質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.02%

arduino IDEでマイコンボードに書き込むと、シリアルモニタにstackと出て動作しない。

受付中

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 507

ysmd

score 14

前提・実現したいこと

MQTT通信でテストデータをpublishしたいのですが、ボード(ESP8266)に書き込むとシリアルモニタにstackと出て動作しません。
wifiに接続してセンサーデータを取得したり、NTPの取得をするだけだと問題なくシリアルモニタに出力されます。
MQTT通信を試みようとするときのみこのようなことが起きます。

発生している問題・エラーメッセージ

arduino IDEのシリアルモニタに以下のように出力されます。

Connecting to Buffalo-●-●●●●
.....
WiFi connected
IP address: 
●●●.●●●.●●.●●
Connecting to MQTT... 

Exception (3):
epc1=0x40206220 epc2=0x00000000 epc3=0x00000000 excvaddr=0x4023719c depc=0x00000000

ctx: cont 
sp: 3ffffd60 end: 3fffffd0 offset: 01a0

>>>stack>>>
3fffff00:  00000009 2d6f6c61 31302d47 fe003035  
3fffff10:  feefeffe feefeffe feefeffe 3fffffa0  
3fffff20:  3ffeeb74 0000000b 00000003 4020406a  
3fffff30:  40104ab2 000030c9 00000100 3ffeec34  
3fffff40:  3ffe88a0 0000000d 3ffeeb74 3ffeec34  
3fffff50:  3fffdad0 3ffeea14 3ffeeb74 40203cd4  
3fffff60:  3ffe8b8c 3ffeea14 3ffeea14 40203a96  
3fffff70:  3ffe88c4 3ffeeb28 3ffeeb74 40203ed0  
3fffff80:  280ba8c0 00ffffff 3ffeeb74 3ffeec34  
3fffff90:  3fffdad0 3ffeea14 3ffeeb74 4020262c  
3fffffa0:  3fffdad0 00000000 3ffeec2c 40202659  
3fffffb0:  3fffdad0 00000000 3ffeec2c 40204468  
3fffffc0:  feefeffe feefeffe 3ffe8504 40100739  
<<<stack<<<
⸮⸮⸮⸮?)⸮⸮

該当のソースコード

/***************************************************
  Adafruit MQTT Library ESP8266 Example
  Must use ESP8266 Arduino from:
    https://github.com/esp8266/Arduino
  Adafruit invests time and resources providing this open source code,
  please support Adafruit and open-source hardware by purchasing
  products from Adafruit!
  Written by Tony DiCola for Adafruit Industries.
  MIT license, all text above must be included in any redistribution
 ****************************************************/
#include <ESP8266WiFi.h>
#include <Adafruit_MQTT.h>
#include <Adafruit_MQTT_Client.h>

/************************* WiFi Access Point *********************************/

#define WLAN_SSID       "SSID"
#define WLAN_PASS       "pass"

/***************************** Your Setup ************************************/

#define YOUR_SERVER      "●●.●●.●●●.●●"
#define YOUR_SERVERPORT  1883
#define YOUR_USERNAME    "test"
#define YOUR_PASSWORD    "test"

/************ Global State (you don't need to change this!) ******************/

// Create an ESP8266 WiFiClient class to connect to the MQTT server.
WiFiClient client;

// Store the MQTT server, client ID, username, and password in flash memory.
// This is required for using the Adafruit MQTT library.
const char MQTT_SERVER[] PROGMEM    = YOUR_SERVER;
const char MQTT_CLIENTID[] PROGMEM  = __TIME__ "_test_client_id";
const char MQTT_USERNAME[] PROGMEM  = YOUR_USERNAME;
const char MQTT_PASSWORD[] PROGMEM  = YOUR_PASSWORD;

// Setup the MQTT client class by passing in the WiFi client and MQTT server and login details.
Adafruit_MQTT_Client mqtt(&client, MQTT_SERVER, YOUR_SERVERPORT, MQTT_CLIENTID, MQTT_USERNAME, MQTT_PASSWORD);

/****************************** Topic ***************************************/

// Setup a pubulisher & subscriber.
const char TEST_TOPIC[] PROGMEM = "orz";
Adafruit_MQTT_Publish testPublisher = Adafruit_MQTT_Publish(&mqtt, TEST_TOPIC);
//Adafruit_MQTT_Subscribe testSubscriber = Adafruit_MQTT_Subscribe(&mqtt, TEST_TOPIC);

/*************************** Sketch Code ************************************/

void setup() {
  Serial.begin(9600);
  delay(10);

  Serial.println(F("MQTT demo"));

  // Connect to WiFi access point.
  Serial.println(); Serial.println();
  Serial.print("Connecting to ");
  Serial.println(WLAN_SSID);

  WiFi.begin(WLAN_SSID, WLAN_PASS);
  while (WiFi.status() != WL_CONNECTED) {
    delay(500);
    Serial.print(".");
  }
  Serial.println();

  Serial.println("WiFi connected");
  Serial.println("IP address: "); Serial.println(WiFi.localIP());

  // Setup MQTT subscription.
  // mqtt.subscribe(&testSubscriber);
}

uint32_t x=0;

void loop() {
  // Ensure the connection to the MQTT server is alive (this will make the first
  // connection and automatically reconnect when disconnected).  See the MQTT_connect
  // function definition further below.
  MQTT_connect();

  // this is our 'wait for incoming subscription packets' busy subloop
// Adafruit_MQTT_Subscribe *subscription;
// while ((subscription = mqtt.readSubscription(1000))) {
//   if (subscription == &testSubscriber) {
//     Serial.print(F("Got: "));
//     Serial.println((char *)testSubscriber.lastread);
//   }
// }

  testPublisher.publish("test");

  delay(1000);
}

// Function to connect and reconnect as necessary to the MQTT server.
// Should be called in the loop function and it will take care if connecting.
void MQTT_connect() {
  int8_t ret;

  // Stop if already connected.
  if (mqtt.connected()) {
    return;
  }
  Serial.print("Connecting to MQTT... ");

  while ((ret = mqtt.connect()) != 0) { // connect will return 0 for connected
       Serial.println(mqtt.connectErrorString(ret));
       Serial.println(ret);
       Serial.println("Retrying MQTT connection in 5 seconds...");
       mqtt.disconnect();
       delay(5000);  // wait 5 seconds
  }
  Serial.println("MQTT Connected!");
}

試したこと

Serial.begin()を115200や9600で試してもシリアルモニタにstackが出ます。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

0

今回上手く行かない原因はstackが表示されている事ではなくてException (3)によるものです。
調べてみるとPROGMEMが悪さをしている事がわかります。
解決のためには、最新のスケッチ例を参考にPROGMEM部分を削除する事が必要とされています。

http://denshikobo.hatenablog.com/entry/2017/10/26/155841
https://github.com/adafruit/Adafruit_MQTT_Library/issues/68

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2019/02/08 16:00

    ご回答ありがとうございます。

    アドバイスをもとに進めていきます!

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.02%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる