質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
87.20%
Ruby

Rubyはプログラミング言語のひとつで、オープンソース、オブジェクト指向のプログラミング開発に対応しています。

解決済

Rubyの条件分岐と戻り値の組み合わせについて。

削除済ユーザー
削除済ユーザー

総合スコア0

Ruby

Rubyはプログラミング言語のひとつで、オープンソース、オブジェクト指向のプログラミング開発に対応しています。

2回答

0評価

0クリップ

69閲覧

投稿2019/03/03 15:42

初めまして。
質問をさせていただきます。

今Rubyを勉強中で、メソッドの引数や戻り値の課題をやっていたのですが、
メソッドに条件分岐を組み合わせて戻り値を用いるという課題がいまいち理解できませんでした。

実際のコードがこちらです↓

def price_with_shipping(price) # priceが5000以上のとき、戻り値としてpriceを返すif文を作成してください if price>=5000 return price end # priceに500を加えた値を戻り値として返してください return price+500 end puts "商品の合計金額は3000円です" puts "お支払い金額は、送料込みで#{price_with_shipping(3000)}円です" puts "-----------" puts "商品の合計金額は10000円です" puts "お支払い金額は、送料込みで#{price_with_shipping(10000)}円です"

コードの意味は分かるのですが、
returnの所がいまいち理解できません。

まず、priceの値が3000なので
if文の return priceはfalse。
ここまでは分かります。

ただ、ifにelseが無いのに
なぜ if文後のreturn price+500が実行されるのでしょうか?

単純にif文の条件がfalseなので、メソッドの戻り値が実行されたという事なのでしょうか?

もしそうなら、if文がtrueの場合
if文の後のreturnは実行されるのでしょうか?

なんといえば分からないですが、
初心者にでも分かるように教えていただきたいです^^;
宜しくお願いします。

良い質問の評価を上げる

以下のような質問は評価を上げましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

  • プログラミングに関係のない質問
  • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
  • 問題・課題が含まれていない質問
  • 意図的に内容が抹消された質問
  • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
  • 広告と受け取られるような投稿

評価を下げると、トップページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

gouf
gouf

2019/03/03 17:58

たとえば if\.\.\.else\.\.\.end と書き換え、else に「return price \+ 500」を差し込んでも結果が変わらないということが判ったとき、なにか理解・納得は進みますか\? \(この例だと三項演算子を用いて「price >= 5_000 \? price \+ 500 : price」と1行で書くパターンも考えられます\)

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
87.20%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

Ruby

Rubyはプログラミング言語のひとつで、オープンソース、オブジェクト指向のプログラミング開発に対応しています。