offset-1 col-8' %>
      <%= f.submit "送信", id: 'button', class: 'btn btn-primary col-2 ml-1' %>
    </div>
  <% end %>
</div>
メッセージ一覧ページ
<% @room.messages.each do |message| %>
  <ul>
    <% if current_user.name === message.user.name %>
      <li class="current-message-body offset-3">
        <p class="current-user-message">
          <%= message.user.name %><br>
          <%= message.content %>
        </p>
      </li>
    <% else %>
      <li class="other-user-message-body">
        <p class="other-user-message">
          <%= message.user.name %><br>
          <%= message.content %>
        </p>
      </li>
    <% end %>
  </ul>
<% end %>
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

まだ回答がついていません

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.32%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る