質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.60%

FirebaseのCloudFirestoreデータを降順に表示できない

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,600

score 16

textareaからFirebaseのCloudFirestoreに格納されたデータを降順に表示したい

今現在Firebaseを用いて、匿名チャットアプリを作成しています。formのtextareaで得られたデータをFirebaseのCloudFirestoreに格納したあと、入力された順番でリアルタイムに降順にブラウザに表示するという機能を実装したいとおもっていました。

参考としたサービス完全匿名SNS痰壷

CloudFirestoreのcollectionに

created:firebase.firestore.FieldValue.serverTimestamp()


というフィールドを加えたのち、それを

collection.orderBy('created', 'desc').limit(100)


として、降順に並び替えたデータを100個取得しようと試みました。
その後pタグで得られた文字列を表示するということをしました。

結果としては、リアルタイムでは昇順に表示ざれ、ブラウザを更新させると降順になりました。

リアルタイムで降順にしたかったもののうまく行きませんでした。

ブラウザ更新前

イメージ説明
↑昇順に表示されてしまいます。

ブラウザ更新後
イメージ説明

自分としてはなぜリアルタイムに表示されないのか分からず、どこをどう書き換えればリアルタイムに降順表示されるかを教えていただければと思い投稿させていただきました。

該当のソースコード

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
    <head>

        <meta charset="utf-8">
        <title>ChatApp</title>

        <link rel="stylesheet" href="css/style.css">



    </head>
    <body>
        <div class = "content_wrapper">
            <div class = "content">
            <h1 class = "ta_c">

            <div class = "content_inner">
                <div class = "input_field">
                    <form autocomplete="off">
                    <div class = "input_row">
                        <input id = "message-name" type="text"
                        maxlength = "100"
                        placeholder="あなたの名前(省略可)">
                    </div>
                    <div class = "input_row">
                        <textarea id = "message-text" maxlength="300" placeholder="吐き捨てたい思い(300文字まで)" style = "margin:0px; width 422px; height:128px;"></textarea>
                    </div>
                    <div class = "input_row">
                        <div class = "button_wrapper">
                            <button type="submit" class = "button" id = "add-message-button"><span id = "button_message">送信する</span></button>

                        </div>

                    </div>
                    </form>
                </div>



            <ul id = "tan_list"></ul>
            </div>
            </div>
        </div>



    <script src="https://www.gstatic.com/firebasejs/5.8.4/firebase-app.js"></script>
        <script src="https://www.gstatic.com/firebasejs/5.8.4/firebase-firestore.js"></script>
        <script src="https://www.gstatic.com/firebasejs/5.8.4/firebase-auth.js"></script>
        <script src="https://www.gstatic.com/firebasejs/5.8.4/firebase-functions.js"></script>
        <script src="https://www.gstatic.com/firebasejs/5.8.4/firebase-messaging.js"></script>


        <script src="js/main.js"></script>
    </body>
</html>
'use strict'
  // Initialize Firebase
const config = {
    apiKey: "AIzaSyCNoa2jjczGj9gtPh5uHcDc8ANk7XgXrsk",
    authDomain: "my-project-e5755.firebaseapp.com",
    databaseURL: "https://my-project-e5755.firebaseio.com",
    projectId: "my-project-e5755",
    storageBucket: "my-project-e5755.appspot.com",
    messagingSenderId: "598542474987"
};
firebase.initializeApp(config);


const db = firebase.firestore();
const collection = db.collection('messages');

var message = document.getElementById('message-text');
const name = document.getElementById('message-name')
const form = document.querySelector('form');
const ul = document.querySelector('ul');
const messages = document.getElementById('tan_list');
const auth = firebase.auth;
let me = null;

 /**
* Handles the sign in button press.
*/
function signIn() {
firebase
  .auth()
  .signInAnonymously()
  .catch(function(error) {
    // Handle Errors here.
    var errorCode = error.code;
    var errorMessage = error.message;
    // [START_EXCLUDE]
    if (errorCode === "auth/operation-not-allowed") {
      alert("You must enable Anonymous auth in the Firebase Console.");
    } else {
      console.error(error);
    }
  });
}



function dataStore(){
    form.addEventListener('submit', e=>{
    e.preventDefault();

    const val = message.value.trim();
    if (val ===''){
        alert('帰りなさい!!');
        return;
    }


    if(name.value === ''){
        name.value = '脱糞人';
    }


    collection.add({
        message:message.value,
        created: firebase.firestore.FieldValue.serverTimestamp(),
        name:name.value,
        uid:me ? me.uid: 'nobady'

    })
    .then(doc =>{
        console.log(`${doc.id} added!`);
    })
    .catch(error => {
        alert('君の懺悔は神様に届かなかったようだ。もう一度懺悔してくれ!');
        console.log('document add error!')
        console.log(error);
    });

});
}



function functionApp() {
firebase.auth().onAuthStateChanged(function(user) {
  if (user) {
    me = user;

    while(messages.firestChild){
        messages.removeChild(messages.firstChild);
    }
    // User is signed in.

    collection.orderBy('created', 'desc').limit(100).onSnapshot(snapshot =>{
    snapshot.docChanges().forEach(change =>{
        if(change.type === 'added'){

            // generate element and add class
            const li = document.createElement('li');
            const span = document.createElement('span');
            span.className = 'tan_name';
            const div = document.createElement('div');
            div.className = 'tan_message';
            //const p = document.createElement('p');


            const d  =change.doc.data();
            //ここで<li>タグ内の挙動を書く
            span.textContent = d.name;
            //messageがきちんと改行されるようにするには配列にする
            var _text = new Array();
            _text = d.message.split(/\r?\n/g);


            var buffer = "";
            var line = ""

            for(var i = 0; i < _text.length ; i++ ){
                if(_text[i].length > 0) {
                    line +=  "<p>"
                    line += _text[i];
                    line += "</p>"

                }else if(_text[i].length == 0){
                    line+= "<br>";
                }
                buffer += line;
                line = "";
                div.innerHTML = buffer;
            }



            //li要素の中に追加して表示する
            //div.appendChild(p);
            li.appendChild(span).appendChild(div);
            ul.appendChild(li);

            }
        message.value = '';
        });
    });
      console.log(`Logged in as:${user.uid}`);
      return;
  } else {
      console.log('Nobbady is logged in');
  }
});
}



window.onload = function() {
    signIn();
    dataStore();
    functionApp();   
};

補足情報

プログラミング自体始めたばかりの初心者で、何がどう間違っているということが上手く分かりませんでした。

よろしくお願いいたします。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • user14

    2019/02/26 19:27

    エラーが起きてる というコメントがありますね
    そのエラーメッセージも貼ったほうが回答が得られやすいかもしれません

    キャンセル

  • salmon_0511

    2019/02/26 22:07

    それは消してもよかったコメントでした。
    紛らわしくて申し訳ありません。修正してそのコメントを消しました。

    キャンセル

回答 1

check解決した方法

0

改変前

ul.appendChild(li);


上のコードでは元々のliタグの一番後ろに新たなliタグが追加されてしまう。そのためにリアルタイムに降順に表示されなかった。よって元々のliタグの一番前に挿入することができるinsertBefore関数を使うことで降順に表示することができるようになった。

改変後

ul.insertBefore(li, ul.children[0]);

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.60%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る